2019年10月29日

女優 八千草薫さんの死を悼む

 可憐で上品な雰囲気で親しまれた女優八千草薫さんが24日にすい臓がんで死去されたニースが、昨日の夕刊、今日の朝刊に大きい紙面で報道されていました。

 私が八千草さんを知ったのは、幾つかのテレビドラマや映画でしたが、非常に身近に感じたのは、中央大学に入学して、最初に住んだアパートが、八千草さんの住んでおられた家の近くだったからです。

 また、高校時代の友人が、八千草さんの住まいと5〇〇メートルほどし離れていなかったこともあり、近くの商店街で会っていました。

 もう50年近く前の事ですが、商店街で会って、「お綺麗ですね」と声を掛けると、顔を赤らめて、「有り難う」言われた返事が、鮮明に記憶に残っています。
 歳の離れたご主人谷口千吉と並んで歩いておられた姿もよく覚えています。
 二人で歩かれる二人の姿から、仲の良さを感じたものです。

 私も八千草さんの訃報を知って、50年近く前の初めて上京した寂しい頃を懐かしく思い出しました。

 今日の熊日の朝刊に「70代トリオで元気届ける」の大きな見出しで、熊本元職員3人で結成される「ピッカリブラザーズ」が、各地に出向いて腹話術と音楽を届けら、御年寄に喜ばれている記事が有りました。

 3人とも私より、2,3歳年上で、よく知っています。
 トリオの一人村田昭英さんは、市役所の入所が同期で、同期との宴会では、美味しい酒を嗜みました。
 また、私の結婚式では、数名の音楽好きの仲間と一緒に、バンド演奏をして、祝宴に花を添えて貰いました。
 これからも、御年寄のためのボランティアを続けて貰いたいものです。




  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 09:18| Comment(0) | テレビからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: