2019年09月16日

東京五輪マラソン代表者内定

 今日は、熊本市の藤崎八幡宮例大祭の神幸行列が、薄暗い早朝から始まっています。
 私は、いつも通り、6時頃に畑で草刈りをしていましたが、遠くから、祭りの馬追いの鉦や太鼓の音を聞くことが出来ました。

 何時もなら、例大祭の頃は「隋兵寒合」と言って、秋の気配を感じられるはずですが、強い日差しが連日降りそそいでいます。

 14日から、金沢にパパと帰省した孫の「悠晴」くんは、金沢の親戚の皆さんに、愛嬌を振りまいて、喜ばれています。
 毎日、娘から悠晴くんの動画が送られてきますが、笑顔ばっかりで、元気のようです。
 早いもので、明日は帰省し、明後日は、我が家にやってきます。

 昨日は、2020年五輪の日本代表選考レース「マラソングランチャンピオンドシップ」が、東京の明治神宮外苑の発着で行われました。
 男子は、富士通所属の中村匠吾選手とトヨタ自動車所属の服部勇馬選手が、女子は天満屋所属の前田穂南選手と日本郵政グループ所属の鈴木亜由子選手の男女それぞれ2名づつが内定しました。

 惜しくも、内定できなかった3位の選手と内定した2位の選手とに差は、秒単位の過酷なレースです。

 五輪代表の代表枠は、3名なので、あと1名の代表決定に、熾烈な戦いが繰り広げられそうです。

 今日の午後のテレビで、内定した選手の舞台裏密着の話題が放映され、激闘の裏側の知られざるドラマを垣間見ましたが、大変さに感動しました。


   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 16:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: