2019年11月06日

孫の笑顔に癒やされる日々

 ここ数日の畑での野菜の収穫や秋野菜、冬野菜の種蒔き、またゴルフなどで疲れていましたが、今朝も畑で午前中頑張りました。

 やっと、綺麗な畑になり、キャベツ、ブロッコリー、水菜、白菜は健やかに成長しています。
 3日ほど前に、種を植えたニンニクは、幾つか、芽を出しています。

 畑仕事の合間を見ながら、川柳の句作りも頑張っています。
 6日が締切になっている熊日新聞社の新春文芸の投句、15日締切の川柳葦群とやっと終えて、これまた、15日締切の川柳マガジン、川柳番傘の投句の作品に頭をひねっていますが、中々良い句が浮んできません。

 明日は、川柳真風吟社の句会ですが、まだ作品が出来てないので、寝床にはいいて考えたいと思っています。

 話は、課題の孫の事ですが、長女の孫「悠晴」は、ウイークデイには、私の家で、妻と一緒に預かっています。
 子守りは、妻がほとんどしますが、妻が忙しい時は、子守りが私に回ってきます。

 孫とは、子守りというより、一緒に童謡など聞きながら遊んでいます。

 孫は、私に似て、愛嬌が良いので、誰にでも喜んで抱かれています。
 その孫が、朝、家に来たらニコッと私に笑顔くれます、また昼寝から起きても、私の顔を見ると笑顔をくれます。

 毎日、孫の絵が出癒されています。
 明日は、娘が人間ドックなので、孫をマンションまで、妻と迎えに行きますが、きっと、ニコッと笑顔で迎えてくれると思います。

 私には、もう一人、横浜に5歳の孫がいますが、この孫も大変会釈が良いです。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:36| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: