2020年07月10日

和やかな中に益城川柳教室

 今日は、朝5時に起きて今日の午後の益城町川柳教室の資料作りしました。
 月初めの2週間は、川柳マガジン、川柳番傘の投句で、兎に角忙しいからです。
 二つの投句の句作りには、全身全霊でと言っては大袈裟ですが、頑張っています。

 午後の益城町の川柳教室は、課題は「夏一切」でしたが、普通の夏ではなく、日頃の夏の生活を切り取った句が沢山有りました。
 皆さん、良い句を作られるようになり、講師としては大満足です。

 教室では、毎年みんなで、1年間詠んだ句を、一冊の句集にして、友人や知人に読んで貰っています。
 今年も発行することになり、これまでより、ちょっと違ったものにしようと考えています。

 この句会が始まった益城町の生涯学習の主催授業の頃の様子、初代の講師田口麦彦氏のプロフィールなども掲載予定にしています。

 また、サトウハチローさんの川柳についての詩「五七五でなんでもよむ」も掲載して、皆さんに皆さんに川柳の作句の参考にして貰いたいと思っています。
 卒業句集を作成するに当って、会員が少なくなり、会員の負担が大きくなった事を懸念していましたが、国からの10万円の給付金もあったのでと、冗談も飛び出す中に、皆さんが喜んで同意を頂きました。

 立派な句集ができるように頑張りたいと考えています。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:05| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

4ヶ月ぶりに川柳真風吟社の句会

 今日は、梅雨最中の厳しい夏日の一日でした。
 今日の午後は、2月の句会を最後に、コロナウイルスのために、休会していた句会が、4ヶ月ぶりに再開しました。

 会員23名の内、12名の参加があり、何時もような和気藹々の楽しい句会でした。
 今日の句会での課題は、「リズム」でしたが、コロナを事を詠んだ、感動する句がありました。

 この句会のやり方は、みんなが作品を2句ずつ投句して、それらの作品に共感した句を6句選びます。
 40数句から共感句6句を選ぶのは、大変です。

 5名以上の方から共感を得た高得点句を紹介します。

  回復の兆し心電図のリズム   美知子

  雨音がスタッカートで叩く屋根   あじさい

  妻逝きて生きるリズムが乱高下   剛介

  鈍行のリズムが肌によく馴染む   萬里

  ゆっくりと時を刻んでいるふたり   かずみち

  コロナ自粛妻のペースに乗せられる   春雪

 私の拙吟にも2名の方から共感を貰いました。

  鍬を振るリズムで古希の日が暮れる    萬風

 午後の一時、楽しい、和やかな一時に癒やしを貰いました。

 明日は、収穫を待っている畑の夏野菜に合いに行く予定です。




   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:50| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

バイオリンのレッスンで基本を学び直す

 梅雨最中の今日は、激しい雨と曇り空の一日でしたが、先日、田植えの終わった近くの田圃は、緑色になり、苗は、秋の収穫を目指して、スクスクと成長しています。

 昨日は、熊日川柳大会の会議で、これからの明るい兆しが見えて、ホッとしたのか、今日の午後にあったバイオリンの個人レッスンは、楽しい一時で、勉強ができました。

 今日から、暫くはバイオリンの基本の基本をみっちり教えて頂くことになりました。
 先生の弁をかりれば、私が賢明に学ぶ姿勢、努力家であることを理解され、中途半端のレッスンでは終わらせないと話されました。

 昨年の4月から、レッスンを受けましたが、上部だけをさっらと学んでいたことを、反省して、一から学び直すことを決心しました。

 よくよく考えると、バイオリンもゴルフも、体の力を抜いて、しっかりすべきところは、びっしと決めるところは同じです。

 明日から、厳しい練習を覚悟しています。
 1年後には、数曲、知人や友人の前で弾けることを目標にしています。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:11| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

オリジナル卓上カレンダー

 今日も暑い一日で、懸命に咲き誇っている紫陽花も、午後になるとぐったりとしています。

 今でも、とっても綺麗ですが、梅雨に入り、雨に濡れると、鮮やかな七変化を見せてくれるでしょう。

 妻の机に、横浜の孫の馨の写真を中心にしたオリジナル卓上カレンダーがあります。
 5歳になったので、馨の日頃の写真をピックアップして、12枚選び、カレンダーが出来ています。

 一月の写真は、親子揃ってベトナムに行ったとき、メコン川の川下りの写真です。
 きっと、一番思い出の写真なのかも知れません。

 六月の写真は、同じマンションに住んでいる横浜DeNAベイスターズの外人選手とのツーショットです。
 九月には、近くのマンションに住んでいる外人のサッカー選手とのツーショットです。

 この他に、愛犬2匹との写真もあります。
 昨日から、私の机の置くことにしました。
 今の子どもは、贅沢にこのようなオリジナルカレンダを作って貰って幸せですね。

 もし来年も、同じカレンダーを作成するなら、今年頑張って練習しているゴルフのベストスイングの写真が数枚載るかも知れません。


   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:19| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

五木寛之著「大河の一滴」

 今朝は、夜半の雨で、畑の野菜はたっぷり、水を貰ったので、畑行きはありませんでした。

 畑行きが無かったので、久しぶりにたっぷり時間をかけて、朝刊を読むことが出来ました。

 今日の午前中は、冬物を仕舞い、夏物を引き出す、衣更えを行いましたが、ここ数年着てないもを捨てることにしました。

 午後は、3ヶ月ぶりの熊本県川柳研究協議会の役員会に出席しました。
 久しぶりに、コロナに負けず、元気な川柳仲間の姿を見て、安堵しました。

  今日の朝刊に、五木寛之さんが約22年前に著したエッセー集「大河の一滴」が、コロナ禍にあえぐ今も、生きる知恵の本として、60代から70代の人を中心読まれているそうです。

 私は、五木寛之さんの大フアンで、これまでに多くの本を読んできました。
 数日前から、五木寛之さんのアシスタントを長年された山川健一さんの「五木寛之を読む」を読み始めたばかりの時に、このニュースを知って、改めて書棚を探したら「大河の一滴」がありました。

 22年前は、在職中で、忙しかったのか、本の半分のところに栞が挟まっていました。
 このときの帯のうたい文句は、「もう覚悟をきめるしかない。いま『歎異抄』の心を現代に問う平成人の必読の書」でしたが、今回、再版された帯のうたい文句は、「見えない新型コロナの不安の時代を生き抜く哲学」でした。
 まさに時を得た帯のうたい文句です。
 皆さん、時間があったら、大河の一滴を読まれると、一回り大きい人になれますよ。
 今日から、私も、谷川健一さんの「五木寛之を読む」読みながら、大河の一滴も再読したいと思っています。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:03| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

早起きは三文の得

 今日は、孫の悠晴も爺婆保育園はお休みなので、私も妻も、自分を時間を取り戻しゆっくり好きなことをしました。

 我が家の庭には、30株近い紫陽花が、咲き始めています。
 今日は、去年挿し芽した物を、10数株、鉢植えをしました。
 中には、もう花をつけている早熟の株も有ります。

 妻は、綺麗な紫陽花をタブレットで撮し、友人知人に送って、喜ばれています。

 今朝は、2度目のトイレ起きする午前3時頃から眠れなくなり、4時半に起きて、野菜の育て方の本を探しました。
 西瓜や胡瓜の育て方を読み終えた後、書棚を覗いたら、野菜の料理本数冊が目に止まり、これらの本を読んで夏野菜のレシピを沢山覚えました。

 これから収穫を迎える野菜を使っての料理を作るのが楽しみです。

 料理本の隣に鍵山秀三郎さんの教訓が載ったカレンダー式の「凡事徹底」と出会いました。
 1ヶ月分の31の教訓が私に、改めて、人生の生き方を教えてくれました。
 2日目の言葉「盥に一滴の水」がとっても感銘を受けました。
 盥に水一滴を垂らしても、見た目は何の変化も有りません。しかし、一滴分の水は確実に増えています。
 少しづつ努力する大切さを教えてもらいました。

 この2つの得を頂いた後に、ゆっくり朝刊に目を通しました。
 コロナの影響で、記事がちょっと物足りませんが、早く、コロナの記事が減り、何時ものような記事が読める日を待っています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:34| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

庭や畑に生えている雑草と薬草

 昨日は、ブログを書かなければと思っていましたが、仕事の疲れと晩酌のビールが効きすぎて、気がついていたときは午前2時でした。

 今日も新しい倉庫への荷物の引っ越しで忙しい1日でした。
 新しい倉庫に、耕運機を入れるので、入れ方や入れる場所への敷物など色々検討した結果、先ず厚い板を敷き、その上に分厚い人工芝を敷くことにしました。
 今日は、綺麗な、汚れていない噴霧器や草刈り機など収め、ゴルフの道具が4セット有るので、2セットは倉庫の収めました。

 3坪強の広さなので、結構色々と収納できそうです。
 明日からは、古い木造の倉庫一部改修して、休憩所として使用する予定です。

 コロナが流行してからは、ほとんど畑に行って作業していますが、そのうちの一つとして草刈りが有ります。

 草刈りをするとき、小さな、可憐な雑草の花が咲いていると、一瞬草草刈り機のエンジンを止めてしまします。

 庭や畑には、色々な雑草や薬草が生えています。
 現在、庭には至る所でどくだみ草が白い清らかな咲いています。
 畑に行けば、数え切れないほどの雑草の花が咲いています。
 最近は、畑に行く軽のワゴン車には、カメラを1個、何時も乗せていて、綺麗な花を見ると作業をやめて、シャッターを切ります。

 また、畑には、ヨモギを1杯育てています。
 今年は、収穫したあと、天日干しをして、煎じて飲用したいと思っています。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:14| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

子供の成長と野菜の成長は最初の基本が大事

 コロナウイルスの拡大の影響で、外出が出来ないので、毎日、しっかりマスクをして、畑と庭の仕事を頑張っています。

 今朝は、朝起きて、すぐ茶を飲んで、何時ものようには朝刊も読まず、畑に向かいました。
 仕事は、夏野菜の水遣り、覆い茂った柑橘類の剪定で、8時前に帰宅し、朝ドラ「エール」を見ながら、美味しい朝食を食べました。

 朝食は、朝仕事をして腹が減っていたので、何時もより、とっても美味しく、一寸多めに食べました。

 朝食の後は、庭に植えている夏野菜などに水遣りを終えた後、また、畑に向かいました。

 畑では、数日後に移植する胡瓜とえんどうの支柱作りをしましたが、一人でやるので、一寸大変でした。
 時間も忘れて頑張っていたので、支柱作りが終えた時は、かれこれ午後2時になっていました。
 夢中になって仕事を頑張ったのは久しぶりです。

 私は、3月25日に誕生日を迎えた孫の悠晴の生い立ちを1年近く見ていますが、手前味噌になりますが、元気が良く、最近は物わかりも良く、吃驚するほど成長しました。

 また、今年の夏も多くの夏野菜を頑張って育て、その成長過程を一喜一憂しながら観測しています。
 子供の成長と野菜の成長を考えると、すべてよく似通っています。
 三つ子の魂百までと言いますが、本当に3歳までの生育環境は、その後の成長に影響することは自明のことです。

 野菜も苗を移植するとき、念入りに植えなければ、根付きが悪く、成長が悪いか、酷いときには枯れてしまします。

 子供は、歩き初め、もの心付き、野菜は移植後、根が付き始めると、成長が一気に早くなります。
 子供も野菜も最初の育て方が、大切だと言うことがよく分かりました。


 何か、解りきっている事が、やっと75歳になって理解できました。

 明日も孫の悠晴が、やって来ますので、大事に接して、少しでも物わかりの良い子供の育てたいと思います。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:40| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

面白い人の顔の表情

 昨日は、慈雨というか喜雨が降って、庭の木々も畑の夏野菜も元気が出ました。

 今朝は、新聞が休刊日でもあり、何時ものように朝が動かず、一寸戸惑いました。
 朝食の後、畑に行きましたが、強風のために、黒ビニールが、風で吹き飛ばれそうだったので養生しました。

 昨年の3月25日に誕生した孫の悠晴と平日は、生活を共にしています。
 生まれてすぐの頃は、あまり変化のない、赤ちゃんの顔でした。

 最近は、孫の顔を眺めていると、百面相とまでは生きませんが、顔に変化が見られるようになりました。

 孫は愛嬌が良いので、笑顔がとっても素敵で、手前味噌ですが、祖父の私の笑顔にそっくりだと、皆さんからよく言われます。

 その笑顔も、朝からやって来て、今日一日お世話になりますという笑顔がとっても素敵です。

 お菓子をねだって、お菓子を貰うときの満足そうな笑顔も面白いです。

 一緒に幼児番組を見ますが、まだ1歳なのでどれだけ、理解しているか分かりませんが、その真剣な顔には集聴力が見られます。

 余り泣くことはありませんが、真剣に泣く顔も根性と維持を感じます。

 毎日、孫の顔を観察していると、彼のB 型の正確の一端も解るようになりました。

 私達大人も喜怒哀楽によって、色々と顔に変化があります。

 私は、普通の人より表情が顔に出るタイプなので、嘘はつけません。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 15:55| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

熊日新聞読者文芸欄の知人の句

 今朝は、寒気団が九州まで勢力を広め、久しぶりに冷え込みました。
 昼間は、朝の冷え肩に比べると、かなり暖かかったので、20日ぶりにゴルフの練習をしました。
 新型コロナウイルスのお陰で、外出出来無い人が多いのか、練習場は、客が多かったです。

 皆さんも私と同じ、色々な施設は閉館になり、イベントや行事は中止が多いので、家に閉じこもりがちです。

 私は、家では、毎日読書をしたり、バイオリンの練習をしたり、先日までは川柳番傘と川柳マガジンの川柳の投句で頭をひねっていました。

 今日、月曜日の朝刊には、読者文芸の川柳、俳句、短歌の優秀句が沢山掲載されています。
 何時ものことですが、今日も川柳仲間や知人の入選句がありました。
 川柳部門は、ほとんど川柳仲間ですが俳句部門には、知人のご主人や近所の人の名前があるので、自分の事のように嬉しいです。

 川柳仲間の川柳と知人の俳句を紹介します。
  川柳
  あの笑いまだ納得はしていない  上村千寿
  暖冬の目覚めに揉める土筆たち  岡田理子 
  宅急便宛名は妻の物ばかり    高尾弘道

  俳句 
  若鷹の逆風突いて天に舞う    一門賢昭
  九十翁の畑の白菜槙固し     吉田丈夫
  軍艦島望む岬の雪中花      坂口美保子

 川柳部門の一席の句に共感しました。
   丁寧に拒んでいます「大丈夫」  廣野香代子

 私も一句捻って見ました。 
   「頑張って」言って良い時止めるとき 萬風


    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 16:51| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

一十百千万の健康法

 何時もの朝のように、5時半に起きて、早速朝刊に、目を通し、先ずは、政治学者姜尚中さんのわたしを語るを読みましたが、姜さんの生き様が色々展開されて行くので、毎朝、楽しみがら読んでいます。

 また、今日の朝刊に、姜さんが12名の政治家と対談をして「政治家とは何か」を語り合う記事がありました。
 1回目の対談相手は、自民党元幹事長の石破茂さんでした。
 早速スクラップをしましたが、対談12人のものもスクラップして、対談の政治家の思いを聞きたいと思っています。

 読者のひろばには、意見や提言のコーナーもありますが、面白い意見や貴重なものもあるので、毎朝読んでいます。
 今日の読者のひろばにちょっと面白い意見が投稿されていました。
 私の健康法は、「一十百千万」という話で、毎日頑張っておられるようです。
 その内容は、一読、十笑、百吸、千字、万歩のようです。
 1日に1度は、まとまった文章を音読しながら読もう。
 1日に、テレビのお笑いなど見て10回笑おう。
 1日に、100回ぐらい深呼吸をしよう。
 1日に、千字ぐらい文字を書こう。
 1日に一万歩を目指して歩こう。
 この方は、一万歩が、少し無理するので八千歩ほど毎日歩かれているそうです。
 他の4つは、毎日励行されています。

 私は、一読、十笑、百吸は、出来ていますが、千字は書いていませんが、せいぜい三百字程度です。
 一万歩は、最近出来ていませんので、これから努力します。
 兎に角、後期高齢者になったので、健康には留意しています。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 17:30| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

鬼の居ぬ間に趣味三昧

  三月に武者人形のはや出番   萬風

 閏年の2月も終わり、今日から3月です。
 弥生の月に入ると、雨の日が多くなるそうですが、まさに、今日は春雨がしとしとと降り続いています。
 昨日と今日は、孫の悠晴は、爺ちゃん家に来るのはお休みで、マンションでパパとママの3人で水入らずで遊んでいるようです。
 孫の悠晴を「鬼」と言っては、可愛そうですが、鬼が居ないので、今日は趣味三昧の一日です。
 朝刊ををゆっくり読んだ後は、昨日の夜から読んでいた池波正太郎の愛蔵版池波正太郎の「男の作法」を読みました。
 読書にちょっと飽いたら、バイオリンを引き出して2時間ほど、「ふるさと」と「ロングロングアゴー」の2曲を練習しました。
 午後は、以前買っていたアーサー・ルービン監督作品の「オペラの怪人」DVDを鑑賞しました。
 この作品は、「オペラ座の怪人」としてミュージカルにもなり、数々の映画化もされました。
 怪人を演ずるのは名優クロード・レインズで、怪奇映画として、感動を覚えました。
 暇があったら、もう一度見たいほど面白かったです。

 小説「男の作法」は、食べる、住む、装う、付き合う、生きるの5つの章からなっていますが、やっと「食べる」を読み終えました。
 刺身のわさびの使い方、そばの食べ方、ビールのつまみは、ポテトがあってるなど、色々と食べ物について教えて貰いました。
 今夜は、「住む」の章を読み終わればと思っています。

 明日は、悠晴がやってくるので、一緒に遊びます。


  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




posted by osamu at 16:59| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

我が家の庭も春の息遣い

 今日、第四木曜日は、バイオリンのレッスンが、午前と午後に行われ日ですが、2つともお休みでした。
 午前中は、2時間ほど、練習しましたが、どんなに練習しても、バイオリンの難しい事が深まるばかりです。

 何時も月末に届く川柳マガジンが、今日届きましたので、早速ページを捲ったら、一句だけ古閑萬風の名前を探すことが出来てホッとしました。
 先月の全没がトラウマになり、今月はドキドキしていました。

 今月号の投句は、じっくり腰を据えて作句したいと思っているところです。

 ここ数日、庭に目白が10羽ほどやって来て、私や孫の悠晴を楽しませてくれました。

 お昼頃に、我が家の台所に、何故か、一匹の紋白蝶が入り込んで、部屋中を飛び回れました。
 孫の悠晴は、テレビでは見ているものの、実物の蝶を見て、吃驚すると同時に大はしゃぎでした。

 庭では、水仙、パンジーなど色々な花が所狭しと咲いていますが、あじさいも若い芽を吹き始めています。
 暖冬のせいか、我が家の庭にも、早々と春の息遣いが見られます。

 今日は、昨日買ってきたブロッコリーの苗6株を、庭の茶園場に移植しました。
 早く暖かい春が来て欲しく、首を長くして待っています。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:35| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

久しぶりに庭に目白が押し寄せる

 昨日は、熊本城マラソンが行われ、完走者の数は、昨年より1割ほど落ちたようですが、激しい雨の中で、多くの選手が完走したのには、頭がさがります。
 今日の新聞を覗くと、マラソンに纏わる記事が沢山ありました。
 三つのマラソンの、それぞれ男女の優勝者のコメントもありました。
 また、マラソンを始めたきっかけ、何故マラソンに参加したかなど、それぞれの思いを見ることが出来ました。

 今日、午後にバイオリンの練習をしていたときに、ふっと窓の外を覗いたら、目白が10羽ほど、活発に飛び回っていました。
 数日前に、ホオジロが2羽来ていたのでみかんを二つに輪切りしたものを数個、庭石の上に並べておきました。

 そのみかんを目当てに来たのかも知れませんが、1年ぶりに、庭で、しかも10羽ほどの目白と会えてとっても懐かしく感じました。

 父が元気だった頃は,父が籠の中に数羽の目白を飼っていたので、籠の中の目白の鳴き声を聞いてやってきていました。
 今年は、閏年で、4年に1度の2月29日が、父の祥月命日に当るので、目白が庭に来たのも、何かの縁を感じました。

 久しぶりに、ちょっと寒かったけど、バイオリンの練習に飽きたので、ゴルフの練習に行って、体を解しました。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:55| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

雨の中の熊本城マラソン

 今日は、恒例になった第9回熊本城マラソンが、雨の中に行われました。
 コロナウイルスのこともありましたが、熊本市長の英断で行われたようです。
 出走前の、大西市長は、大変気合いが入り、参加者には元気づけになったようです。

 今回は、コロナウイルス、更に雨だったので、大会実行委員会では、マスクと上位の雨合羽も準備されました。

 同時に行われた熊日30キロロードレースには、3月の東京マラソンで、五輪代表を狙う設楽悠太選手が出場して優勝をしました。

 私の娘婿も、一昨日体調が良くなかったので、出場が危ぶまれていましたが、奇跡的に良くなり、無事に今日出場できました。

 私達夫婦と娘、孫の悠晴で雨の中家に近くの沿道で応援をしました。

 一昨日の体調不良のこともあって、途中でリタイアも想像していましたが、制限時間の7時間より30分早く、ゴールイン出来ました。
 きっと、孫の悠晴へのプレゼントをしたくて、必死に頑張ったのではないでしょうか。

 今日の雨の中での力走で、ランナーに風邪などの病気にならなければと心配しています。

 私は、応援のあとは、雨も降っていたので、5時間ほど、根を詰めてバイオリンの練習をしました。
 練習の甲斐が有って、やっと弓が弦の上を滑るように弾くテクニックが理解できました。
 これからも、日々練習あるのみと、自分自身に言い聞かせています。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:22| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

益城川柳教室2月句会

 今日の午後は、毎月第二金曜日に行われる益城川柳教室の2月句会が木山公民館で開かれました。
 8年前に、当時の熊本県川柳協会の会長だった田口麦彦さんと一緒に始めました。
 会長として、熊本県内の川柳の裾野を広げたいという気持ちで始められたと思います。

 1年後に、田口麦彦さんは、講師の座を私に譲られたので、まだ講師の資格などなかったとは思っていましたが、講座生の方と一緒に川柳を勉強したいと思い引き受けました。
 講座生も最初は、10名程度で、一番多かった時でも13名でした。
 講座生の多くが、高齢者が多いこともあって、最近は高齢者がお止めになり、8名になってしまいましたが、和気藹々の講座で、楽しんで句を詠んでいます。
 今日の課題は、ペットでしたが、皆さん、素晴らしい句を詠まれました。

 今日の川柳教室で、熊本の川柳の草分け的存在の田中鳴風(本名辰二)先生の句会の会報が綴って有るのを頂きました。
 その会報の中に、鳴風先生の講話や古句の研究が掲載されたので、その一部を読み、これは貴重な資料だと実感しました。
 出来れば、川柳仲間の力を借りて、記録として残したいと思ったところです。


  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:09| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

昔楽しんだ陶芸を懐かしむ 

 熊本市役所を退職して、やがて16年ほどなりますが、退職後1年ほどして、退職金の一部を使って、多くの陶芸の道具を購入しました。
 先ずは、手轆轤などの最小限度の道具でしたが、面白くなり、電動轆轤、電気釜、30種類の釉薬などエスカレートしていきました。

 陶芸は、それまでやったことはなく、在職中、公民館の陶芸教室を見学した程度でした。
 陶芸の教本を何十冊も買って、あれやこれや、勉強をして、皿、湯飲み、徳利、花瓶など小物から中物位は、挽けるようなりました。
 また、陶芸をやっている知人の数人の所にも行って武者修行を行いました。

 その頃は、趣味として、写真、ゴルフ、川柳などもやっていましたが、夢中になったのは陶芸でした。
 やがて、川柳に夢中になり、熊本県川柳協会の会長という大役を引き受けてから、少しずつ、陶芸から遠のいて行きました。

 更に追い打ちをかけるように、熊本地震でに使っていたアパートが半壊になり、釉薬もすべて溢れてしまい、熊本地震を機に、轆轤と別れました。
 震災後、電気轆轤など貰って貰う嫁入り先を探しましたが、見つかりませんでした。
 やっと、今年に入り、陶芸仲間が嫁入り先を探してくれたので、電気釜、電動轆轤など一切を貰っていただきました。

 朝ドラ「スカーレット」では、信楽焼を中心に物語が展開されているので、毎朝、朝ドラを見ながら、轆轤を挽いていた頃が懐かしくなります。

 熊日新聞の読者ひろば「わたしを語る」では、陶芸家山本耕一さんの「虚を注ぐ」が連載されています。
 毎朝、この連載を読んで、陶芸の奥の深さを改めて感じています。

 陶芸は、かれこれ8年近く頑張りましたが、色々と勉強も出来ました。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 17:34| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

地球儀がコロナウイルスで大騒ぎ

 二日前から、孫の悠晴が風邪を引いたようです。
 昨日も、今日も爺婆保育園に来ていたので、妻と一緒に、看病をして一寸疲れました。

 今日は、風邪もかなり良くなり、食事も何時もと変わらず旺盛で、風呂も一緒に入りましたが、元気にはしゃいでいました。
 娘夫婦は、今日、1年住んだマンションから、姪の住んでいたマンションに引っ越しをしたので、悠晴も、二回目の新居での生活が始まります。

 久しぶりに、畑を覗いたら、野菜がいっぱい成長してしていましたので、軽自動車に入りきれないほど、収穫してきました。
 夜の食卓は、収穫したほうれん草、ブロッコリー、水菜、レタスなどが盛り沢山でした。

 しかし、野菜の成長だけでなく、雑草も生い茂っていました。
 明日から、数日は、草取りなどの畑仕事が、待っているようです。

 今日で1月も終わりですが、中国武漢で発生したコロナウイルスが、中国だけでなく、世界中の多くの国まで広がり、肺炎になった人が増え続けています。
 武漢では、多くの死者が出ていますが、中国以外の国での死者が出ないことを祈るばかりです。

 発生した当初は、マスコミなどの報道が大げさすぎると思っていましたが、ここ数日の状況から考えると、早急に対策を講じないと地球儀がパニックになる予感さえします。

 明日から2月ですが、今年は閏年なので、2月は29日まであります。
 私の父は、30数年前の2月29日になくなったので、今年は4年ぶりの祥月命日です。
 お坊さんを呼んで、お経を上げて貰います。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:06| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

新老人の会川柳教室新年宴会

 昨日は、一日中雨が降ったので、家に閉じこもり、ほとんどバイオリン三昧の一日でした。
 午前中は、インターネットのYouTubeのバイオリン独学シリーズで色々学びました。

 昼食を挟んで、午後は、バイオリンを手にふるさとの曲を何度も練習しました。

 その後は、2月の個人レッスンから教えて貰うロングロングアゴーの曲の勉強をしました。
 まだ、ふるさとが十分に弾けないのですが、一寸難しいロングロングアゴーに挑戦することになりました。

 今まで縁遠かった音楽が、バイオリンを始めたことで、身近に感じて、色々と音楽に関する知識を貪欲に吸収し始めました。
 就寝前に、音楽の本、とりわけバイオリンの本を読み、色々吸収できることが楽しみです。

 今日の句会はお休みにして、毎年恒例の新老人の会の新年宴会が、行われました。
 新年宴会と言っても、ほとんどが女性なので、お食事を兼ねての新年宴会です。

 今日は、川柳の話はほとんど無く、今の世界情勢や大相撲一月場所の熊本出身の正代の話で盛り上がりました。
 高齢の方が多いのですが、皆さん元気で、今年も頑張りたいという声を頂き、私も負けて居れないと感じました。

 今日も孫の悠晴が、爺婆保育園やってきて、元気に遊び、私達夫婦を楽しませて、夕方には元気に帰りました。

 帰り際に、これまでバイバイが出来ませんでしたが、今日は自分で手を振ってバイバイをして帰りました。
 改めて、孫の成長を感じ、喜んだ一コマでした。

 7時過ぎには、横浜の孫と電話で会話しましたが、保育園が終わった後、公文で100点取ったことや料理教室でチャーハンを作った話を聞いて、横浜の馨も頑張っているので感激しました。

 兎に角、孫は男のこ2人なので、元気に成長して貰いたいです。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




posted by osamu at 20:50| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

第162回芥川賞、直木賞の受賞者決定

 昨日、第162回芥川賞及び直木賞の選考会が行われ、芥川賞には、古川真人さんの「背高泡立草」に、直木賞には、川越宗一さんの「熱源」に決まりました。
 これまで、ほとんど両賞の本は買って、購読してきました。
 しかし、最近は、内容が、難しいような気がして、途中まで読んで、最後まで読まなかったものもあります。

 受賞するには、一寸テクニックを使って、書かなければ入賞は難しいのかも知れませんが、読み易い内容が、気楽に読めます。

 古川さんの「背高泡立草」は、デビュー以来書き続けてきた、九州の小さな島にルーツを持つ一族の物語のようですが、書評を読んだ限りでは、一寸難しそうです。
 川越さんの「熱源」は、樺太が舞台の歴史小説のようです。
 これも一寸難しそうですが、二冊とも、書店で読んでみて、気軽に読めるようだったら、買って読みます。

 今回の受賞者は、二人とも男性で、しかも、古川さんが福岡県、川越さんが鹿児島県の出身で、二人とも九州の人なので、近親間が持てます。

 私も、昨年から、物を書くグループの仲間に加えて貰い、自分の事や、趣味のことを書きたいと思っています。
 構想は、出来ていますが、まだ、書けていないのが実情です。

 明日は、久しぶり、ゴルフに誘われたので、楽しみながら、頑張ってきます。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 16:27| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする