2017年12月06日

川柳句集「野球拳」

 今朝の冷え込みは、今年一番でした。
 天気予報で、冷え込みは予想していたので、布団は暖かめにして寝ていたお蔭でゆっくり寝れました。
 朝早くからの畑行きは、寒かったので朝ご飯を食べた後で出かけて、昼も忘れて午後1時まで、イチゴの保温のためのビニールを張ったり、ニンニクに雑草が一杯だったの除草をしました。
 畑の貯水漕には、3ミリほどの氷が張っていましたが、冬の野菜は元気でした。
 大根、玉葱、水菜、チンゲン菜、ほうれん草、レタスなど野菜の収穫も沢山出来ました。
 
 今日は、私の書棚の川柳句集「野球拳」を紹介します。
この前田伍健句集「野球挙」は、どのよううにして手に入れたか覚えていないが、私がいつも使う川柳の参考書の中に混じっています。
 前田伍拳は、本名は前田久太郎、雅号も五拳の他に五剣、伍健などいくつか持っていたようです。
 生まれは明治22年3月高松市生まれです。
 また、この句集の序文は。岸本水府と麻生路郎が寄せられているように、二人とも交友があり、仲が良かったようです。
 前田伍拳は20代に、愛媛県川柳界の大御所「窪田而笑子」の指導で川柳界に入っている。
 この句集は、昭和37年、伍拳亡きあと、息子の欣一郎さんが出版され、私が所持している物は、平成12年「伍拳40周年記念」に、愛媛県川柳文化連盟から復刻版として出版されたものです。

 私は、時折書棚から取出し、寝床で読み耽りますが、分かりやすく、見やすい句が多いのが印象的です。
 まだまだ、この句集について紹介したいのですが、ここら付近で止めておきます。
 続きは またの機会にします。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月04日

私の川柳の参考書

 今朝は、ちょっと寒かったけど、6時半頃から畑に行って、イチゴの水遣り、その後漬け物用の大根を30ほど収穫して、家で大根を洗った後、数本づつ縛り、天日干しをしました。
 数日後に亡母に教わった通りに、塩漬けにし、その後、糠などを使って本漬けをします。

 私は、川柳を始めて今年で20年になりますので、この期に句集を発行しようと、今年の初めに決意しましたが、全然手付かずの状況です。
 特別に忙しいわけでもないのですが、なかなか始める気になりません。
 来年こそは、頑張らなければと思っていろところです。

 川柳を始めたばっかりの頃は、川柳の参考書を古本屋で数冊探し、それを使って勉強しました。
 現在では、私の川柳仲間田口麦彦さんの参考書十数冊を始め、沢山の参考書が本棚数段に所狭しと並んでいます。
 多くの先輩から貰った参考書が一杯ですが、特に、先日田口麦彦さんが熊本地震で家を解体されるということで、5月頃に、百冊近くの参考書特集を貰ってきたものがあります。

 私は、現在二つの川柳教室で講師をしていますが、教室で使う教材の資料作りには、奥田白虎編の「川柳歳事記」と新旧の番傘川柳一万句集を主に使っています。
 
 今年の6月の全日本川柳札幌経大会の会場で、江畑哲男著の良い句をつくるための「川柳文法力」、新家完司著の「川柳の理論と実践」を買ってきたので、暇を見つけて読んでいます。
 これまでに多くの参考書を読みましたが、川柳の奥の深さには痛感します。
 また、多くの方の句集も沢山あるので、毎晩少しずつですが、多読に努めています。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月02日

2017人権啓発作品受賞式

 今日も昨日ように、青空の見える素晴らしい天気で、昨日ほどにはありませんが、頬をひんやりとした風が叩いていました。
 今日は、午前、午後と忙しい、しかし楽しい一日でした。
 午前中は、毎年行われる熊本市人権啓発市民協議会の人権啓発作品の優秀者の表彰式が熊本市役所で行われましたので審査員として参加しました。
 かれこれ7、8年ほどから人権啓発作品の川柳部門の審査員を務めていますが、表彰式に毎回参加しています。
今年度は、絵、ポスター、詩、標語、川柳などに、幼稚園、小中学校の部で2546点、一般の部で601点の力作が寄せられました。
 各部門での最優秀賞、優秀賞に、大西熊本市長から表彰状が授与されました。
 賞状を受け取る子供達の笑顔とキラキラした瞳は、印象的でした。

 午後は、熊本県立劇場で行われた俳優座劇場プロデュースの「12人の怒れる男たち」を鑑賞しました。
 あらすじは、1人の少年が父親を殺したという容疑に、有罪(死刑)の宣告を与えるか、無罪の評決を提出するかの決定をしなければならない。
 予備投票では、有罪11表、無罪1票。
 少年の容疑は動かしがたいように思えたが、無罪票を投じた陪審員の発する「我々が問題にしているのは、ある人間の命だということです。もし間違っていたらどうしますか?」
 陪審員の空気は一変し、男たちの討論は白熱していき、最後は全員が無罪票を投じたいくストーリーで終ります。
 とっても素晴らしい劇を鑑賞できました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年11月27日

句集「飯茶碗」文学賞ダブル受賞

 横浜で孫と楽しんで、家路についてから4日ほど経ちますが、私はまだ、横浜で生活から日頃の生活に戻っていません。
 ちょっと、ぼんやり気味です。
 孫は、昨日、両親とみかん狩りを楽しんだようです、その写真の動画が数枚送ってきました。
 楽しそうに大きな蜜柑をもぎとっていました。
 今日から保育園、欠席していた保育園には、喜んで行けるか心配です。

 一昨日は、午後から柳川市行って、川柳葦群主幹の梅崎流青さんの栄えある川柳界の賞である第6回「日本現代詩歌文学館館長賞」と第10回「川柳文学賞正賞」受賞を祝う会に参加してきました。
 祝う会には、柳川市の文化協会会長をはじめ、地域の知名士、九州在住の川柳作家、川柳葦群の会員、総勢80名が参加して、素晴らしい祝う会になりました。
 また、川柳葦群の仲間3名が、謡いを披露され、美声に酔うほどに綺麗な声を楽しみました。
 熊本からも13名の川柳仲間がつめかけ、祝う会に花を添え、ついでに来年6月の全日本川柳熊本大会の参加もお願いしてきました。
 梅崎流青さんの今回の受賞作となった「飯茶碗」は、流青さんの句集「蟹の葦」に次いで二作目の作品です。
 一作目から21年を経過して、折しも古希を記念して上梓された作品です。
 流青さんの作品は、川柳歴の短い私のとっては難しい作品も多いですが、何度も読んで、懸命に勉強しています。
  それでは、梅崎流青 句集「飯茶碗」の作品の中から5句ほど紹介します。
  ならば問う葦より強き日とありや
  戦などあるな飯つぶ輝かす
  奇形魚になった泳いでいる内に
  守らねばならぬ家あり墓洗う
  飢えしのぐ本を一冊くださいな
  如何ですか。私にも、何時こんな句が作れるか。作って見せます。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年11月25日

東っ子まつり「子ども川柳」のお礼の手紙

 今朝は、久し振りに、畑の見回りに行って、新鮮な大根、玉葱、ほうれんそうを収穫してきました。
 特に、おでん用の大根は、直径12センチ、長さ60センチほどの立派な物が収穫できました。
 4日ぶりに行った畑でしたが、やっぱり畑に行くと心が落ち着き、癒されます。

 昨日の夕刻に、日吉東小学校の先生が訪問されて、先日行われた東っ子まつりの「子ども川柳」に参加した児童たちからお礼の手紙を持って来ていただきました。
 15名全員が、とても楽しい時間が持てて、面白い川柳を教えていただきましたと感謝の言葉など沢山有りました。
 15名の内に4名は、昨年の川柳教室が面白かったので、スキルアップしたくて、今年も再挑戦したそうです。
 また、これからも続けて、良い川柳を作りたいという児童も数名いました。
 私は、これまで何度も子供たちの手紙に励まされて、「子ども川柳」を続けてきました。
 改めて、続けて来てよかったなと思っています。
  
 また、来年の全日本川柳熊本大会へ投句も、学校全体で取り組んでいただけることを校長先生と約束が出来ています。
 これからも、子ども川柳が地域に根付いて行けば、大変うれしい所です。

 今日の夕刻は、「川柳葦群」主幹の梅崎流青さんの「現代詩歌文学館館長賞」と「川柳文学正賞」の受賞を祝う会が柳川市の「料亭御花」で行われるので参加します。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年11月20日

ブログで川柳句集の紹介に挑戦

 今日は、4回目の休肝日です。
 少しだけでもいいので、飲みたいと思いながら、じっと我慢しました。
 休刊日を設けて良かったのは、晩酌をしたら、いつも、うとうとと眠りはじめますが、休肝日は眠くないので、本を読んだり、好きテレビも見ることができます。
 今晩は、ブログを書いた後は、本を読むつもりです。
 
 私がブログを書き始めてから10年を超え、回数も今日で2547回になりました。
 よくもこんなに長く続けることが出来たものだと、自分自身を褒めたくなりました。
 ブログのネタが中々見つからなかったり、眠い中で書いて誤字脱字のたびたびありました。

 私の書棚には、川柳マガジン、川柳番傘、川柳ふんえんなどの月刊柳誌、沢山の川柳の参考書、多くの川柳仲間の句集が所狭しと並んでいます。
 特に句集は、私が川柳仲間から貰ったものや買ったもの、先輩の方から貰ったものなどが100冊を超えるほどあります。
 これから、週に1冊程度の句集を紹介したいと考えました。
 上手には紹介できませんが、ご期待ください。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年11月12日

地元小学校の「東っ子まつり」 校区小学校の「東っ子まつり」

 数日前の雨のお蔭で、移植して高菜は成長し、種を蒔いた熊本京菜、水菜などは芽が出はじめました。
 毎朝短い時間ですが、イチゴの水遣りや草取りをやっています。
 昨日は、毎年11月日吉東小学校で開催される「東っ子まつり」の子ども川柳の講師として参加しました。
 東っ子まつりは、地元の人生の先輩が講師となって、陶芸、生け花、音楽、伝承ごと、英会話などの17種類の分野で、子供達と一緒に学習しながら、お互いの絆を深めるイベントです。
 私が講師を務めた子ども川柳は、15名の4年生と5年生の児童が参加しました。
 事前に、来年熊本で開催される全日本川柳熊本大会のジュニアの課題「豊か」「座る」「パワー」のそれぞれを1句づつ、句を作って貰い、その作品を中心、授業を進めました。
 15名の内ほとんどの児童が、川柳をつくることは初めてでしたが、それなりの川柳らしい句を作っていました。
 最後に、新しい句を作ってもらいましたが、結構簡単に作って呉れたので、子供の順応性には感心しました。
 和気藹藹の中で、楽しい1時間半を過ごしました。

 今日の朝刊に熊日短歌大会の記事が有りました。
 この大会の最高賞の天賞には、昨年に引き続き熊本市在住の川内悦子さんが入賞されていました。
 天賞の句は、遠距離恋愛CMと自新過去の経験を重ねて読まれた句で
   「遠距離に昔みつめき金婚の二人みつめる冬のオリオン」です。
 大会では、大会選者の吉川宏志の「短歌の発想法」と題して講演が有ったそうですが、歌づくりの重要なポイントについて話されていました。
 そのポイントとは、「動詞」「人が見ないもの」「省略」「比喩」「リズム」との5点を提示されていましたが、川柳の句造りと共通しているのには吃驚しました。
 短歌にしろ、俳句にしろ、短詩文芸、である川柳も作り方のポイントは、殆んどそっくりだと感じました。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月27日

熊本地震の復興を詠む句集

 今日も、昨日のように青空が見え、昼間はちょっと暑い一日でした。
 朝起きて、朝刊を読んだ後、畑に直行してさつま芋の収穫と苺を移植する準備をしました。
 久しぶりに、ちょっぴり汗が出て、働いた実感が出来ました。
 午前中に、日吉東小学校に行って、先日の熊日川柳大会のジュニアの部の優秀句、特選句、秀句の書かれた掲示用の物を校長先生に渡してきました。
 今年は、日吉東小学校、日吉東小学校を卒業した日吉中学校の生徒の作品が、例年の3倍ほど入選したので、校長先生は、大変喜ばれました。
 熊本県川柳協会では、今年の初めに、昨年の4月の熊本地震を川柳で詠んだ句集「熊本地震の記憶」を発行し、全国の吟社、熊本市の小中学校を始め被災した地域の学校に配布して大変喜ばれました。
 また、多くの川柳愛好者にも買って頂き、読んでもらいましたが大変好評でした。
 このような経験を踏まえ、地震から復興している様子などを川柳で詠んで貰い、「復興の句集」を作りたいと川柳仲間と準備を進めています。
 多くの方の投句を通じて参加して貰い、素晴らしい句集を、熊本川柳協会で上梓しようと川柳仲間と頑張っています。
 被災者を始め、多くの方々に投句して頂きたいと思います。
 句集が出来た暁には、多くの方に読んで貰いたいものです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月03日

2017人権啓発作品審査

 今日の午前中は、毎年10月の初めに行われる熊本市人権啓発市民協議会と熊本市・熊本市教育委員会が人権啓発作品を募集した優秀作品の審査が、熊本市役所の会議室で行われました。
 私は、ここ数年川柳部門の審査員を務めてきました。
 今年の応募作品は、昨年の熊本地震で少なかった応募作品よりかなり増えました。
 多くの応募作品の中から、最優秀句一句、優秀句二句を選ぶので、大変気を使います。
 私は、熊本県川柳協会の会長という立場で、色々な所の審査を行っていますが、審査をするたびに、自分の実力の低さに直面し、日々勉強しています。
 しかし、川柳の奥の深さも理解し、自分の句を作るように努めていますが、大変難しいです。
 今日も衆議院議員の選挙関連のニュースが、どのチャンネルでも報道に余念が有りません。
 毎日、刻々と変化する選挙戦、希望の党を中心に朝令暮改の状況です。
 投票の結果が読めない状況に、国民はどう思っているのでしょうか。
 兎に角、国民の為になる政治を行ってくれる議員が選出されることを望みます。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月02日

毎月購読の川柳誌から学ぶ

 今日は、朝からしとしとと、午後はかなりの雨が降り、先日まで畑に野菜の種を蒔いていたので、慈雨と喜んでいるところです。
 今日は、雨のために、外に出かけることも無く、川柳関係の資料作り、川柳大会の句作りを行いましたが、中々か佳吟は詠めませんでした。
 また、ビデオに撮っていたゴルフも、幾つか鑑賞できました。
 月末から月はじめになると、私が購読している月刊誌の川柳ふんえん、川柳マガジン、川柳番傘、熊本番傘お茶の間川柳会「壺」、季刊誌川柳「葦群などの」の川柳誌が送ってきます。
 すべては、なかなか読めませんが、時間を作って、なるべく読むように努めています。
 これらの川柳誌には、川柳に造詣の深い先輩たちが、いろいろ寄稿されていますが、勉強させて貰っています。
 また、私は二つの川柳教室を主宰していますが、これらの柳誌から多くの資料を使って、講座生の方達と一緒に川柳の事について学んでいます。
 これらの柳誌を読んでいると、川柳の奥の深さも分かり、益々川柳について学ぶ喜びも感じます。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年09月08日

益城川柳教室9月句会

 今朝は、秋の気配を感じる少しひんやりとした中で目覚めました。
 また、一日中雲一つない青空で、もう秋が訪れたのかと思うほどでした。
 午後から、毎月第2金曜日に行われる益城川柳教室9月句会が、町営住宅の集会所で行われました。
 この教室は、昨年4月の地震以降は、木山公民館で行われていましたが、木山公民館が地震で起きたひび割れの工事のために集会所に変更になりました。
 句会を始めて40分経った頃、熊本市を震源とする震度4の地震が起きて、ここ益城町でも震度3を感じました。
 私は、震度3程度の余震には慣れて、あまり怖くありませんが、講座生の皆さんは、一寸した余震にも恐怖を感じられていたのが印象的でした。
 昨年の地震の酷かった益城町の皆さんは、一寸した余震にもトラウマになっているようです。
 講座生の9名の内3名が、現在も仮設住宅に入居されていますが、2めの方は、、新居が出来上がったそうです。
 大変お世話になっている仮設住宅を1年半ぶりに、退去できるので、大変喜ばれていました。
 昨日の句会での講座生の方の佳吟です。
  菊人形武士の姿も凛として   千賀子
  野菊と手人目見たいと背伸びする  克成
  菊作り目が離せない虫と水   恵美子
  直虎が菊の鎧で甦る   英司
  菊人形皆をもてなし誇らしげ  ひろ子
  明明と今夜も菊は被を浴びる君代
  何万の菊祭壇へ効く手向け  康子
  天皇の退位労う菊の紋  萬風


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年09月04日

ジュニア川柳の普及・拡大

 今朝は、久しぶりの慈雨というか喜雨が降り、庭も畑もすっかり湿り、木々も野菜も元気が出たみたいです。
 午前中は、雨だったので、これからある川柳大会などの句を作ったり、読書でしました。
 午後は、健康とボケ防止のためのゴルフの練習を今日も頑張りました。
 今日の話は、川柳仲間と普及・拡大を頑張っている「ジュニア川柳」の話です。
 県内のジュニア川柳は、現在、熊日川柳大会や地元デパートの行っている「母の日川柳」「父の日川柳」などを通じて、普及・活動を頑張っていますが、中々結果が出てないのが実情です。
 今年は、来年の全日本川柳熊本大会の機会を利用して、ジュニア川柳の普及・拡大を川柳仲間と行っています。
 私事ですが、先日、生命保険の事で販売員の方が来られた際に、熊日川柳大会のお話をしたら、本人も小学生の娘さんも俳句を嗜んでおられました。
 何故俳句を作っているのかとお聞きしたら、二人とも俳句の大家「中村汀女」が育ったえ画図町育ちで、画図小学校で学んでいて、画図小学校をは、学校を上げて俳句をやっているそうです。
 そこで、私は、川柳のお話をして、熊日川柳への投句をお願いしたら、快く引き受けられ、娘さんの友達にも進めて頂くことになりました。
 このように、ちょっとした機会を捉えて、ジュニア川柳の普及・拡大を頑張っていますので、何時かは良い結果が出ることを信じています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月30日

へちま座合同句集「へちま」

 昨日は、私が講師をしている新老人の会川柳教室の日でした。何時もなら第4火曜日に行われるのですが、教室が取れず、第5火曜日なりました。
 この教室も10名で始りましたが、現在は15名の生徒さんになり、2時間では時間が足りなくなりました。
 ほとんどの方が、72歳の私と同じ位か、私より年配の方ばかりですが、当初より皆さん、大変上手になられました。
 先日から、27日に宮崎市で開催された宮崎県現代川柳大会のお話を書いていますが、今日も、宮崎の川柳作家の川柳句集の事です。
 2度目の宮崎現代川柳大会に参加して、宮崎の川柳作家の方達のレベルの高さを痛感しました。
 その高いレベルの裏には、私が尊敬する間瀬田紋章さんの指導力が垣間見られました。
 その一つが、宮崎橘川柳へちま座の存在だとも思ったところです。
 私の手元に、今年の6月の噴煙川柳大会の時に、宮崎県現代川柳大会の藤井秀坊実行委員長から頂いたへちま座合同句集「へちま」あります。
 貰った夜に、2時間かけて18名の会員の作品と5名物故会員の作品を読みました。
 大会の後に本棚に確とあった合同句集「へちま」が取り出して、作品を読ませてもらいました。
 改めて、皆さんの作品を読ませてもらうと、とても洗練された作品ばかりだと気づきました。
 また、大会の披講の時に何度も呼名された楼太さん、秀坊さん、二子さん、れもんさん達の作品もあり、敬服をしながら読ませて貰っています。
 今度、紋章さんに会ったら、川柳の作り方、指導の方法を教えて貰いたいものです。
 来年の第7回宮崎県現代川柳大会の参加が楽しみになりました。
 来年は、8位までに入賞できるよう努力します。

    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月17日

着々と進む全日本川柳熊本大会

 今日の熊本地方は、先日までの猛暑とはいきませんでしたが、ちょっと動けば汗が滴る暑い一日でした。
 今日の私は、午前、午後と川柳の会議が行われ、川柳三昧の一日でした。
 午前の会議は、来年の6月に開催される全日本川柳熊本大会に向けての15回目の会議で、それぞれの部署の役員が参加されました。
 大会まで、残すところ9ヶ月となりましたが、役員も全日本川柳札幌大会の頃から、大会に向けての危機感を感じ、それぞれの立場で頑張って貰っています。
 今日の会議では、かなり突っ込んだところまで、議論が行われ、屈託のない意見が出されました。
 何が何でも、熊本での大会を引き受けた以上は、素晴らしい大会にしたいと皆が思っています。
 これからが、きめ細やかな問題に踏み込みますが、皆で一丸となって成功に邁進したいものです。
 午後は、私が会長を務める熊本県川柳協会の代表者会議が行われ、来年1月に開催される川柳大会の課題、選者の検討が行われ、スムーズに決まり、会長として安堵しました。
 これから、9ヶ月が大変ですが、兎に角、川柳人としての意気込みをみんなで温め、大会の成功に皆で努力したいものです。
 頑張ろう、熊本の川柳愛好者の皆さん。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月11日

今日は二回目の「山の日」

 今朝は、起きてお茶一杯を飲んで、畑に出かけ、耕運機で土を起こしたり、暫く取っていなかった雑草を取ったりと頑張りました。
 早朝だけと思っていたが、畑に行けば、あっちこっちに仕事が転がっています。
 朝ドラを見ながら朝食を取って、また、すぐに畑に行って11時半まで働いたので、8分ほどの除草ができました。
 午後は、毎月第二金曜日の恒例の益城川柳教室の日でした。
 地震の後は、教室が出来なかった月もあったり、教室が開かれても9名全員が参加できる日はあまりありませんでした。
 ところが、今日は久し振りに9名全員が参加しての和やかな句会ができました。
 今日の課題は「台風」でしたが、先の気難しい台風5号の事もあって、台風5号に因んだ投句が多かったです。
 今日の勉強会は、川柳マガジンの時事川柳を使って、始めて時事川柳の勉強をしました。
 意外と講座生の皆さんは、時事川柳に興味を感じられていてようです。
 今日は、2回目の「山の日」の祝日です。
 テレビを見ていたら、山の日の事は知っているかというアンケートに、知っている人が65%、知っていない人が35パーセントと意外に「山の日」を知らなかった人が多いようです。
 私も先日ゴルフ仲間に教えて貰って、数日前に知った次第です。
 今日のテレビでは、どのチャンネルでも山に纏わる番組が有りました。
 「海の日」が出来て、20年が経って「山の日」ができそうです。今後は、空の日、星の日、天の日といった宇宙に因んだ祝日もあっていいのではと、ひとり思ったところです。
 明日も朝早くから畑に行って、残りの作業を頑張った後、ゴルフの練習を励みます。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月05日

購読している川柳誌

 多くの人をテレビの気象予報を釘づけにしている台風5号は、奄美大島付近に居座って、停滞しています。
 私は、台風に備えて、昨日は畑の整理、今日は家のまわりの片付けをしましたが、一寸しただけで汗でびっしょりになる始末です。
 兎に角、先日の台風で庭の木は倒れ、畑の野菜も殆どが駄目になったばかりなので。今度の台風5号は、来て欲しくありません。
 南九州に上陸するのは間違いないようですが、宮崎寄りの予報が出ているので、少しはホッとしていますが、油断はできません。
 明日は、私の小学校校区の防災訓練が予定されていますが、実施できるかまだ決まっていません。
 明日は、丁度日曜日なので、どこもイベントが予定されているので、関係者は気をもんでいるようです。
 私は、毎月数冊の川柳誌を購読して、川柳の勉強に暇が有りませんが、川柳の難しさ、奥の深さを痛感しています。
 20数年来、愛読しているのは、私が所属している川柳噴煙吟社の「ふんえん」ですが、私の川柳の基本を指導して戴いた柳誌です。
 この他に、川柳マガジン、川柳番傘、川柳葦群を毎月購読していますが、どの川柳誌からもいろいろ沢山、教えて貰うことばかりです。
 これまで、川柳ふんえんと川柳葦群には課題吟、雑詠など投句をしていますが、今月から思い切って川柳番傘の課題吟とイメージ吟を投句します。
 これから、川柳マガジンにも頑張って投句したいと思っていますが、ちょっと自信がありません。
 投句することは、兎も角、購読することによって、川柳の奥の深さを自分なりに埋めていきたいと思います。
 ちょっと欲張り過ぎますが、前に向かって頑張るのみです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月01日

川柳界の巨星の死を悼む

 今日の熊本市のお昼の温度は37、4度で日本で2番目ので、一番は熊本県玉名の岱明町でした。
 今日は、朝から泌尿器科病院に行った後の午前中2時間、午後の4時から1時間ほど、この暑い中ゴルフの練習を頑張りました。
 この暑い中にも汗をたっぷり出して練習をしても疲れることも無かったので、自分自身の健康に吃驚しました。
 昨日、毎月購読している「川柳番傘」が送ってきたので、夜寝る前に読んでいたら、川柳作家大木俊秀さん死を知りました。
大木さんは、地元新聞に読者文芸の川柳部門の選者を、森中恵美子さんと同じ時期に、一昨年でしたか、島田駱舟さんと交替されるまで、長く選者をされていました。
 熊本の川柳作家、川柳愛好者の中には、大木さんから選んでもらった方がたくさんおられることでしょう。
 私の記憶では、噴煙の大会でも選者をされ、大変お世話になりました。
 大木さんは、日本の川柳の普及・拡大に尽力されたので、本当に惜しい方が亡くなられたと、全国の川柳関係者は残念で仕方がないことでしょう。
 大木蒐集先生のお酒の句で、皆が愛した句を2句
  肝臓に会って一献捧げたい    俊秀
  盃に散る花びらも酒が好き
 大木先生安らかにお眠りください 合掌



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月22日

二冊の川柳入門書

 今朝も昨日に引き続き梅雨らしい雨ではありませんが、しとしとと雨が降っていて、雨の音で目を覚ましました。
 畑は雨のお蔭で,湿っていて水遣りの必要もなく、昨夜から読んでいた川柳の入門書を朝起きぬけですが読みました。
 全日本川柳大会の会場で川柳マガジンを出版している新葉館が、川柳関係の本を販売しているとまだ持っていない。川柳入門書が数冊あったので、その中から2冊ほど購入しました。
 2冊の本は、俳句作家上野貴子・川柳作家江畑哲男監修の違いが分かる「初めての五七五俳句・川柳」と新家完司著「川柳の理論と実践」です。
 先ず、「初めての五七五俳句・川柳」は、帰りの飛行機の中、帰宅してからは寝る前に読んで、やっと今朝で176ページを読み終わりました。
 この本は、川柳と俳句の違い、共通点を通じて細やかに指導してあります。
 また、この本は川柳と俳句をコラボしたユニークな本で、快苦と川柳の違いと魅力が分かる素晴らしい本だと実感しました。
 また、川柳大会の会場では、著者の江畑哲男さんと少しですが会話できたのも大変な収穫でした。
 もう一冊の本は、川柳のおける重要項目を理論と実践から多角的にとらえた総合川柳入門書のようです。
 これからじっくり読んで川柳をさらに勉強したいものです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月15日

二つの川柳教室

 今朝も早くから畑に行って、何時ものように2時間ほど汗を流しました。
 数日前に種を蒔いた青首大根、紫水菜、九条葱が芽を出しました。
 背徴したキュウリ、オクラ、ニラを収穫してきたので、食卓に上ると思います。
 今日の話は、私がここ数年勤めている川柳教室の講座生の頑張りについてです。
 教室の一つの益城川柳教室は、毎年一年間の成果を卒業句集として100分ほど作成して、知人、友人に配布して川柳の理解に努めています。
 また、今年の3月末に熊本県川柳協会が出版した川柳句集「熊本地震の記憶」では、講座生の臨場感あふれた句を提供して貰い、多くに講座生の句が句集に掲載され、講座生の皆さんから大変喜ばれました。
 もう一つの新老人の会川柳教室では、新老人の会の会報に、講座生の作品が発表され、会員の皆さんには、大変人気があるよです。
 最初10名だった講座生も、現在14名に増えました。
 二つの教室を運営するのは、講師として、大変ですが、自分にもためになると考え頑張っています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月05日

鶴屋百貨店父の日川柳審査

 今日も30度を超す一日で、庭のあじさいも畑の野菜もぐったりしています。
 明日の夕刻から雨になりそうなので、祈る気持ちで雨をで待っています。
 明日の雨で、熊本も梅雨に入るのではないかという予報です。
 昨日は、妻と一緒に、菊鹿町の相良観音を参拝しました。
 ここ相良観音には、毎年2,3回妻と一緒に訪れていますが、今回は、息子が今年厄入りの年齢なので、無事を祈願してきました。
 今日の午後は、鶴屋百貨店主催の今年の「父の日川柳」の審査が行われ、川柳仲間10名で悪戦苦闘のうえ、一般の部と高校生の部から9句の入選作品を選びました。
 父の日川柳も今年で6回目を迎え、優秀な作品があっても、これまでの入選作品に似ている場合は、除外されるので、良い作品を選ぶのは大変です。
 また、何時もの事ですが、一般の部より高校生以下の部、とりわけ高校生の作品に豊かな感性が見られます。
 表彰式は、6月18日の父の日に鶴屋百貨店のサチライトスタジオで行われますが、私達多くの川柳仲間は、北海道札幌で開催される全日本川柳大会に参加するので、居残り組で入選句の寸評は行って貰います。
 今年も、母の日川柳も父の日川柳も多くの応募作品があって、無事に審査まで終りホッとしています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ