2020年06月16日

畑の野菜を何者かに荒らされる

 今日は、数日の雨のあとで、ちょっと晴れ間が見えたので、畑に行って、草刈り機を使って除草を頑張りました。

 除草をしていたら、やっと実が成りそうになっていたとうもろこしを、何者かに荒らされていました。
 人間が荒らした様子ではなかったので、きっと、イタチか狸の悪戯ではないかと思われます。

 昨年もやられたので、何か対策を講じなければと思った矢先の事でした。

 数日前は、トマトと胡瓜をちょっと囓っただけで、棄ててあったので、同じものの仕業だろうと思います。

 拳より大きい西瓜が10玉ほど、実がついていたので、何者かにやられるま前にと思って、網を覆って、侵入できないようにしました。

 これまでに、夏野菜がカラスにも悪戯されましたが、今のところカラスの被害は出ていません。

 私が小学校の頃、伯父達が丹精込めて育てた茄子や胡瓜を、収穫前に盗まれることがありました。
 このように野菜を盗むことは、「野荒らし」といって、警察も取り締まっていましたが、犯人を捕まえることはできず、収入源に成ってしまいました。
 私も丹精を込めて育てた野菜が、動物と言っても、荒らされるのは、ちょっと残念でたまりません。

 悪戯にめげずに、これからも畑で、農作業を頑張ります。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:21| Comment(0) | 楽農家おさむちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: