2020年06月03日

川柳月刊雑誌の投句に悪戦苦闘

 もうすぐ梅雨入りになりそうですが、今日は前触れのように、午後に入り、しとしとと雨が降り始めました。

 今朝は、雨の予想は解っていましたが、ちょっとだけ、野菜に水遣りをしました。
 水遣りの後は、機械で除草出来ない、また、除草剤が散布できない野菜の根元の除草を一本づつ行いました。


 夏野菜の胡瓜と茄子は、後一週間もすれば、少しづつ収穫が出来そうです。

 とうもろこしも、実がしっかりついています。
 西瓜は、小指程度の大きさの実が数個つき始めました。
 毎日、朝早く、畑に行くのが楽しくなりました。

 月初めになると、川柳の月刊誌の『川柳マガジン』『川柳番傘』が届きます。
 毎月、この2つには、投句をしていますが、締め切りが毎月15日なので、この2週間は、句を作るのに悪戦苦闘しています。
 それぞれに、雑詠、課題吟、印象吟(イメージ吟)、川柳マガジンには、時事吟もあるので大変です。

 悪戦苦闘して、頑張って投句しても、入選は中々出来ません。

 最近は、以前の毎回全没とは違って、数句は入選できるようになったので、頑張り甲斐があります。
 ここ数日が正念場です。
 一気に頑張りますが、何時も、最後まで出来ないのが印象吟です。
 印象吟の課題の絵を見ても、中々空想、想像が膨らみません。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:49| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: