2021年01月23日

大学時代の勉強不足を悔いる

 今日は、一日中、しとしとと小雨が降ったせいもあって、寒さが和らぎました。
 珍しく家に閉じ籠もり、川柳の句を作ったり、本を読んだり、少しだけですがバイオリンのボーイングを、夕刻は、今日を含めて残り2日となった大相撲初場所を観戦しました。

 今日まで、物言いが3日続いてすべて勝っていた大関正代は、今日の一番は、照ノ冨士に善戦しましたが、土が付き、優勝に一歩後れをとりました。

 最近、大学時代の頃の夢をよく見るようになりましたが、その夢の内容は、学生時代あまり、勉強をしなかった事を悔いるものばかりです。

 私の学生時代は、学生運動の激しい頃で、更に、私の母校中央大学が、東京都内の学生運動の拠点となっていました。

 学校に行っても、休講が多く、友だちと連れだって、雀荘で麻雀で遊ぶ日が多かったです。
 その様な状況の中で、試験少なく、レポート提出でとった単位もありました。

 大学を卒業して、熊本市役所に入所しましたが、法学部出身ということで、法律と馴染みの深い仕事が多かったので、付け刃のように、法律の本を改めて開き勉強しました。

 最近は、そのような勉強不足を悔いて、色々の勉強に挑戦しています。

 私は、幼い頃は、あまり勉強をする環境のない中で育ったので、もう少し、良い教育環境にいたならば、俺の人生は、変わっていただろうとよく考えます。
 そこで、息子には充分な教育環境中で育てたつもりですが、今は、毎日孫と一緒にいるので、孫には、自ら学ぶ事が出来る教育環境を作ってあげています。
 その結果が出る頃には、私はこの世にいないはずですが、孫が喜ぶことを期待します。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:53| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

バイデン大統領就任演説

 アメリカの大統領選で勝利した民主党のジョー・バイデン氏が20日に、第46代大統領に就任しました。
 就任演説では「民主主義が勝利した」の宣言では、トランプ前大統領が、蔑ろにした「民主義の理念」を、改め問い直すものかもしれません。

 今日の熊日新聞の一面を使って「バイデン米大統領就任演説全文」が英和対訳で掲載されていました。
 私は、この記事をスクラップして、就任演説を読むと共に、英訳を読んで、英語の勉強を初めました。

 私は、英会話こそあまり上手く出来ませんが、英文を読むのは、かなり自信が有りましたが、単語の和訳も忘れつつ有りますが、かなり、専門的な単語があるので、久し振りに辞書を片手に頑張っています。

 オバマ大統領の就任演説は、CDを使って、勉強しました。
 頑張れば、呆け防止になるのではと、数日で読み上げます。

 今日も孫の悠晴は、我が家にやって来て、姪の娘「みやちゃん」と一緒に散歩したり、砂場で遊んでいました。
 二人とも大きくなったら、一緒に遊んだことなど忘れてしまうかもしれませんが、良い思い出になればと、沢山写真で残しています。

 今日も性懲りもなく、少しでも早く上手になりたいと、2時間ほどバイオリン頑張りました。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:25| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

お下がりの文化

 今日は、冬晴れの一日で、少しだけだが温かい日差しに誘われて、孫と近所の田圃を散歩しました。
 孫は、まだ田起こしの終わっていない田圃の稲株の上をよちよち歩きながら楽しんでいました。

 孫は、凧揚げが好きなので、店休日の隣の遊技場の駐車場をふんだんに使って、二人で空高く凧を揚げも楽しみました。

 コロナウイルスの影響で外出出来ないので、孫と遊んでいると、憂鬱な気持ちも癒やされます。

 孫と遊んだ後は、川柳三昧の午前中で、午後は、大相撲のテレビ観戦が始まるまで、ひたすらバイオリンの勉強を頑張りました。

 今日は、ちょっと「お下がり」について思いを巡らしてみたいと思います。

 私や弟が生まれた戦後(昭和20年代)は、すべてについて、物不足の頃でした。
 両親は、他所の子どもより、何かにつけて、与えてくれました。

 私は、長男だった事もあって、新しいものを買って貰い身につけていましたが、弟たちは、正月に新しいものを買って貰う以外は、お下がりが多かったようです。
 すぐ下の弟は、特にお下がりが多く、その下の弟は、すぐ下の弟がやんちゃで、着れなってしまうので、私と同様に新しいものを身につけていた記憶があります。
 お下がりは、着るものだけでなく、子供用の自転車、勉強机、玩具などもありました。
 勉強机といえば、小学校に上がるまでは、兄弟三人で、リンゴ箱を机にして、本を読んでいました。

 今の時代の子どもは、世の中が裕福になったので、お下がりはあまりありませんが、孫の悠晴は、玩具、洋服など立派なお下がりを親戚の子どもの物を頂いています。
 ほとんどが、あまり着ていない新品で、吃驚します。

 先日も、横浜の孫の馨から、玩具や洋服が、沢山送られてきました。
 特に、馨は一人息子ということもあって、センスのあるブランドものばかりです。
 悠晴は、そのブランド品を着ているので、皆から可愛いねと良く褒められて、笑顔を返しています。

 小さい頃は、成長が早いので、すぐ着れなくなるので、たくさん買っても勿体ないと思います。
 横浜の孫からは、洋服や玩具だけでなく、絵本や図鑑なども貰って、喜んで読んでいます。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:58| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

親しみを感じるようになった熊本弁

 今日も、冷たい風が頬を叩くような一日でしたが、10時頃の1時間はお日様が顔を出して温かったので、孫悠晴は、お外で遊んでいました。

 私は、久し振りに、特別な用事もなかったので、明日のバイオリンの個人レッスンに備え、たっぷり練習しました。

 最近は、曲を弾くというより、基礎練習が大切なのに、基礎が出来ていないので、ボーイングの基礎を2時間ほど行いました。

 午前中の練習でも、納得がいかなかったので、午後も2時間ほど練習を行いました。
 こんなに練習しているのに、バイオリンが嫌にならなく、楽しいのが、自分でも不思議です。

 今日の朝刊に、「ねまっとらん 懐かしい熊本弁」のタイトルで、ブラジル日本語センター理事長目下野良武さんのブラジルたよりに熊本弁に関する寄稿が有りました。

 この方は、後期高齢者と言うことで、ほぼ私と同じ世代だと思います。
 23歳まで熊本市で過ごされ、その後少しの東京生活、現在はサンパウロ市在住です。

 現在、人の名前は忘れることが多くなったけれど、熊本弁は良く覚えているそうです。
 「やるばなし、どんこんならん、ひっとずる、うったちばれのせん、はがいか、えしれんこつ」など、私でさえ、近頃は使っていない熊本弁が、次から次と浮かぶそうです。

 最近熊本では、熊本弁に関する話が多くなって、熊日新聞では、今日から使おう「英語で熊本弁」が連載され、興味があるのでスクラップして、楽しんでいます。

 私も熊本弁と英語にも興味があるので、自分なりに、「英語で熊本弁」を調べ、学んでみたいものです。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:24| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

年賀状雑感

 昨日、元日に50枚近くの年賀状が届きました。
 一枚一枚の年賀状を手にして、読んでいると、それぞれに過去の思いが走馬灯のごとく浮かんできました。

 過って、ロタリークラブで教えを受けた牧勝美さんは、昨年の12月で百一歳の誕生日を迎えられたそうです。
 牧さんのように、多くの人に慕われ、健康ならば、私も長生きしたいです。

 多くの年賀状の中に子どもの成長の写真の賀状がありますが、毎年それぞれの子ども達の写真を見ると、子どもは、それぞれに懸命に生きながら成長していることに喜びを感じます。

 私の孫は、年賀状での写真は見ることは有りませんが、横浜の息子の孫「馨」の動画は毎日送られているので、一緒に住んでいるような気分です。
 熊本に住んでいる娘の子ども「悠晴」は、毎日会っていますが、帰った後の家族団らん、特に悠晴の動向が、動画で送ってくるので、同居している感じです。

 年賀状の話に帰りますが、かっての上司は、齢80歳を超えられた方が多くなり、今年で賀状を終わりしたいとの賀状も多くなりました。

 私は、頂いた賀状には、来年にも賀状を送りたいと思っています。

 新年を迎えて、二つの今年の目標を立てました。
 一つは、コロナが落ちついたら、書道塾を探して、字が上手くなるために頑張ります。
 もう一つは、このブログ「川柳万の風」の他に、孫に教育爺の思いを綴る「孫悠晴と修爺の日記」を書くことにしました。
 ここ数日の内に、書き始めますので、宜しくお願い致します。

 今日も姪の家族が年始に来て、子どもの成長を報告して帰りました。
 正月、2日目も穏やかな1日でした。




 
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:30| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

神社境内の狛犬とは

 今年も残すところ僅か4日になりました。
 今朝は、朝食を食べた後、久し振り畑に行って、日頃使っていた農具を片付けを行いました。
 正月用の野菜、キャベツ、葱、白菜、ブロッコリー、青梗菜、京菜などの収穫しました。

 その後は、まだ残っていた庭の掃除をブローアーを使って、妻と一緒に行いました。
 まだ、窓やサッシの掃除が残っていますので、明日天気がよければ、高圧洗浄機で一気にやりたいと思っています。

 今日の朝刊に、県内の色々な狛犬の話の記事がありました。 
 神社の境内や参道には、阿像と吽像の一対の狛犬が魔除けとしてにらみを利かせています。
 狛犬は、空想上守護霊獣で、犬ではないそうで、元々獅子犬といわれ、モデルはライオンです。

 県内の狛犬は、福岡や佐賀に比べると、江戸時代のものが少なく、明治期以降に出来たものが多いそうです。
 また、狛犬の形も様々で、熊本城内にある稲荷神社では、「狛キツネ」もあって、稲荷神と人間との間を取り持つ役目を担っていて、宝珠と巻き物をくわえているようです。

 熊本市西区にある本妙寺の狛犬は、他所の狛犬とは違って、不思議な顔の阿像とまるで宇宙人のような吽像で一対を成しているようです。

 私が住んでい町で、数年前に宮総代を3年闢wめた近見神社にも一対の狛犬ががあります。

 この狛犬は、私の遠縁に当る器用な方だ漆喰を固めて作られたものがありますが、昭和の初期に作られたもので、色は白です。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 17:07| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

川柳人が楽しむエモい漱石俳句

 今年も残すところ10日を切ってしまいました。
 畑は、先日、半日ほどかけて仕事納めは行いましたが、今日は、庭の掃除に精を出しました。
 近い内に雨戸やサッシの掃除が残っています。

 昨日の熊日新聞の書評欄を読んでいたら、私の幼い頃と重なる遊び、日々の生活を書かれた「外遊びの日々」が目に止まりました。

 すぐにでも読みたくて、紀伊國屋書店、蔦屋書店など回って探しましたが、ありませんでした。
 そこで版元の熊日出版で調べて貰ったら、書店では、販売されていないということでした。

 熊日出版局の担当者に、著者の田島三閧フ電話番号を教えて貰い、やっと分けて貰うことが出来ることになりました。
  早く本が届いて、50年前の頃の色々なことを思い浮かべながら読むことを考えると、待ち遠しいです。

 田島さんの本を探しにいって、以前からか買おうと思っていた川柳仲間いわさき楊子さんが上梓された「川柳人が楽しむエモい漱石俳句」を買ってきて、読んでいます。
 いわさき楊子さんの何事にも前向きに挑戦される事はよく分かっていましたが、この本を読んでいると努力の跡がよく解ります。
 川柳だけをやっている私ですが、これからは生来の好奇心を生かし、何事にも挑戦したい気持ちが沸き起こりました。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:46| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

お正月に欠かせないお屠蘇

 今日の朝刊を広げたら、昨日から始まった今日から使おう「英語で熊本弁」がありましたが、今日の熊本弁は「差しより」でした。
 熊本弁「差しより」は、英語では「first of all」のようです。

 兎に角、熊本弁の英訳では、英語の勉強になります。

 今日の午後は、益城川柳教室でしたが、全員揃い、皆さんの課題「未来」の句を、和気藹々の中で楽しみました。
 先月から参加された方も、初めての割には川柳を上手に詠まれています。

 今年も残すところ二十日となりました。
 お正月に欠かせないのは、新しい年のはじまりに、家族揃っての健康を願って、頂くお屠蘇です。

 私達が毎年頂くのは、生まれてこの方、図異様酒造の「東肥赤酒」です。

 毎年、お正月は、親戚一同が集まって、お節料理を肴にお酒を嗜みますが、今年の正月は、コロナの影響で、酒宴は出来そうにありません。

 瑞鷹酒造のチラシでは、本伝 赤酒の由来などが記されているので、興味を持って読んでいます。

 また、赤酒を使っての料理「さかなの煮付け、あら炊き」「肉じゃが」「年越し蕎麦のつゆ」などがあるので、一度妻と一緒に挑戦して見ます。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:37| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

一番好きな熊本弁は「あとぜき」

 私の家のトイレの入り口に、約一年前から、和紙に「あとぜき」と墨で書いたものが、貼ってあります。
 二人とも高齢になり、夜中にトイレに起きて、用事を済ませたあとトイレの閉め忘れが多くなったので、話し合って貼ることにしました。

 「あとぜき」が貼ってありますが、やはり閉め忘れは、なおりません。

 先日の熊日新聞によると、熊日SNS編集局が実施した「熊本弁検定」のアンケートで、「一番好きな熊本弁は何か」と尋ねたところ、「ドア・ふすま・障子など、開けたあとに閉めること」の意味の「あとぜき」が1位だったようです。
 2位には、格好がよいという意味の「むしゃんよか」が、3位には、可愛いという意味の「むぞらしか」だったそうです。
 この他に「まうごつ」「がまだす」「やおいかん」などが、トップテンには入っていました。
 「がまだす」は、よく働くという意味で、小さい頃、大人から、がまださんと小遣いはやらんぞと言われました。

 私は、大学生の時、4年間東京で生活していたので、その当時は標準語で話していましたが、熊本に帰ってからは、毎日の生活は熊本弁丸出しです。
 在職中に、東京の友人から電話が掛かって来ると、私が標準語でスムーズに話すので、同僚が吃驚していた記憶があります。

 学生時代に困った言葉に「なおす」が、ありました。
 熊本弁では「なおす」には、収納する・仕舞うという意味がありますが、標準語にはこの意味は無いようです。

 あるとき、算盤と直してくれと言ったら、東京の友人に、この算盤を壊れていないのにどこを修理するんだと言われたことがありました。

 熊本弁と長崎弁には、似通ったところがあるので、電車の中で熊本弁で話していたら、長崎の人から、長崎の方ですかと間違えられたことは何度もありました。
   


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:50| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

巷、世間では色々な戦

 今朝は、陽の明けるのを待って、畑に行って、昨日かってきた普通の玉葱と紫の玉葱を植えました。
 これまで九条葱の種を蒔いても、上手く芽を出すことが出来ませんでしたが、久しぶりに挑戦して見ました。

 色々と研究して種を蒔いたので、今年こそは、絶体芽を出して、拾い葱畑にしたいです。

 私達日本人を始め、地球上のすべての人々が、必死にコロナウイルスと戦っています。

 また私個人も日々の色々な問題と葛藤しています。

 アメリカでは大統領選で、トランプ氏とバイデン氏が戦っていますが、お互いの欠点を突き合う戦いが広げられています。

 来月3日の投票日の後では、両陣営の過激派の衝突の噂があり、ホワイトハウスの回りでは、警戒が強まっている報道がありました。

 大阪では、都市構想問題で、明日、賛否投票が行われますが、大阪維新の会と自民党が舌戦を繰り広げていますが、明日の投票で、大阪の今後が決まりそうです。

 兎に角、巷では色々な戦が行われていますが、これからの未来を担う子ども達に未来が開けるような戦なら歓迎します。
 しかし、未来に負の遺産を残すような戦争などあってはいけないと思います。

 今日は、ふと、人間は知能があるが故に、動物たちの生きるための戦とは、違った戦が多いようです。




   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:11| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

75年前の今日熊本大空襲

 1945年8月の終戦から75年目。
 終戦の年の1月生まれの私は、熊本大空襲があった今日は、6ヶ月の幼児でした。

 私が、熊本大空襲のことを覚えている由もありませんが、生前の母から、大空襲当時のことは、よく聞かされました。
 空襲の日の夜は、空から降ってくる焼夷弾の光で、さながら真昼のようだったそうです。

 父は、戦地にいたので、大空襲から、私を抱いた母は、私のおしめを下げた年季奉公の娘さんと一緒に逃げ回り、やっとの思いで防空壕に逃げ込むことができたようです。

 また、前年の10月から11月の頃の身重の母は、田圃に出て、みんなと一緒に働いていたそうです。
 突然、空襲の銃撃が始まったときは、田圃の用水に隠れ、身を守った事も、よく聞きました。

 昭和、平成から時代は令和に代わり、戦争を経験した人も、少なくなりました。

 現在、世界の各地では、何時、戦争が起こっても可笑しくない状況にありますが、絶対、戦争があってはいけません。

 ここ数日 定期購読している柳誌や雑誌類が、何冊も送ってきます。
 柳誌のページを開き、投句した句を見て、一喜一憂しています。
 ここ数ヶ月、雅号萬風の数が少なくなったので、原因を考えると、投句の数が多くなり、句作りが、乱雑になったような気もします。
 これから、川柳を始めた頃の初心に帰るつもりです。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 21:51| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

懐かしい肥後にわか

 今日は、まさに梅雨最中、小降りになった頃を選んで、畑の夏野菜の収穫をしました。
 収穫したのは、トマト、胡瓜、かぼちゃ、ニラなどでした。
 昨年は、沢山収穫ができた茗荷が、まだ芽が出ないのが、待ち遠しいです。

 昨日、夕刊を読んでいたら、一面を半分ほど使って、肥後にわかの記事がありました。
 この肥後にわかの記事は、連載されていて今回が26回目で最終回でした。

 にわかの祖先は、平安時代に遡り、猿楽芸だったそうです。
 また、肥後にわかの最盛期には、ばってん劇団が頑張り、この他、森都劇団、キンキラ劇団がしのぎを削ったそうです。

 私の肥後にわかといえば、ばってん劇団ですが、最初の頃の、蓑田又雄さんが主宰したばってん組の記憶が鮮明に残っています。

 毎年、近見神社の秋祭りの特設劇場で、肥後にわかを見て、みんな笑い転げていました。

 鮮明に記憶に残っていることが、ひとつありますが、おてもやん役のばってん荒川さんが、お婆さんなのに、立って小便をしていたのを見て、不思議に思っていたことです。
 後に、ばってん荒川さんは、男性だということが分かりました。
 振り返ってみると、肥後にわかは、庶民の娯楽として、楽しませ、こころを癒やしてくれました。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:39| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

明日は「父の日」

 梅雨最中に久しぶりの晴れ間が少し見えた一日でした。

 畑には、トマトや胡瓜の収穫があったので、毎日行っていましたが、作業はしていませんでした。
 今日は、久しぶりに農作業をしました。

 先ずは、地べたに這っている西瓜とかぼちゃに、プラスチックの敷物を敷いて、雨が降っても腐らないような処置をしました。

 先日、じゃがいもの収穫をしましたが、姪の子ども達のじゃがいも掘りのために、残していた5株を収穫しました。
 豊作だったインゲンマメもすべて収穫して、妻に冷凍保存をして貰うことにしました。

 また、今年は例年になく、立派に成長した枝豆が実を付け始めたので、追肥をしました。
 2週間後位には、無農薬の美味しい枝豆が食べられそうです。

 明日は、父の日ですが、一日早く、娘夫婦からブランドの傘のプレゼントを頂きました。
 最近は、よく傘を忘れるので、安物ばかり使っていましたが、立派な傘を貰ったので、大事に使います。

 ここ数年、父の日には、鶴屋百貨店の「父の日川柳」の表彰式に参加していましたが、今年は、コロナの影響で、父の日川柳の募集も中止でした。

 明日は、ちょっと寂しい父の日ですが、頑張ってバイオリンの練習をします。




   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:41| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

今だからこそ無駄のない税金の使い方

 コロナ対策の一環として国民一人当たり10万円の支給、各家庭に二枚の布マスクの配布が行われました。
 しかし、これらの財源は、将来、孫たちにつけを残す赤字国債で賄われています。

 布マスクの配布についても、一部の国の役人とつながりある団体が受注し、ぼろ儲けしています。
 コロナに関する税金の使われ方が、どうも納得のいかないことが多いです。

 私は、ご先祖のおかげで、不動産収入があって、普通の人より、高額の納税をしています。
 今のバラマキ的な国税の使い方には、憤りを感じます。

 私は以前から提唱していたのですが、国税を徴収する国税庁と、国税を使う、すなわち税の配分をする財務省が分かれているのに、疑問を持ちます。
 一般家庭では、金を稼ぐ人も、金を使う人も一緒です方、十分考えて金を使います。

 さらにもう一つの疑問は、生活保護所帯の支給基準が、高すぎます。
 若いサラリーマンの所得基準より、働かずに支給を受ける生活保護所帯の基準が高いのも疑問です。

 生活保護は、一時的に、本当に困った家族が受けるべきですが、実態は違っています。

 兎に角、税金は、無駄のない使い方をしてほしいです。

 私は、昨日、10万円をいただきましたが、この財源の付けは、孫たちに降りかかってくるので、孫二人に5万円づつ渡し、将来に向けて貯蓄させました。

 また、二枚の布マスクは、コロナの第2波が起こらないことを願って、神棚に上げています




  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:03| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

書架に入りきれなくなった書籍を断捨離

 昨日、一寸だけですが雨が降ったので、今朝の畑は見回りだけでした。

 4年前の地震の際に、軽トラック4台ほど法律関係の本を中心に整理・処分しました。
 整理の後は、書棚も空いていましたが、それから、毎月10冊ほどづつ増えてしまい、書棚に入りきれないのでプラスチックの箱に詰めていました。

 そこで、今朝、読んでしまった雑誌類、川柳の先輩から頂いた古い川柳の参考書など200冊近くを塵出しで処分しました。
 まだまだ、芥川賞、直木賞の作家の本をはじめ、色々な分野の本が、6個の書棚にダブルで、ぎっしり詰まっています。
 これらの本の中に、自分で購入した物や先輩から頂いた物がなど、驚くほど沢山の川柳関係の本も有ります。

 これから、読んでしまった本を中心に半分程度に断捨離するつもりです。

 朝から居間の本棚と納屋に有る書斎の本棚を整理していたら、2つの珍しい物が出てきました。
 その一つは、熊日新聞読者のひろば「わたしを語る」の15名分をスクラップしたノートです。
 数人分、パラパラとページを捲り、読んで見ましたが、懐かしさが込み上げてきました。

 もう一つは、私が川柳を始めてからの20数年間の作品の原案がぎっしり詰まった創作ノート42冊です。
 ノートもこれだけでは、無いと思いますが、良くもこんなに頑張ったなと、自分を褒めて遣りたいです。

 ノートの大半は、日の目を見なかった作品です。
 これから、暇を見て、日の眼を見なかった作品の推敲して、良い作品に仕上げます。

 恥ずかしい話ですが、殴り書きしたものが多く、自分でも読めない字が一杯有ります。
 これから、人生の最後の趣味として、現在頑張っているバイオリンと合わせて、習字も習って、自分の川柳の作品を色紙や短冊に書けるまで上手くなるのが夢です。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 16:03| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

日本と韓国の二つの名前

 今日は、一ヶ月ぶりのコースに出てのゴルフでしたが、ゴルフ好きの穏やかなパートナーに恵まれ、楽しいプレイが出来ました。
 スコアは、何時もと変わらない、やっと100が切れました。
 参加賞は、今日の参加者で海苔を生産される槌田さんのご厚意で、取れたての100枚の美味しそうな海苔を頂きました。

 ゴルフに出かける前に、何時ものように朝刊に目を通し、毎日読んでいる政治学者姜尚中の「わたしを語る」と川柳仲間で文章会「ペンペン草」で一緒に勉強している上田美知子さんのおんなの目「本はいつも友達」読みましたが、この2つに、何か感じるものがありました。

 「永野鉄男」と「姜尚中」。「テツオ」と「サンジュン」。日本の名前と韓国の名前だが、名前は違っても同じ一人の名前です。
 わたしを語るの連載を読んでいく中で、この2つの名前に潜む色々な思いが伝わってきます。

 2つの名前と言えば、私も2つの名前「古閑修」と「古閑萬風」を持っていますが、姜さんの2つの名前とは、その重みが違うような気がします。
 しかし、親からつけて貰った名前と川柳作家としての名前を、これからは、しみじみと考え、誰にも恥じない、自分自身にも笑われない生き方をしていきたいと思います。

 話は変わりますが、コロナウイルスに関して、色々な話題がテレビで報道されていますが、今が正念場のようです。
 明日のバイオリンのレッスンは、コロナウイルスの影響で休校になりました。
 これから、2週間程度は、国民が一丸となって、コロナウイルスの拡大の阻止、早期の鎮静化に努めるべきです。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




posted by osamu at 20:58| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

継続は力

 今日の午前中は、雑事を終えた後、ここ数日、手にしていなかったバイオリンの練習を、2時間ほど頑張りました。
 午後は、26日には、毎月行われている農家の人たちとのゴルフコンペが行われるので、近くのフレンドゴルフ練習場に、久しぶりに行って練習をしました。
 久しぶりの練習だったので、練習仲間と楽しく練習できました。

 バイオリンもゴルフも、少しの時間でも良いので、毎日、練習しなければ、基本的なものをすぐ忘れて、振り出しに戻ってしまいます。

 最近、バイオリンの練習に嵌まって、川柳に対する熱が、すこし冷めてしまい、川柳番傘、川柳マガジンのへの投句、あるいは川柳大会などの時だけ、句作りを頑張っていますが、中々、頭の回転が良く回りません。

 このほかにも、好奇心旺盛な私は、色々な趣味に挑戦していますが、続けてやらないと、力が出ません。

 これらの趣味を通じて、継続して行わなければ、趣味といえども、形になりません。
 特に、古希を越えた頃から、覚えも悪く、1度やってもすぐ忘れてしまいます。

 これからは、このことを考え、毎日すこしずつ、毎日、練習したり、川柳と触れることに心がけるようにします。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:24| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

熊日新聞読者のひろば「わたしを語る」

 2月に入って,花粉症のせいで,いつものアレルギーの症状以上に、痰が酷く出たり,鼻つまり,頭痛の症状もでるようになって,鬱陶しい日が続いています。
 特に,床についてからが酷く、睡眠不足に,陥り,イライラ感が多くなりました。

 このようなことで,3月1日から4泊6日で予定していたタイ・チェンライの旅行をキャンセルしました。
 折しも,中国を中心に暴発しているコロナウイルスの影響もあって、今回の旅行は諦めました。

 私の里子の女の子も,会えることを楽しみにしていたと思いますが,奨学金は,旅行の参加者に渡して貰うことにしました。

 熊日新聞読者のひろば「わたしを語る」は、現在、陶芸家山本幸一さんの,波瀾万丈で,好奇心旺盛で,挑戦的な生き方を驚きながら読んでいます。
 陶芸を,しばらくの間ですが,頑張ってきた私には、大変,勉強させて貰いました。

 次回は,11日から熊本市出身の政治学者で熊本県立劇場館長の姜尚中(カンサンジュン)の自らの半生を「みんな悩んで大きくなった」と題して話が始まります。

 これまで姜尚中さんの,本は何冊も読みましたが,今一度,本棚から引き出し,再読したいと思っています。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 20:53| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

立春になったら冬らしい寒さに 

 我が家の庭には、数日前から咲いていた水仙がまだ元気に咲いています。
 しだれ梅も暖冬で、ピンクの綺麗な花が咲いています。
 昨日は、暦の上では立春ですが、まだ二月に入ったばかりの冬真っ只中で、やっと冬らしい寒さになりました。

 今日は、午前11時頃から、嘉島町のイオンにバイオリンの教本と孫の物を買いに行きましたが、久しぶりなのでお店の場所を探すのに、解らず大変困りました。
 お店では、暖冬のせいで、冬物の売れ行きが悪かったのか、五割以上の割引セールが、どこのお店でも見受けられました。
 セータなどとっても安かったので、一瞬買おうかなと思いましたが、着る機会もないので、じっと我慢しました。

 昨日は、節分と恵方巻きの日でしたが、節分の豆まきは、例年通り近所に住む妹夫婦が、「鬼は外福は内」のかけ声で、豆をまいてくれました。
 娘の家族では、親子三人で豆まきをしたようですが、一番喜んで豆をまき散らしていたのは、孫の悠晴で、初めての豆まきを喜んでいたようです。
 私は先月の9日に75歳の誕生日を迎えましたが、今日は、妻の67歳の誕生日です。
 結婚した頃数年は、誕生日のプレゼントの交換をしていましたが、近頃は、何時もおめでとうの言葉だけになりました。

 しかし、子供たちからは、二人に何時もプレゼントがあり、喜んで貰っています。

 今日も孫の悠晴が、10時頃やってきて、一日中悪戯ばかりして、6時頃帰宅しました。
 最近は、悪戯も賢くなって、危ないことも増えたので、目が離せませんが、一緒に遊んでいるととっても楽しいです。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:11| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

リサイクルショップの利用

 暮れに忙しかった事もあって、腰痛と太腿の筋肉の痛みがあったので、行きつけの鍼灸院に行って、1時間ほど治療したら、かなり痛みが緩和しました。
 今日は、明日バイオリンのレッスンがあるので、練習をしましたが、まだ、思うように弾けません。
 まだ、ボーイングの基本が出来ていないからだと思います。

 最近、リサイクルショップを利用することを覚えましたので、これまで2回ほど利用しました。
 1度目は、漫画本弘兼憲史の会長島耕作を買って読んでいます。
 昨日は、三冊の本とバイオリンのCDを買ってきましたが、定価の3分の1で購入できました。

 三冊の本は、「コーヒーの教科書」、「365日のサラダ」、それに「よく分かる肥後学講座」です。

 「365日のサラダ」は、昨日一晩で読んでしまいました。
 ダイエットのために、頑張って料理して、体重を60キロに戻したいところです。

 「ビールの教科書」は、ビールが大好きな私なので、ビールに関する造詣を深くしたいと思って選びました。
 まだ少ししか読んでいませんが、読んでいくうちに、如何にビールに関する知識が希薄だったか、思い知りました。

 これからは、新刊以外は、リサイクルショプを利用します。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:00| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする