2017年12月25日

如何にか間に合った年賀状

 今日、1日を使ってやっと年賀状が出来上がりました。
 昨年は、年末29日までとっても忙しくて年賀状出来ずに、年明けて出すことが出来ました。
 今年こそは、早く作ろうと思ってはいましたが、とうとう、今日になってしまいました。
 パソコンで年賀状を作るわけですが、親戚、友人・知人、川柳関係、昔の職場関係に分けて、文章を書くので、それが大変です。
 また、宛先の住所が変わっている場合があるので、色々調べて変更するのも大変です。

 今日、妻の新しい車が、横浜から船と陸送で、お昼過ぎに着きました。
 今度の車は、BMWの一番小さいものですが、結構大きく見えます。
 妻は、ちょっと贅沢だけれどと言っていましたが、子供が育った40歳過ぎから65歳まで働いたので、ご褒美だと喜んでいます。
 私も少しですが資金提供したので、時々使わせて貰います。

 息子夫婦は、横浜でBMWには乗り慣れているので、お正月の帰省の際に、色々と教えて貰うつもりです。

 明日は、高校に同級生とゴルフに行きます。
 90代前半で回れたら、良いなと思っています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:47| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

全国高校生俳句大賞の最優秀賞受賞

 今日は、年末ですが、昨日までに比べると、ゆっくりとした日曜日です。
 庭の掃除をしたいと思いましたが、午後から天気予報どうり雨になったので、庭の掃除は延期です。
 今日の朝刊の第20回全国高校生俳句大賞の記事によると、熊本市内にある信愛女学院高校2年生の西内朱里(あかり)さんの俳句が最優勝に選ばれました。
 信愛女学院高校は、俳句でも全国的に優秀な学校ですが、川柳においても熊本の色々な川柳大会では優秀な成績を獲得している学校です。
 最優秀賞を獲得された西内朱里の作品は世界平和をテーマに詠まれた次の三句です。
  柘榴裂け紙面にミサイルの話
  夏の果てよりココア一匙分のテロ
  深夜のラジオどこかで紛争の話
 五七五の定型によらない自由律で詠まれているところが、高校生という若さに表れている感じがしました。
 特に、審査で評価されたところは、「社会への問題意識が高く。ことばの使い方が面白い所」だったようです。
 社会問題の捕え方から言えば、俳句というより川柳らしいところが感じられます。
 私達、熊本川柳愛好者からいえば、西内さんには、川柳作家としての素質があるように思われるので、熊本の女流川柳作家になって欲しものです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月23日

今年最後の川柳句会「火山灰」

 今日もここ数日と似通った暖かい一日で、街中もちょっと薄めの服装の方が多かったようです。

 今日は、今年最後の句会「火山灰」の例会でしたが、年末の忙しい割には、11名と多い参加がありました。
 私は、10月11月と熊本に居なかったので、出席できず2か月ぶりの参加でした。
 今日の句会では、最近川柳を始められた方が多く、披講後の意見交換では、斬新な意見もあって、良い勉強鵜の機会となりました。
 今日の課題は、「シグナル」「魔」「歯車」でしたが、今日の披講は「シグナル」「と魔」で、「歯車」は後日の紙上の披講となりました。
 また、この句会では、課題の披講の後に、参加者全員の雑詠を、皆で互選して意見交換を行います。
 この意見交換が、経験の長い人も最近川柳を始めた方も共に勉強になります。

 ここで今日の優秀作品を紹介します。
 課題吟「シグナル」と「魔」の特選作品三作と雑詠互選の優秀句です。
 課題「シグナル」     吉岡静生選
  シグナルを見ないふりする教師たち    慶之介
  跳び立てという風を待つ巣立ちの日    孤遊
  引き潮を見てる主治医の腕時計      正堂

 課題 「魔        杉村かずみち選
  エンゼルとサタンも老いて要介護     固有
  脱皮して乳房に魔性ひそませる      孤遊
  少し疲れた薔薇に魔法をかけてみる    静生

 私は特選には入選できませんでしたが、平抜きには3句ほど入選できました。
 次回1月の例会では、巣こそ頑張らなければと思いました。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月22日

慌ただしい年末

 今日は、二十四節気の一つの当時で昼間の時間が一番短い日です。

 昨日は、温かい一日で、2か月ぶりに、何時もの練習仲間とコースでゴルフを楽しみました。
 最近、頑張った練習のお蔭でゴルフの腕もメキメキと上達した様でした。
 数個のパーとバーディーも一個取れました。
 26日には、高校の同級生8人で、今年最後のゴルフを楽しみます。
 久し振りの合う友人もいるようです。

 毎年ぎりぎりに書いている年賀状もまだ手つかずなので、如何にか25日までは書かなければと思っています。

 毎年行っている庭の大掃除もまだ残っています。
 綺麗に掃除して孫達を迎えたいものです。
 
 今年は、川柳についても忙しい一年でした。
 毎月行われる川柳教室、毎月の噴煙、火山灰の句会。最も多かったのは、来年行われる全日本川柳大会の会議です。
 この他に、幾つかの川柳大会の選者、色々な応募川柳の審査委員も務めました。
 ちょっとオーバーワークになった気も致します。

 最後は、妻の車の新車購入の話です。
 妻の今の車は、私が退職した時の買ってやったものなので、今年で13年目になります。
 車は、大事にして乗ったので、17万キロ程乗っている割には、まだまだピカピカです。
 あたらしい車は、息子のすすめもあって、息子車と同じ外車のBMWです。
 私も外車の乗るのも初めてなので、25日が納車なので大変楽しみにしています。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月20日

今年最後の全日本川柳熊本大会の会議

 今日は、午前中に今年最後の全日本川柳熊本大会の実行委員会の会議が、役員参加のもとに行われました。
 この大会も来年の6月10日の開会が迫り、と大会まで残すところ6カ月を切りました。
 大会関係者の多くが、全国大会を経験することは、初めてで終わりだというう認識を持って、心を一にしました。
 全国の多くの方から寄付金をいただきました。
 また、一昨年に地震の被害を受けたことも踏まえ、ありのままを熊本を見て貰える大会にしたいということでも一致しています。
 また、世界的有名になったくまモンにも力を貸して行きたいとも思っています。

 また今回の大会を機に、多くの川柳愛好者に参加して頂き、これからの熊本県内の川柳愛好者及びジュニアの普及にも力を注ぎます。

 私の今年の川柳関係は据えて終わりましたので、最近控えていたゴルフを、明日はゴルフ仲間とコースに出て頑張ってきます。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月18日

川柳作品集「無冠の譜」

 今日も相変わらずの寒い一日でしたが、野菜の収穫に1時間ほど畑に行きました。
 畑の野菜も収穫の度に、少しづつは減っていますが、畑はまだまだ野菜で一杯です。

 今日は、私の師匠から頂いた玉名川柳会の育ての親のような宮本凡器さんの川柳句集「無冠の譜」を紹介します。
 この句集は、素晴らしい句で満たされていますが、吃驚したのは、達筆な凡器さんの手書き句が印刷され、立派に装丁されています。

 凡器さんとは、私が川柳を始めて噴煙川柳大会を始め熊日川柳大会に参加していた頃、何度かお目にかかりました。
 大会の時は、良く選者をされていましたが、背広にネクタイの姿でなく、普段着で登壇されていた姿が、強く記憶に残っています。
 時には、靴でなく下駄履きもありました。
 
 一軒変わり者の様でしたが、この人の川柳は、誰もが一目を置くほどの佳吟を詠まれていました。
 その当時、凡器さんのような句が、何時、私には作れるのかと思ったものです。

 序文を始め、多くの方が句集の発刊を喜ぶ、お祝いの言葉の多いことにも驚きました。

 1ページの紙面を使った最初の句は、娘さんが嫁いだときの父親の心境の句です。
   壽という字娘を連れていく
 次の句も1ページを使ってあります。
   車椅子みんなと遊びたいんです
 奥様の句もあります。
   奥様は魔女薄給の中で貯め
   内助とはいつも笑顔の妻のこと
 初孫を喜んで詠まれた句もあります。
   孫ひとり家を笑いの渦にする
   孫が居てこの真宗の明るさよ
 多くの方の句集が、活字で出来ていますが、凡器さんの達筆の手書き文字には感心しました。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月17日

日進月歩で進化するゴルフクラブ

 今朝も大変寒かったので、中々と床から離れることが出来ず、妻が持って来てくれた新聞を毛布を被りながら読みました。

 今日の話は、私の趣味の一つゴルフのクラブの話です。
 私が生まれた昭和に比べると、平成になって自動車、家電など、特にIT関係は凄い進歩を続けています。
 ゴルフもクラブのドライバーを始めアイアンは、日進月歩の進化を続けています。
 私がゴルフを始めた40年前のドライバーは、柿の木(パーシモン)を使ったものでしたが、最近は新しい素材を使ったり、ドライバーの構造も新たな物が出来て性能も、吃驚するほど向上しました。
 ゴルファーのニーズに合わせて、色々と選択肢も広がりました。
 クラブのシャフトも鉄製、カーボン製とあり、シャフトのしなりも、しなりのする場所も選択できます。
 いろいろ選択肢がありますが、自分に合ったものを探すのも、自分の体力、体型など自分を知らなければ、的確な物を探すのは難しいのが実情です。

 70歳を超えた私も、今年の4月に、体力の落ちたものに合ったクラブに代えましたが、体に合ったのか、ボールの方向性も正確になり、また、飛距離も伸びてきました。
 練習場では、ばっちりですが、コースでは十分実力だ出ないので、現在いろいろメンタルの改善の勉強を行っています。

 なるべく長く、80歳全般までくらいゴルフをしたいので、体力作りに余念がありません。
 ちょっと、外は寒いですが、練習場で1時間程度頑張ってきます。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月16日

全日本川柳熊本大会に向けて

 今月も残すところあと15日、年末に息子夫婦と一緒に帰省する孫と会える日が近づきました。
 孫は、昨日は保育園でお遊戯会があって、赤ずきんちゃん役を頑張ってやっていたようです。
 今朝早く、お遊戯の動画がラインで送ってきたので、妻と一緒に喜んで見ました。

 昨日は、来年の6月に開催される全日本川柳熊本大会のジュニアの部の事前投句の作品応募のお願いに、川柳仲間と、学校を訪れました。
 ちょっと早すぎるようですが、冬休みにじっくり考えて、句を作って貰いたいと12月中に、出来るだけ学校を訪問しました。
 川柳仲間が、住んでいる近くの小中学校を数校訪問しました。

 私は、これまでも熊日川柳大会の作品応募をお願いしていた家の近くの小学校3校、中学校2校を訪れ、校長先生か、給湯先生と会ってお願いしました。
 私が住んでいる校区の小学校では、5,6年生に授業中の時間を使って、協力してくれる約束を貰いました。
 ほかの4つの学校では、、川柳好きな児童が、冬休みに頑張ってくれることを期待いたします。
 大会も、少しずつ動き出した感じがします。

 明日の日曜日は、年賀状作りをしたいと思っています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月14日

熊本県民文芸賞受賞式

 今朝も、ここ数日の朝と同じく厳しく冷え込んだ朝でした。
 朝起きる頃に冷え込んでいると、朝起きが苦にならない私でも、床から離れたくないですね。

 今日の午前中は、市内のホテルで平成29年度第39回熊本県民文芸賞の授賞式が行われました。
 文芸賞は、小説を始め短歌、俳句、川柳などの7部門の文芸に分けられた1作品ごとに表彰されます。
 私は、昨年に引き続き川柳部門の審査委員を務めましたが、他の部門も同じですが、応募者が少しづつですが減っています。
 表彰は、入賞が3点、入選が10点選ばれますが、入賞の3点は、どの部門でも卓越した作品ばかりです。
 入賞者、入選者の年齢は、現代詩を除いては、60歳代後半から80歳の方が目立ちます。
 入賞するには、豊富な経験と時間的な暇が必要なのかもしれません。
 表彰の後に、部門別に、それぞれの審査委員の代表者が、作品について講評を行いますが、この講評が非常に勉強になります。
 小説部門や評論部門では、作品が400句詰め原稿用紙50枚になるので、自ずと講評にも熱気が入り、長くなります。
 長くなりますが、好評の内容が、濃いので、真剣に耳を傾けます。
 また、川柳と違ったジャンルの講評は、視点がそれぞれ違うので、これも勉強になります。
 素晴らしい講評を聞いていると、他のジャンルの文芸にも浮気したいと思うこともあります。
 来年は、現代詩にでも挑しょうかという気も少し起りました。
 しかし、まだまだ川柳のブラッシュアップが必要のようです。
 今日の午前中は、楽しい、勉強になった一時でした。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月12日

今年の漢字は「北」

 今日は、全国から応募された今年の漢字が「北」になったようです。
 日本は兎も角、世界中で、北朝鮮の理不尽な、横暴な振る舞いが目に止まります。
 その結果が今年の漢字「北」に選ばれたのでしょう。
 
 今日は、来年の6月に開催される全日本川柳熊本大会の実質的な始まりになりそうです。
 これまで1年近く、何回も会議を重ねて、準備を進めてきましたが、昨日逢阪で開かれ全日本川柳協会の理事会で、熊本大会の実施要項が決定されました。
 それを受けて、今日、熊日新聞社の文化生活部を、実行委員会の役員で訪れ、これから、大会の新聞による広報をお願いしてきました。
 明日からは、実行委員会の役員で手分けして、小中学校を訪問して、事前投句のお願いに回ります。
 20年に一回あるかないかの大会なので、県内川柳仲間が、一丸となって成功に導きたいものです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ