2020年08月27日

JAファミリーマガジン「家の光」九月号から

 今日は、久しぶりに充実した一日でした。
 朝起きて、朝刊をちょっことだけ読んで、空気の綺麗な、百日紅の花、その他夏の花が咲いているのを眺めながら、農作業をしました。

 久しぶりに、親子のカラスも、カアカアと泣きながら歓迎してくれました。
 畑から帰ったら、孫の悠晴と一緒に遊び、癒やしを貰いました。

 午後は、月2回のバイオリンの個人レッスンで、毎回ですが、個人レッスンならではの細かいところを教えて頂いています。

 先日、毎月購読している、JAファミリーマガジン「家の光」には、何時も楽しみと知識を頂いています。

 今月号でも、料理、野菜作りなど色々と、季節に沿った課題を取り上げ、情報を提供しています

 子供の頃から園芸少年だった「假屋崎省吾」さんの記事がありました。
 現在は、華道家として活躍中ですが、結構苦労された様で、家族と一緒に「花」を楽しみながら大きくなられたそうです。
 この假屋崎さんが格言を持って居られます。
 それは、人生には、大切な「かきくけこ」があるそうです。
 「か」は、感動と感謝
 「き」は、適度な緊張感
 「く」は、くとろぎ
 「け」は、健康と決断
 「こ」は、好奇心
 これは、私にも相通ずるところです。

 一つ面白い記事がありました。
 私の家に隣接して、遊技場が現在建設中ですが、この遊技場の名前が「シルバーバック」です。

 老人のお客様を呼び込むための名前かと思っていました。
 ところが、シルバーバックの名前の由来は、ゴリラの群れのリーダの名前だったそうです。
 一寸驚きました。




   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:14| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

家に閉じ籠もり読書三昧

 数日前から膝の痛みがあって、整形外科で診察した結果、座骨神経痛と診断され、リハビリを受けて少しは、楽になりましたが、ちょっと歩いただけで痛みがあるので、家に閉じ籠もっています。

 これまで、毎朝、畑に行って頑張っていたのが、急にできなくなり、家で読書とバイオリンに嵌まっています。

 読書は、10日ほど前に買った脳科学者中野信子著の「悩みと上手につきあう脳科学の言葉」、昨日買ってきた石原慎太郎と曾野綾子の対談「死という最後の未来」を読んでいます。

 中野信子さんの本は、毎晩、床についてから30ページほど読んでいました。
 人間関係、恋愛、自分の性格、お金の悩みにつて、色々と論じられていますが、概ね「ああそうか」納得のいくものです。
 悩みは、適当にあった方が、生きていくためには、良いそうです。

 石原さんと曽野さんの対談は、共に80歳を超えた二人が「他人の死と自分の死」「死をどう捉えるか」「『老い』に希望はあるか」につて、意見を交換されています。
 まだ、4分の1程度しか読んでいませんが、後期高齢を迎えた私も、自分の事として考え、読んでいます。
 死という我々にとって最後の「未知」、最後の「未来」について、対談を聞いて、これからの生き様の参考にと考えています。

 バイオリンも毎日、2時間程度、参考書を見たり、ユーチューブを見て、兎に角、多くのことを教えて貰っています。

 バイオリンも毎日弾いていますが、中々、右手と左手が上手く動いてくれません。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 14:57| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

ビートたけし著の「悪口の技術」

 今日は、2ヶ月ぶりにかかりつけのあいこうひ泌尿器科・内科クリニックに、尿の検査に行きました。

 今日は、何時もより患者さんが多かったの、医師に尋ねたら、私と同様に2ヶ月分薬を貰った患者さんが、薬をもらいに来られるので多いとの応えでした。

 尿の検査では、糖の数値が一寸高めと尿の残尿が多いとの事でした 。

 日頃は、特別気にすることも無く、健康なので、これからは、散歩などの運動を増やさなければと、考えています。

 午後は、久しぶりにゴルフの練習に出かけましたが、多くの練習仲間と会うことが出来ました。

 書棚の整理をしていたら、約15年以上前に出版されたビートたけし著の「悪口の技術」という変なタイトルの本が見つかりました。
 15年前の当時、買って読んだのと思いますが、内容については、一切記憶に残っていません。

 今日、病院の待合室で、『はじめに・・「悪口」が世界を動かす』だけを読みましたが、ビートたけしの世間に対する考え方が私と同じだと実感しました。
 明日から、暇を見つけて読んでみたいと思っています。

 私の書棚には、一回読んだことのある本や積ん読の本が、いっぱい有るので、出来るだけ読破したいと思っています。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

思ったように読書が出来なかった大型連休

 今朝も相変わらず、畑に行って水遣りをしましたが、先日の雨のお陰もあって、夏野菜は、元気に成長しています。
 今日で大型連休も終わりになりますが、不要不急の外出が出来ず、多くの方がストレスが溜まったみたいです。

 ストレスが爆発して、お隣と騒音問題がこじれて、殺人になった事件が2件あったと、テレビで報道がありました。

 私と言えば、大人の遊び場所、広い畑の作業があるので、ストレスが溜まることはありませんでした。

 ところが、連休前に10冊近くの書籍を準備していましたが、2冊ほどだけが概ね、読み終わることが出来ました。

 読書は、毎日、数時間はしましたが、その大半は、提起行動の「家の光」、川柳関係の「川柳マガジン」、「川柳番傘」の読書に追われました。

 本を読むのが好きですが、最近、いっぱい読んでも、余りためにならないと思うことがありますが、本を読んでいる瞬間に、色々知識が溜まっていくのが好きなのかも知れません。

 今日は、1時間ほど昼寝をしたので、床に入り、ちょっと難しい本を読みます。
 それは、眠り薬になるからです。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:03| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

暇に任せて書棚を覗く

 新型肺炎の話題がテレビ、新聞で、途切れることなく情報が発信され、国民は、情報を信じて良いのか、どうなのか迷っているようです。
 しかし、先手を打って打開策を講じることには、私は賛成です
  安倍総理から、小中高の休校の要請があって、ほとんどの学校が休校になるようですが、学校現場では混乱が生じているようで、賛否ありますが、仕方がないと思います。

 私は、毎日、時間が足りないぐらい忙しかったのですが、バイオリンのレッスン、川柳の句会などの行事が中止になり、外出することもほとんど無くなりました。

 今日も9時半過ぎに、孫の悠晴がやって来たので、一日中、妻と子守をしました。
 3月25日が一歳の誕生日なので、それまでに歩けるかどうか、本人も頑張っているようですが、私も色々と特訓をしています。
 今日は、初めて靴を履いて歩く練習をしましたが、どうにか手押し車を、上手に押して楽しんでいました。
 時折、手を離して、数秒間立つことは出来ますが、未だ歩くことは出来ません。

 妻が悠晴と遊んでいるときは、暇なので、乱雑になっていた書棚の整理をしました。
 整理をしていると、思い出の本が沢山あって、その中から、2冊の本を探し、もう一度読もうと思って、取り出しました。

 その2冊は、作家池波正太郎著の愛蔵新版「男の作法」と童門冬二著の「男の詩集」です。
 2冊とも10年近く前に読んだ記憶があり、大変感動した覚えが残っています。

 2冊とも目次と最初の数ページは読みましたが、この後、床について、男の詩集を出来るだけ読むつもりです。

 今月は、サボることなく、今日まで、28回ブログを書くことが出来ましたので、最後の明日も書くつもりです。




応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:55| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

JAグループファミリー・マガジン「家の光」から学ぶ

 数日前に、花粉症の治療にためにステロイド注射「ケナコルトA」を注射しましたので、数日経って、すこし花粉症が和らいだような気がします。
 この注射がより効果が出るためには、アルコールは控えた方が良いという医者の助言もあり、これまでより、ちょっぴり控えています。

 今日も、やんちゃな孫の悠晴が午前10時に来て、一日中、悪戯をして、久しぶりに入浴をして、午後7時頃帰宅しました。
 妻と二人で面倒見ますが、年寄りにとっては、すこし大変ですが、癒やしてくれるので助かっています。

 昨年の4月号から、JAグループファミリー・マガジン「家の光」を購読していますが、食と農を初め、色々な情報が掲載されているので、大変勉強になっています。
 また、各月ごとに別冊付録がありますが、この別冊も色々な事について教えて貰えます。
 私の手元に、3冊ほどあります。
 そに1つは、「すごい みそ汁 一年中」のタイトルで、古くから日本人に取ってなじみの深いみそ汁について、色々なレシピが用意されています。
 2つ目は、「繰り返し作りたい お弁当おかずベストレシピ」のタイトルで、お弁当作りのコツ、素材別定番おかず、朝10分で出来る簡単主菜カタログ、野菜の副菜カタログなどで編集されています。
 3つめは、楽しみながら、物忘れ・認知症を予防する「脳トレぬり絵&パズル」です。

 それぞれ、夜、床について、川柳やバイオリンの本を読んだ後、楽しく読んでいます。
 これまで、自家野菜を使い、レシピを見ながら、美味しいみそ汁を作り、家族に振る舞っています。


   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:55| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

芥川賞受賞作品掲載の文藝春秋

 今朝は、花粉症の影響で、夜中に眠れないことが多く、何時もより一寸遅く,床を離れて,朝刊を取り入ったらポストが空だったので、今日の休刊に気がつきました。

 朝刊がないので昨日から、読んでいた「初めての歎異抄 親鸞との出会い」を30分ほど読みました。
 朝の貴重な時間に、「阿弥陀仏の本願とは、他力本願とは」など、読みやすく、理解しやすく書かれたものを読み、すがすがしい1日の幕開けとなりました。

 朝食後、川柳葦群などの投句するものを近くのコンビニにあるポストに投函したあと、コンビニ内の書棚で,「文藝春秋2月号」が、目にとまりました。
 表紙に芥川賞受賞作品の全文掲載が記されていたので早速、買って帰り、読み始めました。
 まだ読み始めたばかりですが、難しいと思った割には、読みやすく感じました。

 文藝春秋では色々な、日本、世界の新しい情報が掲載され、新聞とは、内容の奥の深さが読み取れました。

 明日も、花粉症が酷いので、外出はなるべく控え、読書に時間を割きたいと思います。


  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:29| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

50年間の本が並んでいる私の書架

 今日は、久しぶりの冬の雨でしたが、一寸鬱陶しい一日でした。
 近所で、百歳の健康体操があるというので、参加しましたが、凝っていた肩や重い腰が、少し楽になりました。
 毎週金曜日に、10時から1時間半ほど行われるので、なるべく参加して、心と体を楽にしたいと思っています。

 私は、大学の頃から、良く本を読んでいましたが、大学時代は、読み終えた本を古本屋に売って、そのお金で、新しい本を読んでいました。
 就職してからは、給料を貰えるようになったので、古本屋に売ることもなく、買って読む本の数も増えました。

 震災前の書架は、書斎に幅5メートル、高さ2,5メートルの書棚に二重にぎっしり詰まっていました。
更に、幅1,2メートル高さ3メートル書棚の6個にも、二重にぎっしり詰まって並んでいました。

 震災を機に、法律の専門書や古い本、雑誌類は、軽トラック二台ほどは捨てたり、焼却しました。
 しかし、現在も古い大事な本やここ数年で買った本が、書棚に所狭しと並んでいます。
 書棚には、川柳、ゴルフ、陶芸、写真、バイオリンなど趣味に関する物が、分野ごとに並んでいます。
 小説では、これまでの芥川賞、直木賞を初め、私の好きな作家五木寛之、三島由紀夫,遠藤周作など多くの作家のものが並んでいます。

 積ん読の本も沢山ありますが,新聞の書評欄などを読んで,次から次と新しい本を買い込むので、なかなか,積ん読が減りません。
 読書は,教養の源だと思って,貪欲に頑張っているところです。



         
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:30| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

辺見庸さん新刊「純粋な幸福」

 今日は、朝8時に家を出て、11時までに三つの病院を梯子して、1ヶ月分の薬を調達しました。
 これまで、三つの病院は、それぞれ違った日に通院していたが、今回は薬が底をついてしまったので、今日まとめて通院しました。

 最初の病院は、アレルギー治療の耳鼻咽喉科、次は前立腺肥大、高血圧、コレステロールの治療の泌尿器科、最後はこれもアレルギーの治療の眼科です。
 今日の通院で、1ヶ月は大丈夫です。

 一昨日、理髪店に行った帰りに、芥川賞と直木賞受賞作家の受賞作品を探しに行きましたが、一冊もありませんでした。
 すぐ近くに、新聞の書評でで読んだ辺見庸さんの新刊「純粋な幸福」が目にとまり。一寸難しい内容の本だと思いながら購入しました。

 就寝前や病院の待合室で3分の1ほどを読みましたが、大変難しいが、読んでいます。
 何時もなら、難しい本は、途中で止めること多いのですが、読み続けています。

 解らないが、語彙の豊富さ、比喩など使った上手い表現が伝わってくるので、自分の力が付くような感じがするので読み続けています。


  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 21:16| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

書店で芥川賞、直木賞の受賞作品を探す

 今日は、朝からミスが幾つかありました。
 理髪店に行く途中で、コンビニで振り込みをしようとしたら、締切が昨日までで、振り込みが出来ませんでした。

 理髪店ついたら、休店の看板が下がっていましたが、考えてみると、第3火曜日で休日でしたが、これまた失敗です。

 理髪店近くの書店に行って、先日発表された、芥川賞と直木賞の作品を探しましたら、見つかりませんでした。

 芥川賞の受賞作家の古川さんの「背高泡立草」は、25日発売予定だそうです。

 また、「自動起床装置」で、芥川賞を受賞した辺見庸さんの新刊「純粋な幸福」も探したが、これまた見つからず、空振りで帰りました。

 2週間が経つのは早いもので、明後日はバイオリンのレッスンがやってきます。
 毎日飽かずに、頑張っていますが、なかなか思うように行かないのが実情です。
 しかし、少しずつですが、進歩を感じているのも事実です。

 これからもひたすら、毎日努力有るのみです。



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

文章を学ぶ会「ぺんぺん草」

 今日の朝刊によれば、14日に開業した大型商業施設「サクラマチ クマモト」の来館者が10日間で、100万人を突破したそうです。
 開業当日は、電車・バスを無料にしたこともあって、想定の10万人をはるかに超えて25万人が来館したようです。

 この調子で、この商業施設が鶴屋百貨店と競い合いながら熊本繁華街の核となって繁栄して欲しいもんです。

 今日は、第4木曜日なので、バイオリン教室の日でした。
 10名近く、しかも、レベルは違う生徒ばかりなので、一様に講座を進めるのは難しいようです。
 高齢で、音楽にあまり関心のなかった私は、皆さんの足を引っ張っているようです。
 そこで、先週から、個人レッスンも始めました。
 今日の4時半から、個人レッスンを受講するので、今日はダブルで練習です。

 八月から、川柳仲間が、文章を読んだり、書いたりして勉強会をされていますが、誘われて、参加しました。
 最近の勉強会は、会員それぞれが、書いた文書を読んで、お互いで意見交換されています。

 私も何か書かなければと考えていますが、先ず何を書いていいか、頭に浮かびません。

 案として浮んでいるのが、私が住んでいる近見町の歴史について知っているだけ纏める案と私は生まれた時から、地域の人を初め私の周りの人から「おさむちゃん」の愛称で呼ばれています。

 そこで、私の生い立ち、私の名前「修」の謂われなど面白く纏めてみようかと思っています。

 原稿用紙7,8枚となれば、ブログを書くように簡単にはいきません。
 今日の夜からでも、挑戦してみます。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:36| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

君を強くする法律の本「こども六法」

 今日も秋晴れの一日でしたが、秋というのに、30度を超える熱い日が続いてます。
 先日の台風15号の被害で、未だ停電が続いている千葉県では、普通の生活が出来ず、限界に達し、体調を崩される人が居るようです。
 東京電力では、国内の電力会社の力を集め、復旧されていますが、倒木が多く、復旧が遅々として進まないのも、今回の台風被害の大きさに驚かされます。
 一日でも早い復旧を、心から願っています。

 私の第二週の週末は、バイオリン教室、私が講師をしている川柳教室などと忙しい日が続き、ちょっと疲れ気味です。

 数日前に、書店に行って注文していた一冊の本がやっと手に入りました。
 その本は、いじめ、虐待に悩んでいるきみへ、君を強くする法律の本「こども六法」という本です。
 この本の著者は、法学部出身でなく慶応義塾大学総合政策学部卒業、現在は、教育研究者、写真家、俳優の山崎聡一朗さんです。
 本は、刑法、刑事訴訟法、少年法、民法、民事訴訟法、日本国憲法、いじめ防止対策推進法の7つの法律の主な条文を、小学生でも理解できるように、分かりやすく、書かれています。
 また、漢字には、全てひらがなのルビがふってあるのも特徴です。
 私も、毎晩、寝床で読んでいます。

 小学生をお持ちの両親には、ためになる本で、子供にも役立つ本だと思うので、お勧めします。


   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

仕上がり激変 洗濯の新常識

 先日、4月から定期購読している「家の光」10月号が届きました。
 一昨日、昨日は、床に入って、10数ページづつ読んで、いろいろ物知りになっています。
 家の光は、大正4年創刊の農業従事者を対象に創刊された歴史のある雑誌です。
 日々の生活や農事一切の記事が沢山掲載されている雑誌なので、とっても為になります。

 今月号も、農家で多くなったベトナムなどアジアの国からの外国人労働者と仲良くなるための10のヒント、仕上がり激変 洗濯の新常識などの記事があり、目に止まりました。

 私も妻が旅行などで留守の時、洗濯物を放り込むこともあるので、クリーニング師中村裕一さんが紹介される洗濯の新常識は、これまでの間違ったやり方などを指摘してくれました。

 7つほど、新常識が紹介されていますが、その中を3つほどを皆さんにも教えたいと思います。
 その1つは、「外干しでなく、部屋干しをする」。 
 外干しをするとほこりや細かい砂が付着したり、紫外線で服が傷みやすくなったりします。
 また、季節や天気という要素に影響を受けるからのようです。
  
 2つ目は、「水でなく、お湯で洗う」。
 「一番汚れが落ちる洗剤は何ですか」とよく質問がありますが、その時の答えは「湯です」だそうです。
 水洗いでは、臭いや黄ばみの原因の油や皮脂の汚れが落ち切れませんが、お湯洗いは、これらの問題を解決してくれるそうです。

 3つ目は、「アイロンは重めで、コード付きのものが良い」。
 綿のシャツはなどは軽いアイロンだと力を入れない としわが取れないのである程度重さがあるものが楽。
 しわを取るにはしっかりとスチームを当てて、服の繊維を柔らかくすることが大切ですが、コードレスだと長く使うと充電量が減って、スチーム量が不安定で、いろいろ問題が起こるそうです。

 洗濯の新常識を知ったお蔭で、ほこりなどついていない、柔らかい服が着れて、生活が快適になりそうです。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



   

posted by osamu at 10:55| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

時間探して読書三昧

 ここ数日は、雨続きで、畑仕事を初め、外での仕事があまりできません。
 昨日は、31日に行われる熊本南CCの開場記念コンペに参加する予定なので、少しでも良いスコアが欲しく、ゴルフの練習で汗を流しました。

 また、大好きなビールが無くなったのでスパーに行って,ス―パードライ大びんを二ケース買って来ました。
 ビール好きの私は、ビールのストックがないと落ち着きません。困ったものです。

 残りの時間は、孫と一緒に遊んだり、バイオリンの練習をしたりで、その余った時間は、殆んど本を読んでいます。

 先日、ぶらりと本屋に寄ったら、「死」に関係のある2冊の本に出会いました。
 その1冊は、小学館出版 宮下洋一著の「安楽死を遂げた日本人」、もう1冊は、朝日出版社 末井昭著の「自殺」です。
 話の内容は、ともに「安楽死」と「自殺」という死に纏わるお話です。

 安楽死の本は、現在、3分の1ほど読んでいますが、寝たきりになる前に自分の人生を閉じる事を願っている多系統萎縮症を患う50台の独身女性の日々を綴ったものです。

 私は、自死や、尊厳死、安楽死などの本にちょっと興味があって、数冊これらの本が書棚に並んでいます。

 普通の方は、「ピンピンコロリ」の死を願っていると思いますが、私も例外でありません。

 親族のお世話にならずにあの世行きたいと願い、日頃は善を積む努力をしています。
 しかし、人は生まれる時も死ぬ時も、自由になるものではありません。
 こんな本を、読んでいると色々な死生観があることに気づきます。


 もう1冊の「自殺」の本は、幼い頃母が自殺した過去を持つ著者の自殺に関する思いを書かれたものです。
 これから、読みますが、どんな話が展開されるか楽しみです。
 夏休みが終わり 昨日から、学校が始りましたが、子供たちの自殺がなければと心配しています。

 また、バイオリンを始めたので、バイオリンの参考書を集めていたら、10冊近くになりました。
 その中に「面白いバイオリン辞典」がありますが、この本は、バイオリンに纏わるいろいろな知識を与えてくれる本です。
 ちょっと、出かける時に、バッグに入れれ、暇な時に読んでいます。
 暇つぶしには、適当な本です。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




posted by osamu at 10:31| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

芥川賞受賞作「むらさきのスカートの女」

 昨日は、4月から始めた8回目のバイオリン教室でした。
 教室は、鶴先生の楽しいキャラクターのお蔭で、大変楽しいのですが、奥が深く、難しいので、思うように上手くならず、少し焦っています。
 まだ、音楽の基本が理解できていないのが、原因だと思っていますので、樂譜の読み方入門などのビデオでを見ながら頑張っています。

 バイオリンの音は、最初に比べると、綺麗な音が出るようになりました。
 また、 腕、手首、指の使い方も、柔らかくなりました。
 まだまだ、努力が、足りないようです。

 芥川賞と直木賞の受賞作の発表のがあった翌日今村夏子さんの芥川賞受賞作「むらさきのスカートの女」を買いに書店行ったら、売り切れていたので、注文していた本がやっと手に入りました。
 今日で3日目になりますが、やっと3分の1ほど読み終えたところです。

 これまでに、あまり読んだ経験のない様な唯一無二の切り口の内容ですが、文章自体は、易しい表現で書かれているので、読みやすいです。

 出かける時も、何時も持って出て、時間があれば読んでいます。

 あらすじは、近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性の事が、気になって仕方のない(わたし)は、彼女と「友達」になるために、自分と同じ職場で働きだすように、誘導し、その生活を観察し続けます。
 私が読み終えた3分の1は、誘導して、働き始めたところです。
 残る3分の2で、どんな展開があるか楽しみです。
 今夜も、床について、1時間ほど読むつもりですが、ひょっとしたら、朝方まで読み続けそうです。



    
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 17:24| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

五木寛之の「大河の一滴」を再読

 心配していた台風50号も、熊本市内は、かすめる程度で一過して呉れて安堵しています。
 長崎や福岡は、風の他に雨も降ったので心配です。
 壱岐に1人で住んでいる母の妹の叔母が、台風が大丈夫だったかも心配です。

 今日は、第25回参議院議員選挙の投票が行われ、夜には、即日開票が行われますが、選挙の結果が気にかかるところです。
 私の個人的な意見としては、与党に勝って貰い、今の政権を維持した方がいいのではないかと思い、与党に期日前投票をしたところです。

 与党に勝ってもらい、国民が納得する政治を行って欲しいものです。

 また、大相撲名古屋場所も、今日、千秋楽を迎えますが、昨日、横綱鶴竜が勝ち、白鵬が琴奨菊に完敗して、鶴竜が1歩リードしているので、このまま優勝して欲しです。

 また、地元力士佐田の海が昨日勝って、今日勝てば二桁勝ち関脇の望みもあるので、応援をします。

 毎週土曜日の夕刊に、私の好きな作家五木寛之氏が、「新・地図のない旅」を連載していますが、毎週、面白い記事を楽しんで読んでいます。

 数日前に、書架に、芥川賞と直木賞の本が並んでいる隣りに、五木寛之さんの本が数冊並んでいました。
 その中の一冊「大河の一滴」が目に止まり、本棚から引きだして、再読しています。

 20年前に、読んで、激務で荒んでいた心を癒して呉れた事を思い出し、寝床に着いた後、30分ほど読んでいます。

 この大河の一滴は、私達が生きていくための色々な事を教えてくれる本です。



   
応援    のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 09:44| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

第161回芥川賞及び直木賞発表

 17日に、東京の築地の料亭「新喜楽」で、第161回芥川賞と直木賞が選考され、芥川賞は、今村夏子さんが3度目の候補で「むらさきのスカートの女」で射止められ、直木賞は、大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び(うず いもせやまおんなていきん たまむすび)」に決まった。

 今村さんの受賞作は、主人公の「わたし」が近所で異彩を放つ女性をストーカーの様に観察しつ続ける、ねじれたユーモアに満ちた物語だと批評されています。
 大島さんの受賞作は、江戸中期の浄瑠璃作者、近松半二の生涯を描かれた作品です。

 私は、何時の頃から芥川賞と直木賞の受賞作を買い始めたか記憶にはありませんが、買い始めた頃から、作品の書評を読んで、面白くないか、好きな内容でなかった以外は、殆んど買っていますので、多くの受賞作品が書架の一角に並んでいます。

 前回は、芥川賞受賞作品上田岳弘さんの「ニムロット」と町屋良平さんの「1R1分34秒」の2冊を買って、3日ほど貪り読みました。

 昨日、今村さんの「むらさきのスカートの女」を買いに行ったら、在庫がなかったの注文をしてきました。
 早く手にして、読みたい心境です。

 新聞によれば、今回の受賞者が二人とも女性だったように、最近は、受賞候補者も、受賞者も女性が多くなったそうです。
 今回の芥川賞の候補者は、6名全員女性だったそうです。

 我々男性は、少なくとも、男女が拮抗して、バランスのとれた作品を読みたいものです。



    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 13:47| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

芥川賞受賞作2冊目「1R1分34秒」

 今朝は、兎に角寒い。
 ちょっと外に出ただけで、頬が冷たい風に打たれ、痛かったほどです。

 殆んど家の中で、過ごす一日でしたが、外を覗くと曇った空、激しく揺れる木々の枝を見るだけで、寒そうでした。
 ここ数日のゴルフの練習で良い結果が出ているので、練習に出かけようかと思いましたが、風邪を引きそうなので止めました。

 午前中、ちょっと出かけて、本屋を覗き、二冊の本とレザークラフトの作り方と必要な道具がついているもを買ってきました。
 昨日の夜で、芥川賞受賞作品上田岳弘著の「ニムロッド」読み終え、寝る前の寝床で寂しいので、もう一冊の芥川賞受賞作品町屋良平著の「1R1分34秒」を読もうと買ってきました。
 もう一冊は、今最も注目される起業家による渾身のメモ術の見出しがついた前田裕二著の「メモの魔力」です。
 あまり、メモを取るのが好きでないので、ちょっと興味があり、買ってみました。
 早速、この二冊の本を、風呂に入って、床に入り、読むつもりですが、昼寝を長くしたので、何時もより長く読めそうです。

 このブログを書いていたら、近所に住んでいる義妹が、豆撒きの豆をもってきたので、厄払いの豆を家中に撒いて、鬼を追い出しました。
 今年も良い事が沢山ありそうですが、自ら良い事をすれば、良い事は寄って来るものと信じています。

 日々、善を積むことを肝に銘じています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

健康に関する二冊の単行本読破

 今日は、朝早くから明日の新老人の会川柳教室の準備を行い、午後にやっと出来上がりました。

 午前中の11時頃から、月に一度通院している耳鼻咽喉科クリニックに行って、簡単な診察と薬局からいつものジェネリックの薬を貰ってきました。
 以前は、普通の薬を貰っていましたが、ジェネリックに変えたら、薬価が大変安く練りました。

 私が通院している病院は、大変人気があって、受診するまでに、1時間はゆうに待たされます。

 昨日は、午後に理髪店に行って、髪切った後、すぐ近くの書店に行って、二冊の健康に関する単行本を買ってきました。

 1冊は、薬剤師・体内環境師の加藤雅俊著の「1日5分 薬に頼らず血圧を下げる方法」で、今月で累計200万部売れている本です。
 もう1冊は、カイロブラクティック・整体師・美容家の南雅子著の「すべては股関節から変わる」副題「「1日1分運命を変える奇跡の整体」です。
 この本は、私が最近腰痛で悩んでいるので、腰痛を股関節を柔らかくして直そうという魂胆で買ってきました。

 昨日の午後から、夜、夜中まで、今朝は早くから、2冊の本をななめよみ程度でしたが、読破しました。

 2冊の本で共通しているのは、自然体で、毎日体をほぐすことです。
 また、体のツボを抑えて治療することでした。
 早速、朝から頑張ってストレッチとツボ押しをやっています。




   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 16:47| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

読書三昧の毎日

 今朝は、夜半から雨がしとしとと降って、昨日庭に植えた花の苗には喜雨のようです。
 今日の午後は、毎週第4火曜日恒例の新老人の会川柳教室の日でした。
 講座生は、現在16名ですが、何せ高齢者が多く、最近は全員出席は、あまりなく、今日も10名の出席でした。

 10名の出席の中に、90歳を超えた方が2名居られますが、頑張って居られます。

 読書の秋は、終りに近づき、冬の足音も近くになりました。
 私は、未だ毎日が読書の秋の延長で、川柳の柳誌、句集、参考書を初め、書店から購入した書籍を読んでいます。

 現在、読んでいるのは、テレビで知った渡辺順子著の世界のビジネスエリートが身につける「教養としてのワイン」です。
 ワインに造詣の深い渡辺順子さんが世界のワインの生産地を初め、ワインに関することをきめ細かく解説されています。

 ビール大好きな私ですが、ビールの次に好きなのがワインです。
 この本を読んで、ワインのことの入り口の扉が開いたのか、色々解ってきました。

 一回だけは詠み終わりましたが、これから時間を見つけて多読して、ワインの通になりたいと思っているところです。
 川柳も奥が深いですが、ワインも川柳に劣らずとっても奥が深いです。

 ビールよりワインの方が健康に良いので、ワイン通になったら、ビールとワインの両党つかいで飲みたいと思います。
 まだ、何冊かの本を読んでいますので、読み終わったら、内容を紹介します。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする