2020年07月15日

妻の実家のお墓参り

 先日も、娘が人吉の災害地のボランティアに行ったので、孫の悠晴を何時もより早い8時に預りました。
 今朝も、娘が数ヶ月に1回の診察を熊本大学病院に受けに行ったので、妻と一緒に7時過ぎに、マンションに迎えに行きました。
 いつも、迎えに行けば、笑顔で一緒についてくるので、余り苦になりません。

 一旦、家に帰り、今日は妻の実家が7月のお盆なので、孫も連れてお墓参りと仏様参りに出かけました。

 これまでは、4年前の水害で、家に添って緑川に流れ込む谷川が、決壊、氾濫した時以外は、親族が集まって、先祖をお参りしたあとは、男衆は、酒盛りをし、酔っ払うまで呑むのが普通でした。

 今年は、コロナ禍のこともあって、一堂に回することはしないで、それぞれの家族が、好きな時間にお参りをして帰ることになりました。
 私達夫婦と孫は、3人分の美味しい弁当を買って、持参して、義母と一緒に食べました。
 ちょっと寂しい盆になりましたが、今回の災害で、お参りする仏様、お墓がない人のことを考えると、お参りするところがあるだけでも幸せです。

 ちょっと吃驚する光景がありましたが、まだ1歳3ヶ月の孫が、お墓でも私の真似をして、手を合わせ、仏様の前では、手に数珠を掛けてお参りしていました。

 手前味噌になりますが、賢明で、利発に飛んだ孫で、可愛がり甲斐が有り、毎日が楽しいです。
 私達の地域は、8月のお盆ですが、我が家もひっそりとしたお盆になりそうです。

 毎年、加勢川の下流域で行われる精霊流しや花火大会も中止となっているので、遠花火の音も聞けません。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:06| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: