2018年06月09日

いよいよ全日本川柳熊本大会

 4年前にj実行委員会を立ち上げ、県内の川柳仲間と準備を進めてきた全日本川柳熊本大会の前夜祭がホテル日航で今日の夜、大会が明日熊本市民会館で行われます。
 前夜祭の参加者が350名、大会が500名の予定です。
 今日は、全国から川柳愛好者がぞくぞくと熊本に向かっておられることでしょう。

 今日の午後は、熊本市民会館で大会の準備をして、明日に備えます。
 明日は、実行委員会のメンバー全員が、8時に集合して、500名の参加者を迎えます。

 実行委員会のメンバー全員が、生きている間に、熊本で大会が開催されることはなく、今回の大会が最後になるのではと、一丸となって大会の臨んでいます。

 私は、熊本市役所在職中に多くの大きなイベントに関与してきましたが、今回の大会には、期待と不安が交錯しています。
 私は、何か大事なことがあるときは、仏間に座って、手を合わせ、自分自身の気持ちを引き締めますが、今朝も、手を合わせました。

 兎に角、大きなミスのない、立派な大会で終ることを念じてます。
 天気も台風5号が発生して、日本に近づいていますが、今のところ雨は降りそううにありません。
 しかし、明日の天気が、予報では雨が降りそうなので、ちょっと心配です。

 今宵は、全国の川柳仲間と交流が出来、素晴らしい一夜になることを期待します。

 



   AC応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年05月19日

吉野ヶ里川柳大会発表誌

 6日の日曜日から始まった大相撲夏場所は今日で7日目を迎えますが、時間の許す限り、毎日4時過ぎから楽しんで見ています。
 昨日まで5連勝だった地元熊本の力士正代は、魁星に敗れました。
 同じく5連勝だった横綱白鵬も初顔合わせの新鋭阿炎に惜敗し、最近力の付いた栃の心は豊山に勝ち、一人6連勝で7日を迎えますが、今日の対戦相手の遠藤が休場したので、1人7連勝で、大関に一歩近づきました。

 先日、4月22日に佐賀吉野ヶ里町で行われた第40回吉野ヶ里川柳大会の発表誌を頂きました。
 私は、この大会は2度目の参加でしたが、今年は2句入選した嬉しい大会でした。
 また、この大会は、200人を超す参加者で、参加者も九州はもとより大阪や東京などからの参加者も沢山おられます。

 今日は、課題ごとに三才の佳吟と私の入選拙吟を紹介します。
 課題 「声」     真島清弘選
  人  逢うた日のハミング洩れる帰り道     藤井英坊
  地  大声で笑ったパッと虹が出た        もりもとみち
  天  魂の深いところに届く声           小林良子

   笑い声だけを拾ってる生き上手    古閑萬風

 課題 「似合う」   丸山芳夫選
  人 鼻のない羅漢夕陽を身にまとう     梅崎流青
  地 貧しさでつりあっていたわが同志    砥川房代
  天 モデルより似合うね君の春ショール   高木秀夫

 課題 「遠い」    森山文切選
  人 腹ぺこの遠い記憶が消えかかる     上田多門
  地 ガン病棟だれか遠くで恋の唄     吉岡静生
  天 甘すぎるトマト故郷を遠くなる     上田しずか

 課題 「あっさり」    古谷龍太郎選
  人 正義捨て記憶も消せる出世欲     有海静枝
  地 あっさりもいいが色気も欲しい妻    高木遊楽
  天 素麺で済ます昼あり子離れ後     梅崎流青

 「雑詠」      梅崎流青選
  人 終りもまた産まれたときのようであれ   砥川房代
  地 栄光の過去は語らぬ紙オムツ     下田三休
  天 小指からかすかに匂い立つ前世     栃尾奏子

   地球儀の真ん中熊本城が居る    古閑萬風

   如何でしたか。
   私は、入選句を何度も読んで、勉強しています。


     AC応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年02月17日

全日本川柳大会に向けて常任幹事会

 今日は、天気予報では曇りの様でしたが、朝早くから青空が見え、温かい一日でした。
 昨日から、妻は孫に会いに横浜に行きましたので、昨日から久しぶりの独身生活です。
 朝は、ゆっくり目覚め、昨日の夜に作っていた具沢山のみそ汁、鮭、わさび菜のサラダの朝食を食べました。
 味噌汁には、白味噌に少し赤味噌を加えたら、コクのある味のみそ汁に出来上がりました。

 朝食の後は、久しぶりに畑に行って、先日施肥した牛糞を広げ、耕運機で耕しました。頑張っていたので、お昼の時間も忘れてしまっていました。
 また、久しぶりに、白菜、キャベツ、人文字、人参、ほうれん草、玉葱を沢山収穫して帰りました。

 遅れてしまった昼食を食べながら、オリンピックの男子フィギュアスケートをテレビ観戦していたら、羽生結弦選手の66年振り連覇の金メダルの瞬間を着ることが出来ました。

 昨日の午後に、熊本国際交流会館で、全日本川柳協会の常任理事会の会議が有りました。
 会議の参加者は、理事長を始め、九州管内の常任理事の方々、それに、全日本川柳熊本大会の副実行委員長の私と徳丸事務局長でした。
 会議は、大会に向けての準備の進捗状況の報告、理事長の大会に向けての意気込みなど、大半が6月10日の大会の話しでした。

 会議が終わった後は、夕食を兼ねての懇親会もありましたが、大会に向けての話で盛り上がりました。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年02月11日

熊本県川柳協会川柳大会の開催

 今日は、頬を叩くような冷たい風が吹いていますので、外には出たくない感じです。
 昨日は、大降りはしないものの、しとしととした雨の中で、第14回熊本県川柳協会川柳大会が、熊本市国際交流会館で行われました。
 今年の参加者は、6月10日に開催される全日本川柳熊本大会の勢いも借りてか、昨年を十数名上回りました。
 予定した弁当が、8個ほど足りないアクシデントも起りました。足りない分は急遽近くのコンビニで調達できました。
 私が、協会の会長を引き受けてから4回目の大会ですが、如何にか、役員の皆さん、参加者の皆さんのお蔭で、大過なく無事に、盛会の内の終えることが出来ました。
 今回は、運営方法も若干変えて、県外の方の選者の起用、これまで二人選だったのを一部一人選も取り入れました。
 今回の大会は、入選数による総合得点制度は取らず、各課題の三才入賞者の中から、熊本県知事賞、熊本市賞などの6つの賞を授与する方式をとっています。
 今年の入賞者には、過去に何度も入賞された方、新しい方、県外の佐賀から来られた方などバランスのとれたものになりました。
 上位入選には、県外からの参加者が多かったところも見受けられました。

 では私に入選拙句を紹介します。
  五客 課題「こぼれる」 柿山紘輝選
   落ちこぼれ出ない出さない教師の眼
  佳作 課題「挑む」   真島久美子選
   これからは喜怒哀楽の腹八分
  佳作 課題「袋」    中原たかお選
   寝袋で満天の星独り占め
  佳作 課題「スピン」  平田朝子選
   疑心暗鬼回転ドアの軋む音
 選者と波長が合わないのか、自分自身は傑作と思った句は、なかなか入選が出来ません。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年02月02日

頑張る全日本川柳大会ジュニア部門

 今朝は、昨日ほどには冷え込みませんでしたが、相当冷え込みました。
 なかなか、寝床から起き上がりたくないので、寝床で朝刊に目を通しました。
 元日から始まった熊日新聞の連載の三角元熊本市長のわたしを語る「友こそ宝」も今日で32回目となりました。
 最初から、毎朝読んだ後、切り取ってノートにスクラップしています。
 連載が重なる度に、これまで私が知っていた元熊本市長の三角保之さんの素顔と違った一面が沢山見えてきました。
 三角さんは、県会議員、熊本市長と選挙をされましたが、その苦労が分かりました。
 また政治家としての実績も残されていることも分かりました。

 昨日から今日に掛けて、昨年の暮れに私の近くの小中学校にお願いしていた、6月10日に開催される全日本川柳熊本大会のジュニアの部の事前投句の回収を行いました。

 私がお願いした学校は、3つの小学校と2つの中学校でしたが、校長先生や担当の先生達のお蔭で、多くの事前投句が集まりました。
 全校生徒に協力した頂いた中学校や5年、6年生の全員に投句して貰った小学校もありました。
 一つの中学校は、3月までになるべく多くの生徒に協力して貰うことも約束して貰いました。
 今日集まった投句だけでも500人は越えたようです。
 協力して貰った学校の先生、児童生徒に頭が下がる思いです。
 多くの入選句が出て欲しいと祈るばかりです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年01月27日

大慈禅寺かわしり句会

 今朝も朝方は、昨日の寒さに負けない冷え込みで、寒さで目が覚めるようでした。
 今日は、寒の内の青空の見える中で、大慈禅寺では川柳と俳句がコラボして「大慈禅寺かわしり句会」が、110名の参加の元に賑やかに行われました。
 句会がはじまる前に、久しぶりに境内を散策しましたが、50年前の頃、祖父や父に連れて行ってもらった春の祭りの思い出が走馬灯の如く思い巡りました。
 大慈禅寺は、50年前の頃は、荒れ果てていましたが30年前くらいから、歴代の住職のお蔭で、綺麗になっていましたが、先の地震で相当の被害があり、復興の真っただ中でした。

 今日は、わたしたちの句会の他にお茶席や座禅体験などもあって多くの人が繰り出されていました。
 とりわけ、県内16店舗の有名菓子が集結し、実演販売も行われていました。菓匠の指先の器用さには感動しました。
 工芸菓子の展示もあったので、写真に収めてきましたが、これも人間技ではない器用な作品には感動しました。
 句会の方も、川柳と俳句愛好者が、それぞれ3句づつ投句して、全員で互選をしましたが、幾つかの素晴らしい作品は高得点と獲得していました。
 私の作品は、一句が4点、あとの2句は1点を獲得してので、全没を免れホッとしたところです。
 披講の後は、互評会がって、意見交換がありましたが、私達川柳愛好者には、俳句の色々なことが聞けて、勉強になりました。
 夜の晩酌は、何時もよりちょっと美味しかったです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月20日

今年最後の全日本川柳熊本大会の会議

 今日は、午前中に今年最後の全日本川柳熊本大会の実行委員会の会議が、役員参加のもとに行われました。
 この大会も来年の6月10日の開会が迫り、と大会まで残すところ6カ月を切りました。
 大会関係者の多くが、全国大会を経験することは、初めてで終わりだというう認識を持って、心を一にしました。
 全国の多くの方から寄付金をいただきました。
 また、一昨年に地震の被害を受けたことも踏まえ、ありのままを熊本を見て貰える大会にしたいということでも一致しています。
 また、世界的有名になったくまモンにも力を貸して行きたいとも思っています。

 また今回の大会を機に、多くの川柳愛好者に参加して頂き、これからの熊本県内の川柳愛好者及びジュニアの普及にも力を注ぎます。

 私の今年の川柳関係は据えて終わりましたので、最近控えていたゴルフを、明日はゴルフ仲間とコースに出て頑張ってきます。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年12月16日

全日本川柳熊本大会に向けて

 今月も残すところあと15日、年末に息子夫婦と一緒に帰省する孫と会える日が近づきました。
 孫は、昨日は保育園でお遊戯会があって、赤ずきんちゃん役を頑張ってやっていたようです。
 今朝早く、お遊戯の動画がラインで送ってきたので、妻と一緒に喜んで見ました。

 昨日は、来年の6月に開催される全日本川柳熊本大会のジュニアの部の事前投句の作品応募のお願いに、川柳仲間と、学校を訪れました。
 ちょっと早すぎるようですが、冬休みにじっくり考えて、句を作って貰いたいと12月中に、出来るだけ学校を訪問しました。
 川柳仲間が、住んでいる近くの小中学校を数校訪問しました。

 私は、これまでも熊日川柳大会の作品応募をお願いしていた家の近くの小学校3校、中学校2校を訪れ、校長先生か、給湯先生と会ってお願いしました。
 私が住んでいる校区の小学校では、5,6年生に授業中の時間を使って、協力してくれる約束を貰いました。
 ほかの4つの学校では、、川柳好きな児童が、冬休みに頑張ってくれることを期待いたします。
 大会も、少しずつ動き出した感じがします。

 明日の日曜日は、年賀状作りをしたいと思っています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月23日

第63回熊日川柳大会

 今日は、日本列島を襲った台風21号も北海道に行ってしまい、久しぶりに青空が見えています。
 私の家の近くのマンションの至る所で、ベランダに洗濯物が風に踊っています。
 今朝は、朝早くから明日の新老人の会川柳教室の準備を2時間ほどかけてやっとでできました。
 その後ここ3日ほど、忙しくて行けなかったゴルフの練習に行って、ちょっぴり汗を出し頑張りました。
 昨日は、午前10時から第63回熊日川柳大会が、世安町の熊日新聞社本館2階ホールで行われました。
 台風で、風も強かったので、当日参加者が例年より10数名少なかったですが、事前投句71名、当日参加者78名で、総勢149名の参加者があり、また、宮崎、福岡からも数名駆けつけて頂き、大会に花を添えて頂きました。
 今回の大会の課題は、宿題が「ずばり」「プラス」「紐」「叶う」、当日出される出席者題「託す」の五題で、皆で競い合いました。
 私も課題「紐」の選者を務めましたが、色々の紐の句を選ばせていただきましたが、私が予想もつかないような「紐」の句が沢山あり、楽しませて貰いました。
 午後1時半から入選句の発表が課題ごとに行われましたが、その前に、事前投句をして貰っていたジュニアの部の表彰式が有り、子供たちは真剣な顔で表賞状を受け取っていました。
 私が事前投句をお願いした家の近くの小中学校の児童生徒も、例年より沢山入賞していて、感無量でした。
 私達選者は、入賞は出来ませんが、三才には入選できず、五客が3句、佳作が3句入選できて、恥ずかしくない程度の成績でした。
 多くの投句の中から大会代表句と優秀句に選ばれた2句をご紹介します。
  大会代表句(課題「ずばり」)
   復元にずばりとはなる城の石  山本あかね
  優秀句(課題「紐」)
   紐を解く十指の先にまで鼓動  北村あじさい
 今回の大会の総合一位(優勝)は、ベテランの玉名市の森永可恵子さんでした。
 次の熊本で行われる大会は、来年の2月に行われる熊本県川柳協会川柳大会です。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年08月27日

宮崎県現代川柳大会に参加

 今朝は、何時もよりちょっと早めの5時に起き、ブログを書いています。
 今日は、宮崎市で行われる宮崎県現代川柳大会に、川柳仲間10数名と一緒に参加します。
 何時も、高速バスなんぷう号で行きますが、今年は小型の貸し切りバスで行く計画を立てていましたが、参加人員が20名にならず、今年も高速バスで行くことになりました。
 今日にスケジュールは、7時のバスに乗って、10時に宮崎に到着、大会、懇親会に参加しあとた、午後7時過ぎに宮崎を出発して、自宅到着は、午後10時半頃になる予定です。
 熊本から宮崎までは、バスで片道3時間かかるので、往復6時間の強行軍ですが、川柳大会、その後の懇親会を楽しんできます。
 大会の選者の一人に、熊本の緒方正堂さんが居られるので、心強いし、いい結果を出さねばと思っています。
 今回は、来年、熊本で開催される全日本川柳熊本大会のご案内も兼ねております。
 来年の大会を盛り上げるためには、九州の多くの川柳愛好者の参加が必要です。
 参加者全員で、大会のご案内をしてまいります。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月19日

全日本川柳札幌大会に参加

 2泊3日で北海道札幌で開催された全日本川柳札幌大会に、熊本の川柳仲間と一緒に参加して、今日、無事に帰ってきました。
 今回の大会参加の目的は、自分の作品を出して、入選したいこともありましたが、一番の目的は、来年に熊本で行われる全日本川柳熊本大会の宣伝、参加のご案内または大会の引継ぎがありました。
 私は全国大会の参加は、10年近い前の沖縄大会に次いで、2回目ですが、地方での大会とは違い大会のスケールのの大きさには驚きました。
 作品の入選も、投句作品の6パーセントすぎない激戦です。
 熊本からの参加者も半分程度が一句の入選で、半分は全没でした。
 私自身、20年近い川柳歴の中で、大会での全没は初めてでした。
 まだまだ、川柳作家としては、ひよこだと感じた大会でした。
 また、来年度の大会の成功に頑張らねばと確信した大会でもありました。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月12日

川柳噴煙吟社川柳大会

 今朝もいつもと同様に5時に起き、庭に植えている野菜の手入れを行いました。
 空には、綺麗なうろこ雲が一面に浮かんでいました。
 今日一日の元気を貰いました。
 何時もなら、お茶を飲んですぐ、畑に行くのですが一昨日に雨も降り、今日は、ゴルフに出かけるので、畑行きはお休みです。
 昨日は、平成29年の川柳噴煙吟社川柳大会が鶴屋百貨店東館内にあるパレアの会議室で行われました。
 参加者は140名ほどありましたが、県内の川柳愛好者はもとより、福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島九州各県の川柳仲間に集まって、大会を盛り上げていただきました。
 特に、私が尊敬する柳川の梅崎流青さん、宮崎の間瀬田紋章さん、その他多くの川柳の大先輩と旧交を温めることもできました。
 また、新しい川柳愛好者とも何名かとも交流が出来ました。
 昨年は、熊本地震の為に誌上大会、今年も開催にはこぎつけましたが、広い会場の確保が出来ず、参加者には、大変ご迷惑をかけました。
 来年は、熊本で全日本川柳熊本大会が、開催されるので、この大会はお休みとなります。
 これから、1年、来年の大会に向けての準備が大変ですが、県内の川柳仲間で頑張り、恥じないような大会にしなければなりません。
 昨日の大会での私の成績ですが、6句入選できました。ホッとしたところです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年04月25日

全日本川柳誌上大会入選句

 今日は、午前中は鶴屋百貨店主催の「母の日川柳」の入選作品の審査、午後は新老人の会川柳教室と川柳漬けの一日で大変疲れました。
 母の日川柳では、一般の投句は昨年より少し減って1,000名強、高校生以下では1,000名弱でした。
 このような多くの投句から、入選作品は10句程度なので大変な作業です。
 今年も、素晴らしい句を選ぶことが出来ました。
 二つの仕事を終えて、帰宅したら、郵便受けの中に「平成柳多留 第20集」が入っていました。
 この句集柳多留の中身は、全日本川柳誌上大会の入選句の発表でした。
 私は、これまでに誌上大会に参加したことはなく、今回が初めてでした。
 今回の課題は「記念」「外」「働く」「扉」「グルメ」でしたが、私は「記念」と「グルメ」に入選することが出来ました。
 入選作
  課題「記念」
   記念碑を石ころにした震度七   萬風
  課題「グルメ」
   おんなグルメ男は留守でカップ麵   萬風
 全没だと思っていたので、二句入選して喜んでいます。
 しかし、これからの努力を自分自身に誓ったところです。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年04月16日

吉野ヶ里川柳大会

 今日は、素晴らしい天気に恵まれる中に、バスで高速道路を走って佐賀県吉野ヶ里町で開催された「第39回吉野ヶ里川柳大会に出かけました。
 熊本からの参加者は、総勢24名、大会の参加者は203名という大規模な大会で、初めて参加した私は、参加者の多さに吃驚しました。
 更に吃驚したのは、吉野ケ里の真島清弘さん一家を中心に、多くの佐賀県の川柳愛好者の心温かい手作りのおもてなしによる大会に感動しました。
 大会の課題は、「優しい」「「種」「あらあら」「溢れる」「雑詠」の五題で、選者は九州各地の方が当日選ばれます。
 作品の入選作品は、それぞれの課題ごとに、2句なので、投句406句に、入選48句で入選の確率はおおよそ12パーセントです。
 大変激戦でしたが、私は、課題「種」と「溢れる」でそれぞれ1句ずつ入選できました。
  私の入選句です。
  課題「種」
   ふかふかのふとんに蒔いた夢の種   萬風
  課題「溢れる」
   羊水に溢れる未来への希望  萬風
  熊本から参加した仲間もほとんどの方が入選作品に恵まれ、安堵しました。
 また、会長として来年の全日本川柳熊本大会への参加の宣伝もでき、また川柳句集「熊本地震の記憶」も40冊ほど売れました。
 楽しい一日でした。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年02月12日

第13回熊本県川柳協会川柳大会

 今日は、私が会長を務める熊本県川柳協会川柳大会が、熊本国際交流会館で開催されました。
 昨年は、大雪で熊本城が雪化粧した、また、参加者も、何時もより少ない中での大会でしたが、盛会の内に終わりました。
 今年も、日本全国敵に、大雪が降って、熊本も天気が危ぶまれていましたが、絶好の晴天に恵まれました。
 そのような中での大会で、何事も無く無事に終わり、会長としてホッとしたところです。
 私は、三才は取れませんでしたが、五客1句、入選句6句とまずまずの満足で、実力通りの成績でした。
 この大会は、入選作品の数で、順位は決めず、熊本県を始め6つの団体に協力して頂いた賞を授与するシステムをとっています。
 出席者題、宿題の三才の24区の中から6句を選び、六つの賞を決めます。
 参加者の大半が、最後の結果をどきどきしながら待っていました。
 それでは、六賞の入選作品と私の五客の作品をご紹介します。
  熊本県賞   課題「前向き」
   風よけにされる覚悟で前に出る  緒方正堂
  熊本市長賞  課題「前向き」
   小池知事吃驚箱を持ち歩く    北村あじさい
  熊本県文化協会賞 課題「ふんばる」
   負けた日にありのふんばりみてしまう  いわさき楊子
  熊本日日新聞社賞 課題「シンボル」
   シンボルの熊本城は揺るがない   阪本ゆき子
  全日本川柳協会賞 課題「前向き」
   前向きになって返納した免許   井上としお
  熊本県川柳協会賞 課題「いよいよ」 
   ストレッチャー覚悟を決めたドアが開く  井芹陶次郎
  私の五客の句
   課題「いよいよ」
    サクラサク僕の未来が走り出す   萬風

   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2016年10月30日

第62回熊日川柳大会

 今日は、熊本で行われる三大川柳大会の一つである第62回熊日川柳大会が、熊本市内にある熊日新聞社の大会議室で行われました。
 当日参加者は、今日福岡で行われる川柳大会と重なって、昨年よりも投句が多く、当日参加者は昨年より減少していましたが、最終的な参加者は139名でした。
 課題は、「城」「さらさら」「ナンバー」「支える」、当日発表される出席者題は「書く」でした。
 事前に投句して貰うジュニア部では、1062名が投句した課題「飛ぶ」と自由題2840句の中から最優秀句、優秀句、佳作がえらばれました。
 一般の部では、私も選者の一人として課題「ナンバー」の選をしましたが、短時間の中で、300句近い投句から、平抜き入選、五客、三才53句を選び出すのは大変です。
 今回、見事優勝された友成真理子さんの句「ダイアルに遠い記憶の残る指」は、私は地賞に取った句でした。
 選者として選んだ句が優勝につながることは,大変うれしい事です。
 また、先日一緒に大会の準備をした川柳仲間の北村あじさいさんが出席者題「書く」の「書くことは私にとって生きること」の句で大会代表句に選ばれました。
 この受賞は、自分の事のように喜びました。
 優秀句に選ばれた課題「支える」の句「この国を支える子らに投資する」を詠まれた中田ひろしさんも、先日の大器あの準備を一緒にされた方です。
 ジュニアの部の最優秀句は、熊本市立池田小学校6年の森堅奨君の課題「とぶ」の句で「野球して地震のこわさふっとんだ」でした。
 この句からも、今回の熊本地震が心の底に残っているか伺えます。
 今年のジュニア信では、私が年に一度ですが川柳を指導している熊本市立日吉東小学校から、佳作入選は数名あったものの、最優秀句と優秀句に入選できなかったのが少し心残りです。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2016年08月29日

第5回宮崎県現代川柳大会

 数日前まで、38度を超す猛暑日が続いていましたが、昨日夕立が降ったせいもあって、今朝はめっきり涼しい朝を迎えました。
 昨日は、宮崎市で開催された第5回宮崎県現代川柳大会に、噴煙の川柳仲間と参加してきました。
 朝7時に熊本交通センターを高速特急「なんぷう号」に乗って、高速道路を走って約3時間20分かけて、川柳大会の会場「宮崎日日新聞社」の10階に到着しました。
 私達一行が会場に到着した10時過ぎには、100名を超える川柳愛好家が会場に集まり、宮崎県内からはもとより九州各県の福岡、長崎、佐賀、鹿児島、大分そして熊本からも50名の参加者がありました。
 最終的には、117名の参加があって、昨年より大会が盛り上がったようです。
 当日の課題は、退会5回目に因んでの「五」、「自転車」「染まる」「クレーム」「猫」の五つの課題でした。
 課題の内「五」と「自転車」は共選で行われました。
 飛行が進む中に、素晴らしい佳吟と出会うこともできました。
 私も、3句は入選できましたが、実力のなさを実感しましたので、帰りにはもう少し頑張らなければと反省したところです。
 表彰式では、オリンピックの入賞8位までに因んで、8位までの入賞者の発表がありましたが、熊本から出席した熊本県川柳協会の事務局長の緒方正堂氏が、8点を獲得して7位に入賞されたので、全員で、退会後に行われた懇親会で皆で祝福をしたところです。
 懇親会も50名近くの参加者があり、多くの川柳愛好家と交流を温めることが出来ました。
 あまり県外の大会には、参加しない私ですが、参加してみると大変有意義なことが分かりました。
 懇親会では、中締めのあった後も、熊本と宮崎のスタッフの方と懇親を深め、19時過ぎの「なんぷう号」で帰路につき、11時頃に家に着きホッとしたところです。
 大変楽しい川柳大会の旅行の一日でした。
 私の入選して拙句3句
 課題「自転車」
  夏バテの自転車空気入れ替える
  ママチャリで瓦礫の中をパトロール
 課題「染まる」
  どの色も笑顔に染まる白が好き
 来年も税参加して、特選か準特選を取りたいものです。

   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2016年08月19日

第13回熊本県川柳協会川柳大会

 今朝は、久し振り、三日ぶりですが畑に出かけ、かなり綺麗になっていますが、少し残っていた除草、それから、苦瓜、オクラ、空芯菜、ニラ、葱などの収穫をしてきました。
 昨夜、少し雨が降ってせいか野菜は少し元気になっていました。
 昨日は、午後に来年の2月12日に行われる第13回熊本県川柳協会川柳大会の会議が行われ、課題4題、選者8名が決まりました。
 熊本では、毎年三大川柳大会が行われますが、毎年6月に行われる噴煙川柳大会は、4月の熊本地震のために、誌上大会に変更され、10月には第62回熊日川柳大会が行われる予定ですが、既にジュニアの部の川柳募集は行われており、子供たちは夏休みを利用して力作に頑張っていることでしょう。
 最後は、熊本県川柳協会川柳大会になります。
 今年の1月に行われた大会は、当日が大雪に見舞われましたが、多くの川柳愛好家の参加があり、成功の裡に終わり、感謝したいます。
 今回の大会も万全の準備をして、素晴らしい大会になって欲しいと願っています。
 会議の後は、先日紹介した句集「スポーツ川柳」の販売会が蔦屋三年坂店地下1階で行われ、句集「スポーツ川柳」が出版されるまでの経過や、作品についての有意義な話を聞くことだできました。
 句集の購入者には、500円の図書券だ贈呈されていたので、20数冊が売れていました。
 これまでにない、スポーツを切り口にした川柳なので、これまでと少し違った川柳として鑑賞することが出来そうです。
 よかったら、句集「スポーツ川柳」を手にして読んでみられてはいかがですか。
 


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2016年07月06日

第62回熊日川柳大会

 気になっていた畑の雑草を、先日買ったばかりの草刈り機で刈り取りましたが、今朝は、耕運機を使って耕し、緑で覆わていた畑を2時間ほどかかって耕し、土色の畑に戻しました。
 畑の野菜も梅雨の雨、激しい風にもめげず、如何にか頑張っています。
 今朝は、大きく育った苦瓜、少し元気がなくなったけれど、立派な茄子、オクラなど収穫して食卓を彩りました。
 今日は10月24日に行われる第62回熊日川柳大会のジュニアの部門のPRに自宅近くの学校を訪問して、校長先生に熊日大会と1018年6月に熊本で開催される全日本川柳熊本大会などのお話をしてきました。
 ふんえん800号記念噴煙九州誌上川柳大会の投句締め切りが10日になっていますが、未だに震災の影響もあってか、句が作れていません。
 今日は作ろう、今日は詠もうと思いながらまだ作品は未完です。
 10日の締め切りまでは、如何にかせねばと頑張っています。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2016年03月20日

熊本の川柳大会

 熊本では、毎年度3つの川柳大会が開催されますが、その一つ熊本噴煙吟社が主催する平成28年度噴煙九州川柳大会が6月19日に開催される運びと成りなした。
 今回の大会は、「ふんえん800号」の記念大会ということで、九州各県に選者をお願いしてあります。
 課題は共選の5題、それに特別課題1題の6題で、選者は11名です。
私はと言えば、この大事な大会に参加することができません。その訳は、前日に私が今期幹事を務めている熊本西南ロータリークラブの創立40周年記念式典が行われます。
 記念式典をはさんで、数日は、韓国やタイからのお客さんの接待で大変です。
 10月には、二つ目の川柳大会は60年以上も続いている歴史的な川柳大会で、熊日川柳大会です。
 10数年前から、ジュニア部門も取り入れられて、県内の小中学校や高校からの応募もあっています。
 3つ目の川柳大会は、私が会長を務めている熊本県川柳協会の川柳大会です。
 今年1月の大会で12回目と歴史は浅いのですが、新人発掘を基本の大会ということで新しい川柳愛好者、また、選者の発掘に努めています。
 歴史が浅いので、色々と改善すべきところは、有りますが兎に角頑張るのみです。
 


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ