2019年03月09日

タイの洞窟に閉じ込められたサッカー少年

 今日の朝刊にタイ北部チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められ、昨年7月に「奇跡の生還」を果たした地元サッカーチームの少年12名と男性コーチの計13名の救出劇について、アメリカに映画会社が映画化する権利を獲得したとの記事がありました。

 少年の保護者で作る会社と映画会社が契約をして、少年らに情報提供料として1人当たり日本円で約700万円から1000万円支払われる予定だそうです。
 この金額は、タイの大人の年間収入額から考えると、かなり高額だと思います。

 このサッカー少年たちは、これまでも何度か洞窟に侵入したことは有り、今回は,少年の一人が誕生日だったので、洞窟でお祝いをするために洞窟に入ったそうです。
 タイでは、洞窟は神秘的な場所で、お祝いなどの祈りの場所として、よく使われるそうです。

 この時期は、チェンライは雨季の為、洞窟内に雨水が入り込んで、不孝にも、今回の事件になったようです。

 私は、先日のタイ旅行の時に、二日目の午後に、この洞窟とタイとミャンマーの国境線を、旅行仲間と一緒に訪れました。

 洞窟の入り口は、日本のどこにでもある洞窟や洞穴と変わりは有りませんでした。
 この洞窟周辺は、この事件以来、地元住民によって、観光化され、多くの観光客が訪れて、大変賑わっていました。

 この観光客目当ての出店や写真販売の業者が沢山ありました。
 出店は、野菜や果物、洞窟の絵が着いたTシャツなどを販売していました。

 また、洞窟の近くには救出の際に犠牲となった地元の兵士の立派な銅像も建立され、信仰深いタイ人が、手を合わせお祈りをしていました。

 貧しい村は、この事件のお蔭で、収入を得ることが出来、生活が楽になったとの説明も聞きました。

 私達が洞窟を訪れた時期に、この「奇跡の生還」劇が映画化される事が決まったのも、何かの縁を感じ、私の記憶に生き続けることだと思います。

 この映画が製作され、日本で放映されるときは、いち早くこの映画を鑑賞したいものです。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:33| Comment(0) | タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

「かがやく瞳ここに」のテレビ放映

 今日は、新車購入してから2年目のクラウンの車体のコーチングをして、新車のようなピカピカの車になりました。
 新車の時のコーチングして以来ですが、このコーチングのお蔭で洗車が楽です。
 大相撲春場所が終わり、夕方のテレビ観戦の楽しみがなくなりましたが、週末は女子プロゴルフのテレビ観戦を楽しんでいます。
 昨夜は、世界フュギュアスケート男子では、羽生結弦選手がフリーで世界最高得点を出して、ショートプログラム五位から、逆転優勝しました。
 今日は、午後3時30分からRKKテレビで、私が5年前から支援をしていたタイ国アカ族の「かがやく瞳ここに」がテレビで放映されていました。
 このテレビは、タイ北部チェンライに住んでいるアカ族の貧困家庭の子供を育てている施設を中心に、そこの子どもたちの様子が放映されました。
 貧しい家庭の子供の里親となって支援しているのは熊本南ロータリークラブの会員の方が中心ですが、一般の方も支援されています。
 私は、この支援のお手伝いをして、毎年2月にタイ・チェンライに行っていましたので、テレビで放映されるすべての光景が、行ったことのある場所、逢った事のある人ばかりで、感動しながら見ました。
 今年のタイへの旅行は、川柳の大会と重なっていけませんですが、これからも、これらの子供達の支援を続けたいと思っています。
 平和な日本では、見られない貧困生活が、タイの山岳民族では至る所で見られます。
 しかし、貧しいながらもタイの子どもたちの瞳は輝いています。

   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2015年05月12日

6本のコーヒーの木

 今朝は、6時に畑に行って、友人に持って行くそら豆の収穫をしました。
 丁度、美味しい食べごろのようです。
 先日、倉敷の景観地区のガイドさん方から貰ったきた綿の種を植えていましたら、綺麗に芽が出ていました。
 どんな綿の木に成長して、綺麗な綿ができるか楽しみです。
 我が家には、6本のコーヒーの木が有りますが、庭の木々と同様に若葉が出て大きく成長しています。
 このコーヒーの木は、2年前のの2月にタイのテェンライに行った時、タイのアカ族のコーヒー農家から貰ってきた種から植えたものです。
 貰ってきたコーヒーの種をみんな植えたら、200本ほどあって、みんな立派な芽が出たの、簡易ハウスを作って越冬させたかったのですが、6本以外寒さで枯れてしまいました。
 助かった6本は、暖房のある部屋に入れていたので助かりました。
 6本の内1本は、一緒にタイ旅行した大野さんにあげると約束をしていますので、もうすぐお嫁に行きます。
 話は変わりますが、私は、お昼に週2回は麺類を食べますが、時々カップ麺も食べます。
 先日、スーパーでカップめんを探していたら、日清の元祖鶏ガラチキンラーメンが目に止まったので、買って帰り早速食べてみたら、最高に美味しかったです。
 今日のお昼、晩酌のお刺身を買いに行った時、また数個買って帰りました。
 兎に角、ジューシー鶏肉とふんわりかきたまが、何とも言えません。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2015年02月12日

タイの生活様式

 今日から、先日旅行したタイのチェンライの事についてお話します。
 日本とタイの時差は2時間ですが、時差ぼけのせいか朝の目覚めがよくありませんでした。
 また、タイで夏の生活を1週間して、冬の熊本に帰ってきたので、体がけだるく感じます。
 タイは、まだ日本の昭和時代の生活レベルだと思います。
 交通機関は、日本のように汽車、電車はなくて、現在の交通手段は、バイクとトラックがほとんどです。
 バイクが普及するまでは、自転車が多かったようですが、現在は自転車はほとんど見られません。
 また、自動車の乗員定数の制限もないので、子供の登校の際はトラックの荷台に30名ほど乗っているのが現状です。
 バイクは、ほとんど二人乗りで、3人乗りや4人乗りもたくさん見かけました。
 私たちが借りたジャンボタクシーは、1日につき1800バーツ(日本円で8千円弱)ガソリン代だけで、とっても安いです。
 また、自動車もバイクもスピードを出しますが、運転が上手く、交通事故は一件も見ませんでした。
 また、トイレについても、一般の家庭や学校のトイレは、日本の和式トイレの方の穴が開いたもので、近くに置いてあるバケツの水を汲んで流します。
 古い老舗ホテルのトイレは、水洗に使っていますが、自動洗浄ではなく、如雨露の様な洗浄機を使って、自分の手で、お尻の汚れを流す仕組みです。
 日本のトイレのような自動洗浄機を使っているのは、新しく出来た料金の高いホテルだけのようです。
 また、ホテルには、ジャワーだけの部屋が半分ほどあり、今回のホテルの部屋はシャワーだったので、5日間お風呂に入れませんでした。
 それから、日本人の飲料水は市販されているペットボトル以外は飲めません。
 昨年訪問した際、食堂の氷水を飲んだ仲間が、たちまち腹痛を起こし、2日間下痢で大変でした。
 タイの人たちは、水を飲んでも免疫がついているのか平気のようです。
 あすもタイの話をお届けします。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ