2019年10月27日

第65回熊日川柳大会に参加

 今日の午前10時から、熊日新聞本社の2階のホールで、第65回令和元年の熊日新聞川柳大会が行われました。
 参加者は、当参加者が72名で、事前投句者が当日参加者とほぼ同数で、例年の参加者と同じ横這い状態です。

 大会は、午前中に、一般の投句が行われ、午後1時から、ジュニアの入選者の披講に続いてジュニアの入選者の表彰式が行われました。
 今回のジュニアの参加者は、2000名に近くに上り、ジュニアの川柳に力を注いできた私は、感動を覚え、更に感激しました。

 もう一つ感心したのは、ジュニアの選を担当された道田由佳さんと村上一美さん二人の入選句のコメントの内容の素晴らしさを感心して聞き惚れました。
 一般の披講に入って、私もやっと平抜き4句が入選できました。
 私の稚拙な入選句を紹介します。

 課題「すんなり」では
  すんなりと忘れてあげる蝶の過去
 課題「生む」では
  大空の雲百様の景を生む
 課題「はらはら」では
  はらはらと白菊こぼれ喪が明ける
 当日課題の「熱気では
  新米記者熱気で埋まる原稿紙
  諦めぬ九回裏にある熱気

 川柳マガジン、川柳番傘など、レベルの高い句を投句して入選で来ても、地方の大会では、なかなか入選できないことを実感しました。
 また、一発を狙っての意外性の高い句を作っても入選できないのが実情です。

 やっと大会も終わり、ホッと一息して、他の趣味、ゴルフ、バイオリンを頑張ります。

 明日は、病院に行ったり、畑仕事をしたりと忙しい一日のようです。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:48| Comment(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: