2019年11月06日

孫の笑顔に癒やされる日々

 ここ数日の畑での野菜の収穫や秋野菜、冬野菜の種蒔き、またゴルフなどで疲れていましたが、今朝も畑で午前中頑張りました。

 やっと、綺麗な畑になり、キャベツ、ブロッコリー、水菜、白菜は健やかに成長しています。
 3日ほど前に、種を植えたニンニクは、幾つか、芽を出しています。

 畑仕事の合間を見ながら、川柳の句作りも頑張っています。
 6日が締切になっている熊日新聞社の新春文芸の投句、15日締切の川柳葦群とやっと終えて、これまた、15日締切の川柳マガジン、川柳番傘の投句の作品に頭をひねっていますが、中々良い句が浮んできません。

 明日は、川柳真風吟社の句会ですが、まだ作品が出来てないので、寝床にはいいて考えたいと思っています。

 話は、課題の孫の事ですが、長女の孫「悠晴」は、ウイークデイには、私の家で、妻と一緒に預かっています。
 子守りは、妻がほとんどしますが、妻が忙しい時は、子守りが私に回ってきます。

 孫とは、子守りというより、一緒に童謡など聞きながら遊んでいます。

 孫は、私に似て、愛嬌が良いので、誰にでも喜んで抱かれています。
 その孫が、朝、家に来たらニコッと私に笑顔くれます、また昼寝から起きても、私の顔を見ると笑顔をくれます。

 毎日、孫の絵が出癒されています。
 明日は、娘が人間ドックなので、孫をマンションまで、妻と迎えに行きますが、きっと、ニコッと笑顔で迎えてくれると思います。

 私には、もう一人、横浜に5歳の孫がいますが、この孫も大変会釈が良いです。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:36| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

孫「悠晴」は、離乳食が始まりました

 10月も残り少なくなり、やっと、幾つか日本を襲った台風もおさまり、朝は肌寒くなりました。
 しかし、雨が酷く、千葉県では、水害の被害が出ているようです。

 昨日から、庭に数本ある木犀も、金木犀の花がつき、芳しい香りを放っています。
 何時もは、金木犀と銀木犀がほぼ同じく咲き始めるのですが、今年は銀木犀が遅れそうです。

 昨日で、7カ月目になった孫の悠晴は、10日ほど前から離乳食を食べ始めました。
 離乳食の内容は、一分粥、人参、ブロッコリーのスープのようなものを食べていますが、喜んでたっぷり食べています。

 特に、人参が大好きのようです。

 今日と明日は、両親の仕事がお休みなので、我が家には来ませんが、娘が悠晴の動画を数回送ってくれるので、よく状況が分かります。
 月曜から金曜までは、我が家に居るので、楽しく一緒に遊び、癒されています。

 今日は、明日、熊日の川柳大会が行われるので、投句の最後の推敲をしました。
 今回は、頑張って作句をしましたが、後は選者まかせです。

 投句の推敲をした後は、久しぶりに、たっぷりヴァイオリンの練習を励みました。

 兎に角、バイオリンは難しいが、人の3倍は練習しなければと頑張っています。
 今年中には、如何にか「ふるさと」の曲を弾けるようになりたいものです。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:24| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

孫「悠晴」くんパパのふるさと金沢へ

 今日と明日の熊本の街中は、多くの人でごった返すのではないでしょうか。
 今日は、桜町再開発ビルの大型商業施設「SAKURAMACHI Kmamoto サクラマチ」が、今日開業し、それに合わせて、市内の電車やバスなど無料で乗車できるので、街中は人・ひと・ヒト」でしょう。

 明日は、熊本の秋の風物詩藤崎宮例大祭が行われ、例年のように、熊本県内の各地から馬追いなどの見物客で、下通り、上通り、新市街の繁華街は、一杯でしょう。

 わたしも昔は、馬追いに、何度も参加し、参加しない時は子供と一緒に見物しました。

 孫の「悠晴」くんは、今日から、新幹線と飛行機を使って、パパの故郷の金沢旅行に出かけました。
 今年の3月25日に誕生して、まだ半年も経ってないのですが、初めての旅行で、二度目の金沢のおじいちゃんとおばあちゃんとの面会です。

 私達夫婦は、月曜日から金曜日まで子守をして会っていますが、金沢の祖父母とはなかなか会えないので、持ち前の笑顔を振りまいて喜んでもらいたいです。
 孫の悠晴の笑顔を見れば、金沢のおばあちゃんもおじいちゃんも、きっと安堵されることでしょう。

 私達は、今日から4日間、悠晴君に会えないのは、寂しいですが、悠晴君がいない間に、バイオリンの練習を頑張り、上達します。




   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 11:39| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

孫と一緒に入浴

 今日は、9時から行きつけの中原歯科で歯の治療、10時半から、隣接地の遊技場の解体に伴う家屋の損傷の鑑定がありました。

 歯の治療は、5月に左下の奥歯を抜歯して、インプラントの治療のチタンの合金を骨に埋て、4カ月が経過したので、そろそろ、その埋入したものに被せ物をする型取りをしました。
 まだ、骨に埋めたインプラントが完全でないので、一ヶ月後に、最終の被せ物をつける治療が行われる予定です。

 既に、1本のインプラントを埋めていますが、その時は、被せ物をつけた状態で、埋入する治療でしたが、今回の治療は、先ずチタンの合金を埋めて、その後4か月に被せ物を装着する方法のようです。

 歯は、健康にとってとっても重要なので大事にしたいものです。

 損害保険のための鑑定もスムーズに終わったので、後は復旧の修理を行うのですが、これが大変です。
 熊本地震の復旧で、色々と修理をしましたが、大変でしたので、また、修理をするかと思えばうんざりします。

 月曜から金曜まで、孫「悠晴」を、妻が預かっていますが、妻に用事があれば、孫の相手が私に回ってきます。
 一緒に、童謡を聴いたり、昼寝をしますが、とっても楽しく、癒されます。

 最近、孫の両親が忙しい時は、一緒に入浴をします。
 体や頭を洗う時も、泣くことも無く、一緒に風呂に入ると楽しく、親密感も増してきます。

 私の子供の入浴は、妻と母に任せっきりで、殆んど一緒に入浴することもありませんでしたので、孫との入浴で罪滅ぼしをしています。
 明日も、きっと、笑顔でやって来ることでしょう。

 横浜の孫「馨」の動画も、毎日のように、数枚送って来るので、馨の成長も良く分かります。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:42| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

趣味のカメラを再び「孫を撮る」

 ブログの更新も今日で、2996回目になり、3000回まで残り少なくなりました。
 この機会を捉えて、過って写真を撮りまくっていた事を思い出し、孫「悠晴」の写真を撮り続けることを決めました。

 息子の方の孫「馨」の写真は、4年前の生まれた時から、毎日、動画が送られてくるので、孫と一緒に住んでいるようです。
 娘の方の孫「悠晴」とは、毎日、自宅に来るので子守をしているその写真を毎日10枚程度取ります。

 今日も、10枚ほど、「悠晴」の笑顔や泣き顔など色々な表情を撮りましたた。
 これまで、抽斗の中で眠っていたカメラを取り出し、レンズを初め、丁寧に手入れしました。

 今日は、5時から川柳『天』の句会に参加しました。
 句会は、6名の会員で、句会の時間も1時間ですが、屈託のない意見も出て、他の句会とは違った雰囲気の中での楽しいひとときでした。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:48| Comment(1) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

孫の百日のお祝い

 今日は、久しぶりに晴れ間が見えたので、朝早くから、畑で胡瓜、トマト、苦瓜の収穫、畑から帰宅して朝ごはんを食べた後は、雨ですっかり大きくなった庭の雑草に除草剤を散布しました。

 午後は、久し振りのゴルフの練習で、たっぷり汗を流しました。

 昨日の夕刻は、小雨の中、豆腐料理のお店「梅の花」で、3月25日に誕生した孫「悠晴」の百日のお祝いを、娘夫婦、私達夫婦で行いました。
 ここのお店で、孫のお食い初めの準備もして頂いたので、お祝いの乾杯の前に、お食い初めの儀式をしました。
お食い初めとは、赤ちゃんが、歯が生えるまでに成長したことを喜び、「一生食べ物に困らないように」という願いを込めて、赤ちゃんに食事のまねごとをさせる儀式だそうです。
 お食い初めの膳を食べさせる順序は、@ お赤飯 A お吸い物 B お赤飯 C おかず D お赤飯 E お吸い物 ですが、これを、先ず祖父の私、祖母の妻、父親の順で3回繰り返しました。
 次に、お食い初めの石(歯固め石)に触れて、その箸を、赤ちゃんの歯茎、あてて、「丈夫な歯が生えますよう」とお願いしました。

 お食い初めの膳の食べもののお品には、赤飯を初め、おかずのそれぞれに、縁起や成長の意味がありました。

 齢74にして、4歳と生まれたばかりの孫なので、可愛くてしようが有りませんが、なるべく長生きしなければと、再認識しました。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:43| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする