2021年05月08日

柳誌 川柳の話「森中恵美子特集」

 昨日は、雨模様だった午前中は、妻と孫と3人で、イオンへ買い物に出かけました。
 妻がいつも午前中に、孫と遊びに出かけます雨で雨でできないので、急きょ買い物になりました。

 孫がイオンの中を走り回るので、ついていくのがやっとで、疲れてしまい、ブログはお休みしました。

 私の所に、毎月、川柳マガジン、川柳番傘など、また、JAファミリーマガジン「家の光」、その他に季刊雑誌が送られて来ますが、多くて全てを読み切れていないのが実情です。

 一昨日、1年に1回発行され「川柳の話「川柳の話」の第2号「森中恵美子特集」が、届きました。
 この柳誌は、月波与生さんと真島久美子さんが中心となって発行されていますが、内容が濃いので、この柳誌だけは真剣に読んでいます。

 今回は、森中恵美子特集ということで、森中さんの川柳の世界を掘り下げて特集してあります。

 森中恵美子さんは、これまでに1980年の「水たまり」を初め、2018年に5冊目の句集「ポケットの水たまり」を上梓されました。

 私も5冊の内「水たまり今昔」、「水たまり春秋」、「ポケットの水たまり」は購入して一読はしました、
 しかし、「水たまり」と「仁王の口」は、手元にないので、読んだことはありません。

 今回の特集では、最初の句集「水たまり」の中の40句が抄出されているので、ゆっくり鑑賞しました。

 また、40句の中の数句を取り上げ、月波与生さん、真島久美子さん、木本朱夏さん3人の対談で、色々論じられていますが、大変勉強になりました。
 この他に川柳作家の柳本々々さんとくんじろうさんの句に対する独自の見解を掲載されています。

 今回は、この通じて通じて、森中恵美子さんの作句の奥深さを、皆さんに教示して貰い感動しています



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:41| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

新型コロナウイルスワクチン接種の事前予約ゲット

 大型連休も終わりましたが、新型コロナウイルスの影響で、人流の制限があり。従来の連休とは、全く違っていました。

 しかし、県境の人流の抑制にもかかわらず、人出が昨年同時期より、数倍に膨れ上がった観光地もありました。

 今日は、我が家の爺婆保育園に孫の悠晴が、やって来て、一日中、楽しく遊んでいました。

 私は、連休でお休みだった整形外科でのリハビリを行なって貰い、体が軽くなりました。

 今日の正午から、熊本市では、新型コロナウイルスワクチン接種の事前予約の受付が始まりました。

 1回目の事前予約では、高齢者の2%強の2000名の予約が受け付けられたそうです。

 私は、パソコンの予約受付サイトから12時ぴったりに予約をしたら、運良く、いつも通院しているあいこう泌尿器科・内科クリニックでの接種の事前予約を、ゲットできました。

 私のあと、妻の予約も、試みましたが、すでに、二つの病院で、予約はできませんでした。

 接種の日時は、今月の21日の午後の予定です。

 新聞やテレビの報道に寄れば、ここ1ヶ月の間に、大量のワクチ輸入輸入されるので、妻も、近いうちに、事前予約がゲットできると思います。

 これまで、ワクチン接種は、人ごとのように考えていましたが、ちょっと真実味が帯びてきました。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
 
posted by osamu at 20:13| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

大空を泳ぐ鯉のぼり下で焼き肉パーティー

 今日、5月5日は、こどもの日ですが、コロナの影響で、何時ものようなお祝いはできないようです。

 私達、古い人間は、5月男の子男の子の節句だと思っていましたが、本来は、「子どもの日」だと言うことで、男女を問わず、お祝いをする日だと分かりました。

 今日の私は、毎日バイオリンを頑張っているので、弦の交換を、大谷楽器店に行って、やって貰いました。

 今回の弦は、最近開発された、良い音色が響くと言うことで、ちょっと高かったのですが、奮発しました。

 夕刻は、子どもの日を祝って、大空を泳ぐ鯉のぼりの下で、娘の家族と一緒に、焼き肉パーティーを行ないました。

 妻の実家から、貰ってきた炭を使っての焼き肉、とっても美味しかったです。

 明日、東京に帰る姪の家族も、あとで参加して貰いました。

 この様に、家族揃って、美味しい焼き肉が食べられることに至福を感じました。

 連休中は、爺婆保育園もお休みでしたが、明日から孫の悠晴が来ますので、我が家も賑やかになります。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
 


posted by osamu at 20:04| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

セリーグ最下位DeNA頑張って

 畑に行けば、除草、水遣り、収穫などが沢山転がっている、庭に出れば、ここも、草取り、剪定、掃除が転がっています。

 何かやっていなければ、落ち着かない性格が、朝早くから、夕刻まで、体をこき使います。
 今朝は、朝刊も読まず、美味しいお茶を飲んだあと、畑に直行しました。

 兎に角、夏野菜の生長が気になり、畑に行かないと落ち着かない感じです。
 今朝も、野菜に水を遣ったあと、先日、種を蒔いた、大根、白瓜、枝豆を覗いたら、土の中から、芽が顔を出していました。

 畑から、朝ドラ「おちょやン」を見るために、帰ったあと、朝食を取り、ここ数日気になっていた、庭の木犀、山茶花の落葉の掃除をしました。

 久し振りに、庭もすっかり、綺麗になり、清々しい気持ちになりました。

 新コロナの感染者が増える中で、プロ野球も制限されたフアンが見もるなか、行なわれています。

 私は、体育系はめっきり駄目で、強いて言えば、ゴルフだけは頑張っています。
 先日、こっそり、コロナ対策は万全の体制で、横浜の孫の小学校入学のお祝いに出かけました。

 その際、息子と孫の大フアンのDeNA の野球を観戦しましたが、負け戦でした。
 幼い頃は、熊本県人は、川上哲治の影響で、巨人を応援していた記憶があります。

 あまり野球には、興味はありませんが、最近は、最下位のDeNAが、気になり毎朝、スポーツ欄を覗いています。

 やっと、9勝して、勝率3割になりましたが、今日の試合では、負けてしまいました。

 最後に、最後まで気を抜かず頑張れとエールを送ります。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:46| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

50年ぶりに「ベン・ハー」を鑑賞した至福

 いつもの御挨拶になった、畑の情報ですが、今日は、朝夕の水遣りが中心でした。

 今日は、畑仕事以外は、皆さんと同じように、家に閉じ籠もり、午前中は、たっぷりバイオリンの練習を頑張りました。


 午後は、寛いでテレビでも見ようかと、新聞のテレビ番組を見ていたら、「ベン・ハー」の文字が目に止まり、思わず、見たいなという思いに駆り立てられ、約4時間ほど鑑賞しました。

 小学6年生の頃か中学1年生の頃か、はっきり覚えていませんが、「ベン・ハー」を、今で言う総合学習で、学年揃って、見た記憶がありますが、内容については、記憶が無いのが不思議です。

 午後は、何時もなら、昼寝の時間ですが、久し振りに目をぱっちりと、開けて、鑑賞しました。

 このベン・ハーが、キリストの生誕に関わる映画だと言うことも、今日、やっと知りました。

 主演のチャールストン・ヘストンの演技の上手さにも魅了しました。
 機会があったら、2回も、3回も見たいと思うほど、素晴らしでしたでした。

 明日も、6時には畑に行って、新鮮な空気を吸いながら、カラスと語らい、楽しく農作業に汗を流します。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:03| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

ミュージカル俳優 井上知恵さんの「わたしを語る」

 今日は、大型連休の中日ですが、私は、毎日が日曜日の様な生活をしているので、日頃と変わらない、1日でした。

 午前中は、畑に行って、従兄弟に手伝って貰い、畑に30年前に、亡弟が植えた、槙の木10数本を伐採しました。
 その理由は、槙が大きく成りすぎ、畑の野菜の影に成ってしまったからです。

 熊日新聞の「わたしを語る」は、長年、私が愛読し、そのほとんどを、ノートにスクラップしています。

 1週間ほど前から、ミュージカル俳優 井上知恵さんの「Thank you for the music 歌と生きる」の連載が始まりました。

 私は、75歳に成って、バイオリンを初めましたが、そのお陰で、不得手だった音楽に、大変興味を持ち、楽しく、頑張ってバイオリンの練習に励んでいます。

 不思議なことに、練習が大変だと思うより、早く上手に成りたい気持ちでいっぱいです。
 この連載で、井上さんも、バイオリンを頑張っておられたので、連載に興味が増してきました。

 前回の「わたしを語る」熊本大学名誉教授 鈴木明郎さんの「ジャパゆきさんたちと共に」も、楽しく読ませて貰いました。

 連載の内容が、フィリピンなどからの出稼ぎ外国人の支援活動の話でしたが、私が熊本西南ロータリークラブで支援しているタイのアカ族の支援と重なり、毎回興味を持って読ませて貰いました。

 これから、井上さんの連載が、どのように展開していくか期待しています。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:58| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

「母の日」川柳入選作品発表

 今日から、5月ですが、昨日の雨も朝方には上がり、五月晴れになりました。
 雨は、止みましたが、風が強く、庭の鯉のぼりが飛んでいきそうになったので、慌てて、鯉のぼりを下ろしました。

 今日、5月1日は労働者の祭典メーデーの日です。
 メーデーは、1920年に始まり、昨年が100年目だったそうです。
 今年のメーデーの中央大会は、新型コロナの感染拡大に伴って、25日からの緊急事態宣言が発令されたこともあり、4月29日に代々木公園で開催され、全国にオンラインで配信されたようです。

 メーデーと言えば、父が旧国鉄のブルカラーであったので、小学生の頃、父と弟ふたりと一緒に、メーデーに参加しました。
 メーデーのことは、何も分かりませんでしたが、熊本市内に行けることと、帰りに、父から本など買って貰うことが楽しみに行った記憶があります。

 今日の熊日新聞の朝刊に、先日、熊本川柳研究協議会の役員で選んだ、「母の日」川柳コンテストの入選作品が発表されていました。

 母の日川柳も、今年で10回目になりますが、最初から毎回審査員を務めました。
 毎回、多くの作品から多くの作品から選ぶのに、皆で苦労しました。

 今年の大賞「カーネーション賞」には、川柳仲間で、ベテランの村上さんの句でした。
  カーネーション賞 手作りのマスクが母の定期便  村上哲子

  一般の部の一席
  四姉妹ですかと聞か母母「う・ふ・ふ」 野口貴代美
   野口さんは、昨年、カーネーション賞を取られた方です。

  高校生以の部の一席は」高校2年生の方です。
   母の味彼の胃さえも鷲掴み  坂西愛梨

  特別賞
   鶴屋賞 
    スッピンをベッピンに変え母鶴屋  内田まゆみ
   すぱいす賞
    画面ごしはみ出してくる母の笑み  石井いずみ
 今年も、「母の日」川柳コンテストは行なわれましたが、昨年から「父の日」川柳コンテストが中止になりましたが、早く、コロナ感染が終息して、再開できることを期待します。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
   
posted by osamu at 16:16| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月30日

孫の「爺ちゃーん」の呼び声に癒やされる

 今日は、特別な要件も無かったですが、先日、予約していた安納いもの苗が入荷した連絡があり、取りに行って、その足で畑に苗を移植しました。
 先日、移植した金時いもと合わせて50本ほど植えたので、収穫の時期が楽しみです。

 収穫時には、孫や姪の子ども達も一緒に芋掘り体験をするので、これもまた、楽しみです。

 数日前に、妻から今一番したいのは何ですかと尋ねられましたが、真っ先に出た言葉は、「ふたりの孫」の教育環境を初めとする環境作りをしたいことだと答えました。

 言葉には、しませんでしたが、畑でのんびり野菜作りをすること、もう一つは、75歳で始めたバイオリンが、それなりに弾ける様になり、好きな石原裕次郎の演歌「北の旅人」とエルガーの「愛の挨拶」が、うまく弾けるようになることです。

 長く続けた川柳で多くの佳吟が読めるように成りたいと言いたい所ですが、最近は、ちょっと川柳から離れたい気持ちが時折起こります。

 毎日、句を読み続けることに、追われ気味に成っているのかもしれません。

 孫の話になりますが、70歳近くになって誕生した長男の孫「馨」、75歳で誕生した長女の孫「悠晴」のふたりが、将来、人に役立つ大人になって欲しいと願うばかりです。

 長女の孫の悠晴は、生まれてから、1週間の内、5日は、私の家で過ごしていますが、私が優しく接するので、一番便りにしているのか、何かあると、優しい、大きな声で「爺ちゃーん」と手招きをしながら呼びに来ます。

 その優しい呼び声に、一緒に遊んだり、絵本を読んでやったりしているときが、至福のひとときです。

 横浜の長男の孫とは、余り会えませんが、毎日のように、孫の動画が送られてくるので、成長は見れるので安堵しています。

 早くコロナウイルスが終息して、長男、長女の家族が揃って、会える日を望みます。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:49| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

私達夫婦にも新型コロナウイルスの感染症のワクチン接種劵届く

 昨日の夜半の雨を慈雨と喜びましたが、畑に行ってみると、ちょっぴり土が湿っただけでした。

 がっかりしていると、昨日の夕方から激しい雨が、今朝の明け方まで降り、まさに本当の慈雨でした。

 昨日は、鍼灸院の予約を入れていたので、9時から治療をして貰いましたが、主な治療は、花粉症と後鼻漏でした。

 鍼灸のお陰で、鼻の具合もかなり良くなりました。

 世間では、コロナウイルスのワクチン接種で、何や彼やと大騒ぎになっていますが、昨日、私達夫婦にも、ワクチン接種劵が届きました。

 開封してみると、何時から受け付けが始まるのか記載された書類が入っていなかったので、ちょっと戸惑いました。

 夕方のニュースで、市長が書類の不備を謝罪されていました。

 接種する医療機関は、市役所のホームページで調べたら、私が通院している内科、妻が通院している整形外科で接種ができるようなので、それぞれの病院で接種すことに決めました。

 接種の事前予約は、5月6日から受付が始まりますが、予約受付が落ちつく10日ぐらいに、電話したいと思います。

 ここ数日、変異株のコロナウイルスの感染者が増えていますが、ワクチンの効果が心配です。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:25| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

川柳仲間「日本現詩歌文学館」の作品募集で快挙

 夜半から、しとしとと喜雨が降っています。
 ここ数日、晴天には恵まれたましたが、夏野菜にとっては、厳しい日が続きました。

 今日の雨は、まさに、野菜にとっても、私にとっても慈雨と言えます。
 昨日は、天気予報で雨模様だったので、朝3時間、夕刻2時間と久し振りに、草刈り機を使って、延長120メートル、幅3メートルの土手の除草を終えました。
 その疲れもあって、連日頑張って書いていたブログもお休みして、床につきました。
 今朝は、朝刊を読み終えたあと、久し振り、朝からキーボード叩き、ブログを書いています。

 先日、川柳仲間の数人から、川柳仲間の嶋本慶之助さんの快挙を教えて貰いました。

 その快挙は、日本現代詩歌文学館(岩手我、破れたり我、破れたり>作品募集の選考結果があり、川柳部門で最優秀賞の栄誉を獲得されました。

 その作品は、
   最優秀賞 青春の樺美智子は生きている  しまもと慶之助
    選者の江畑哲男さんも、この句は、後世に残る作品だと好評されています。
    
 私と樺美智子さんとの接点は、中央大学の学生時代の1年生の時、樺さんのお父さんが、中央大学の教授で社会学を教えられていたので、社会学を学びました。
 その時、安保闘争でなくなられた樺美智子さんのお父さんだということを知りました。

 嶋本慶之助さんも、その頃の学生運動に、思いを馳せられ、自分の青春と重なって、この佳吟を詠まれたのではないでしょうか。

 慶之助さんを敬愛している私の取って、自分の事以上に嬉しく思っています。

 慶之助さんの最優秀賞の他に、優秀賞と特別賞が数句ありましたが、その中の私が共感した3句を紹介します。
  優秀賞 晩年は自慢話になる挫折  上原稔
  特別賞 お片付け大人になってもできません  宇太
  特別賞 練習であんなにうまくできたのに  荒野行動

 こんな句を詠みたい詠みたいと思ってはいますが、中々できません。




 
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




 




posted by osamu at 06:58| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする