2020年11月28日

朝ドラ「エール」最終回に感動

 私は、15年前に熊本市役所を退職した時から、毎朝、NHK連続テレビを楽しむ日々が続いています。
 夏は、朝早くからは畑で農作業をして、8時前に家に帰り、朝食を取りながら朝ドラを見ました。

 昨日で最終回となった「エール」は、昭和の音楽史代表する古関裕而氏をモデルにしたドラマで、「マッサン」以来の6年ぶり男性が主演でした。

 エールが始まってから、コロナ禍が列島に広がり、やむなく2ヶ月半の撮影休止などの逆境を乗り越えながら、コロナ禍に喘ぐ多くの国民を楽しませて、支えてくれました。
 昨日の最終回は、主演を努めて窪田正孝さんが司会を務める「『エール』コンサート』と題した特別編がNHKホールで行われました。
 全編15分コンサートは、朝ドラ最終回史上初とみられる極めて異例のフィナーレだそうです。

 コンサートは、子役の合唱から始まり、古関さんの名曲の数々を、ドラマのキャストが熱唱してくれました。

 中でも、岩城さんのたっぷりの声量、直太朗さんの優しい声、薬師丸さんの透き通るような声、聞いていて感動が止まりませんでした。

 孫の悠清もいつも、お昼に見て喜んでいたので、最終回は録画しました。
 これから、孫と録画を再生して、二人で楽しみます。

 長い間、自粛の中、素晴らしいドラマ有り難うございました。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


  
posted by osamu at 17:16| Comment(0) | テレビからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: