2020年02月19日

無名塾「ぺてん師タルチュウ」を観劇

 今日も、朝早くから、庭に数羽の目白がやって来て、昨日与えたみかんを飛び交いながら、食べていました。
 今日も数個のみかんを与えたので、夕方まで広い庭をあっちこっちと飛び回っていましたが、孫の悠晴も、目をパチクリしながら喜んでいました。
 明日も、飛んできてくれたら、孫も喜ぶ事と思うので、朝早くから新しいみかんを準備します。

 午後は、久しぶりの熊本市民劇場の仲代達矢が率いる無名塾の「ぺてん師タルチュウ」を観劇しました。
 「ぺてん師タルチュウ」は、17世紀の劇作家モリエールが鋭い風刺の効いた喜劇です。
 演出家は、仲代さんと懇意な高橋和男氏ですが、仲代さんから依頼され、右も左も解らない演劇の演出を挑戦されたようです。

 とっても面白い、わかりやすい喜劇で、館内から、何度も拍手が飛んでいました。
 また、仲代達矢さんの名演技には、館内が静まりと笑いで盛り上がっていました。

 家に帰っても、観劇の余韻が残るほど、心が癒やされた午後でした。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:26| Comment(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: