2017年08月07日

台風逸過に安堵

 昨日は、熊本を直撃をするのではないかと心配していた台風が南下したお蔭で、台風一過ならぬ台風逸過になり、熊本県民は安堵しました。
 熊本は逸れたものの、台風の影響が有った所につきましては心よりお見舞い申し上げます。
 今日の熊本は、また暑い夏日に戻り、何もしなくても汗が吹き出しそうでした。
 暑い中にも、暇であれば恒例にしているゴルフの練習に出かけましたが、ゴルフ練習場では、台風到来に向けて片付けていたネット、椅子などの復旧にスタッフが頑張っていました。
 昨日は、台風が逸れるということで、計画していた日吉東校区自治協議会の防災訓練が、校区内にある熊本市南消防署行われ、子供達も含めて約80名の参加が有りました。
 防災訓練は、先ず、ビデオを使っての災害現場での注意や災害についての心構えなどを教えて貰いました。
 その他に、119番通報の擬似訓練、事故現場でのAEDを使っての救助方法、消火器の使い方、更には実際の消防車の放水の体験もあり、私はその放水体験を始めて行いました。
 最後は、消防署内にある色々な消防自動車についての説明もあり、消防自動車の種類の多さにも驚きました。
 今回の防災訓練で感じたことで、一番大事なことは、落ち着いて行動すべきだということでした。
 「備えあれば憂いなし」、素晴らしい体験が今年もできました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:56| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

熊本の夏祭り

 今日の空は、昨日までの晴れ間が見えずどんよりと曇り、台風5号の影響なのか、昨日に比べると風が少し強くなりました。
 昨日は、熊本県内で熊本市の火の国まつり「おてもやん総踊り)やイベント、八代では八代くま川祭り、天草では天草ほんどハイヤ祭りが行われ、多くの人が夜の町に繰り出し、それぞれの夏祭りを堪能されたようです。
 台風5号が遅れた事、また熊本を外れたことで、無事に祭りも終わり、今日の地元新聞には、夏祭りの状況が記事になっていました。
 私の祭りの思い出は、火の国まつりおてもやん総おどりですが、火の国まつりそのものの歴史は長く、小学生の頃父親に、弟達と一緒に毎年連れて貰った記憶があります。
 現在の火の国祭りは、私が市役所在職中に、星子市長の肝いりで、今の素晴らしいおてもやん夏祭りに変身し、賑わっています。
 最近は、火の国まつりに参加することも無く、見に行くこともありませんが、在職中はほとんど毎年参加しました。
 人事課時代は、同僚と、教育委員会時代は、外国人と一緒に参加しました。
 兎に角、面白かった記憶だけが残っています。
 熊本地震の復興の続くこれからも火の国まつりは続けて欲しいものです。

  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月05日

購読している川柳誌

 多くの人をテレビの気象予報を釘づけにしている台風5号は、奄美大島付近に居座って、停滞しています。
 私は、台風に備えて、昨日は畑の整理、今日は家のまわりの片付けをしましたが、一寸しただけで汗でびっしょりになる始末です。
 兎に角、先日の台風で庭の木は倒れ、畑の野菜も殆どが駄目になったばかりなので。今度の台風5号は、来て欲しくありません。
 南九州に上陸するのは間違いないようですが、宮崎寄りの予報が出ているので、少しはホッとしていますが、油断はできません。
 明日は、私の小学校校区の防災訓練が予定されていますが、実施できるかまだ決まっていません。
 明日は、丁度日曜日なので、どこもイベントが予定されているので、関係者は気をもんでいるようです。
 私は、毎月数冊の川柳誌を購読して、川柳の勉強に暇が有りませんが、川柳の難しさ、奥の深さを痛感しています。
 20数年来、愛読しているのは、私が所属している川柳噴煙吟社の「ふんえん」ですが、私の川柳の基本を指導して戴いた柳誌です。
 この他に、川柳マガジン、川柳番傘、川柳葦群を毎月購読していますが、どの川柳誌からもいろいろ沢山、教えて貰うことばかりです。
 これまで、川柳ふんえんと川柳葦群には課題吟、雑詠など投句をしていますが、今月から思い切って川柳番傘の課題吟とイメージ吟を投句します。
 これから、川柳マガジンにも頑張って投句したいと思っていますが、ちょっと自信がありません。
 投句することは、兎も角、購読することによって、川柳の奥の深さを自分なりに埋めていきたいと思います。
 ちょっと欲張り過ぎますが、前に向かって頑張るのみです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月03日

ふるさとの歴史川尻の一節から

 今日は、昨日に比べると台風5号の影響もあったのか、30度をちょっと越えた程度の暑さでした。
 しかし、立っているだけで、汗が額から、背中から流れ、2回ほど着替えました。
 先日、息子夫婦と孫が横浜から帰省した時に息子の厄入りと孫の3才のお祝いの宮参りの帰りに、私と息子が卒業した中学校のある川尻の伝統工芸館に寄って、刃物や桶などの見学をしました。
 その時、館内の片隅に一冊の本「ふるさとの歴史川尻」が目に止まり、買って帰りました。
 孫たちが横浜に帰った後、早速ページを捲ったら、これまでに川尻について大方知っていたと思っていたが、まだまだ、知らない事が沢山載っていました。
 その本の中の「川尻の伝統、風物」の中に「精霊流し(しょうろうながし)、筏流し、砂利取り舟」の話が記載されていました。
 今日は、その中の「筏流し」についてお話します。
 この筏流しの話は、甲佐町の西原地区から川尻まで、緑川を使って、筏で砥用、矢部、甲佐の材木を運んでいたという話です。
 甲佐町の西原地区が私の妻の実家の隣の地区と分かって吃驚しました。
 妻の祖父から、先祖は自分の山の材木を切って、筏で川尻まで運び、祖父自身も何度か筏に乗って、川尻まで行って、帰りに川尻の町でいろいろな物を買って帰っていたという話を聞きました。
 また、妻の母方は甲佐で一番の山持ちだったので、おそらく、ここの山で切った材木もここ西原地区から筏で運ばれたのでしょう。
 筏師たちは、帰りは川尻電車、遊園鉄度を乗り継いで帰ったそうです。
 

    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月02日

私の台風雑感

 今日の温度は38度を超すという予報だったが、37、4度ですみましたが、連続真夏日が8日続きました。
 また、午後には突然突風が吹いて、置物が数個倒れるアクシデントもありました。
 7月から数個の台風が起きて、台風5号は迷走を続け、今日新たに台風11号は発生しました。
 11号は、日本列島には影響がないようですが、迷走している5号が、九州の南を北上し、熊本も予報円に入っているので心配です。
 私と台風といえば、6歳の頃、祖父に分家を建てて貰った家に大きな台風が来るということで、父がやたらと窓や縁側に、板に釘を打っていたのを手伝った記憶があります。
 九州は、今こそ台風の到来が少なくなりましたが、その当時、台風銀座と呼ばれ、毎年4、5個の台風が来ていました。
 そのたびに、台風のための予防をしたものの、大きな被害があったものです。
 昭和40年頃、私の家も兼業農家で米作を行っていましたが、台風のために稲が倒れ、収穫時には難儀をしたものです。
 また、分家には大きな柿の木が有って、大きな台風の度に倒れ、皆で起こした記憶があります。
 現在は、分家のあった所は、東バイパスになったので、新しい所に立てた家では、家の被害は少なくなりました。
 最近は、畑の倉庫が台風に飛ばされ、隣の畑までとんで行き、クレーンで引き揚げて貰ったこともあります。
 兎に角、台風が来れば、被害がないことはなく困る事ばかりです。
 今回の台風5号の行方が、気になるところです。
 特に、先の大雨で被災された北部九州にでも、台風が来れば大変だと、他人事ながら気をもんでいます。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月01日

川柳界の巨星の死を悼む

 今日の熊本市のお昼の温度は37、4度で日本で2番目ので、一番は熊本県玉名の岱明町でした。
 今日は、朝から泌尿器科病院に行った後の午前中2時間、午後の4時から1時間ほど、この暑い中ゴルフの練習を頑張りました。
 この暑い中にも汗をたっぷり出して練習をしても疲れることも無かったので、自分自身の健康に吃驚しました。
 昨日、毎月購読している「川柳番傘」が送ってきたので、夜寝る前に読んでいたら、川柳作家大木俊秀さん死を知りました。
大木さんは、地元新聞に読者文芸の川柳部門の選者を、森中恵美子さんと同じ時期に、一昨年でしたか、島田駱舟さんと交替されるまで、長く選者をされていました。
 熊本の川柳作家、川柳愛好者の中には、大木さんから選んでもらった方がたくさんおられることでしょう。
 私の記憶では、噴煙の大会でも選者をされ、大変お世話になりました。
 大木さんは、日本の川柳の普及・拡大に尽力されたので、本当に惜しい方が亡くなられたと、全国の川柳関係者は残念で仕方がないことでしょう。
 大木蒐集先生のお酒の句で、皆が愛した句を2句
  肝臓に会って一献捧げたい    俊秀
  盃に散る花びらも酒が好き
 大木先生安らかにお眠りください 合掌



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年07月31日

慌ただしかった7月、明日から8月

 今日の熊本は、相変わらずの30度を超える暑い一日です。
 今日で7月は終わりますが、私の今年の7月は例年と違って慌ただしいひと月でした。
 上旬の初めてのシンガポール旅行、毎週一度の歯医者通い、昨日までは息子夫婦、孫の熊本帰省などで忙しく、普段の早朝からの畑仕事、週5日ほどゴルフの練習もする時間がありませんでした。
 また川柳についても、二つの教室は頑張りましたが、これから行われる句会の句作りは、なかなかいい句想も浮かばず、良い句が出来ず、スランプの状態です。
 また、美味しい外食の機会も多かったので、ちょっと太り気味です。
 そんなことから、体も頭もスムーズに動かない感じの状態が続いています。
 昨日帰った息子夫婦は、職場へ、孫もいつものように保育園に行ったようです。
 私も涼しくなった夕刻頃に、ちょっと畑にも顔を出し、その後は軽くゴルフの練習で汗を流し、美味しいビールの晩酌を嗜みたいところです。
 明日から8月が始まりますが、兎に角、心機一転して、暑い8月に敗けず乗り切ります。
   八月の空から背中を叩かれる    萬風


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年07月30日

再会を約束して帰った孫台風

 今日も朝から暑い一日でしたが、早朝から孫と一緒に庭を散策して、蝉の泣き声を聞きながら、庭の野菜や花のお話をしてあげました。
 まだ、2歳8が月ですが、都会に住んでいて、生まれてすぐに保育園に行っているので、賢いと言うのか、田舎の子供に比べるとませているようです。
 また、人見知りもせず、大人の空気を詠むのも上手いし、聞き分けも良い子のようです。
 昨日は、3才の宮参り、お昼は160年続くうなぎ料理の若松屋で美味しいうな重を食べ、夜は近くの居酒屋で親子三代水入らずで食事をしながら、楽しい一時を過ごしました。
 孫を畑に連れて行く予定でしたが、時間が足りない事もあって、今回は一緒に畑での野菜の収穫は出来ませんでした。
 孫の二泊三日の熊本旅行もあっという間に過ぎて、10月頃に横浜での再会を約束して、お昼の飛行機で両親と一緒に横浜に帰って行きました。
 慌ただしかった孫台風が帰った後は、妻も私もホッとした反面、少しずつ寂しさを感じています。
 しかし、明日からは、何時ものように毎日、孫の動画を見ながら、孫の成長を見守ることになります。
 私達夫婦の生活も,明日からは、いつもの二人の静かな生活に戻ります。
 
  孫台風慈雨も連れ里帰り   萬風


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年07月29日

孫「馨」の熊本旅行記

 昨日は、横浜の息子たちが7カ月ぶりに帰省しました。今回は息子の嫁のお母さんとお姉さんも一緒で、賑やかな熊本の旅のようです。
 飛行機は、10分遅れで到着しましたが、孫の馨はいち早く、おじいちゃん、おばあちゃんの所に走って駆け寄ました。
 私達老夫婦は、満足でした。
 我が家に帰る途中で、妻の友達高木さんの家によって、馨を大きな冷房付きのトラクターに乗せて貰いましたが、高木さんと一緒にトラクターに乗って操作して、畑を耕して孫もたいそう満足の様でした。
 今回の息子夫婦の帰省の目的は、息子の厄入のお祝いと孫の3才のお祝いのために、やってきました。
 6時30分から熊本城近くのKKRホテル熊本でお祝いのお食事会をしましたが、熊本城の見える「城」の間で。2時間ほど美味しい料理を食べながら、二人のお祝いをしました。
 家に帰ってからも、孫は、帰省の時に使うために用意したおもちゃを楽しく遊んだり、また、図鑑の本などを真剣に見ていました。孫は、大変本が好きで、いろいろな物に興味があるようです。
今日は、午前中に神社に行って二人の祈願を行いに行きます。
 明日も、孫の熊本地財中のお話をしたいと思っています。
 本当に、孫は可愛いと思いますが、息子以上に厳しく接していきたいと思ったところです。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年07月28日

少しづつ進む熊本地震復興

 毎日、炎天の続く中、まだ、昨年の4月の熊本地震の後処理が、私の近所のあっちこっちで行われています。
 私の家では、昨年いち早く半壊のアパート解体し、更地になって駐車場として使っていますが、後の利用は未定です。
 同じ隣保班のNさんは、新築の業者がやっと決まり、数日前から解体が行われ、年内には小さな平屋を建築予定だそうです。
 私の友人Oさんは、三世帯の大人数で住んでいるので、やっと解体が終わり、大きな平屋を現在建築中です。
 現在、自分で所有されている借家に住まわれていますが、暑い上に手狭なので、早く新しい家に住みたいと待ち望んでおられます。
 どこの家の新築も地震の被害を考慮して、平屋になっています。
 話は変わりますが、昨日のテレビのニュースで熊本城の天守閣、飯田丸の復興進捗の状況が報道されました。
 熊本城の完全復興までには、20年はかかるだろうと言われていますが、復興のシンボル熊本城が、少しづつながらも、着実に進んででいるので、熊本県民として、また元熊本市役所職員として安心をしました。
 ニュース報道の中で、天守閣の瓦を一つづつ丁寧に処理していた職人さんが、暑いけれども、熊本城の復興の仕事に携われたことを誇りに感じているという言葉を聞いて、立派な復興が出来ると感じました。
 私ごとになりますが、約30年前、私は熊本市の教育委員会の庶務課(現在の総務企画課)の中堅管理職として委員会内の総務的な仕事に従事し、職員採用の仕事もしていました。
 この頃の職員採用の懸案事項は、文化財関係の仕事ができる職員が少なく、文化財の調査、発掘が遅々として進んでいませんでしたので、文化財関係の職員を増やすことでした。
 そこで、時の教育長と関係職員で協議して、毎年、文化財関係職員を2名ずつ採用していくことが決まりました。
 この英断は、実施するには、大変難しかったけれど、地震で多くの文化遺産が破壊された今では、結果的には良かったと確信しています。
 現在は、どれだけの文化財関係職員が居られるか分かりませんが、これらの職員が今回の熊本城復興の礎になっていることと思います。
 今、あの時の職員増員を考えると、良かったなとしみじめ感慨にふけっています。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ