2020年06月17日

第66回熊日川柳大会

 毎年10月に開催され、今年で66回を迎える熊日川柳大会の実施要項を決める会議が、熊日本社の会議室で行われました。

 ここ最近は、ある吟社の会長が、熊日が行う会議を牛耳っていたので、熊本県川柳研究協議会の会議では、熊日が主催者として会の運営を行って欲しいということをお願いしていました。

 今日の会議では、熊日の担当者が、これまでとは違って、イニシアチブを取られ、会議を進められたので、これまでとは違った立派な会議で、建設的な意見の出て、これからの熊日川柳大会に未来の灯りが見えたようです。

 また、事業局長は、何時も、挨拶をされて、退席をされますが、今日は、最後まで残って、多くの意見に耳を傾けて居られたので、私をはじめ、出席者の数人は、感動していました。

 今年は、11月に開催が予定されている全国大会は、コロナの影響で、ほとんどが、大会開催は中止になり、誌上大会に
変更になっています。
 10月開催予定の熊日大会が、無事に開催できることを願うばかりです。

 熊日川柳大会は、昭和28年に初めて開催され、今年で66回も開催される、全国でも珍しい大会なので、熊本県内の川柳人が、頑張って、守り続けていくべきだと思っています。
 私も、この歴ある大会だけは、川柳を続けるかぎり、守っていく意気込みで溢れています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:46| Comment(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: