2019年09月11日

2019年司法試験合格者発表

 昨日の夜は、熊本県内最大の芸術文化の祭典「第61回熊本県芸術文化祭」の前夜祭が、ホテル日航熊本であったので、川柳仲間と一緒に参加しました。
 今年も、例年のように、本年度の芸術功労者11名と荒木精之記念文化功労者3名の表彰式もありました。

 今日の朝刊を開いたら、ちょっと気になる二つの記事がありました。
 一つは、今年の司法試験の合格者が、新司法試験移行後最少の1502名という記事です
 今年の合格者数のトップは、慶応大学の152名で、東京大学134名、京都大学126名、私の母校中央大学は109名で4番目でした。

 過って50数年前、司法試験を目指して中央大学に入学しましたが、その当時は、10年位勉強しなければ、合格できなかったので、あっけなく1年で、司法試験を諦めました。
 しかし、何年経っても、司法試験の合格の記事が載ると、過って合格者数のトップを誇った母校中央大学の合格者の記事が気になり読んでいます。

 もう一つの記事は、時の人を紹介する「人ひと」の全国知事会会長に就任された徳島県知事飯泉嘉門さんの記事です。
 「国への陳情でなく、地方が自ら解決策を示す『政策提言』が大切だ」と、地域が抱える課題克服へ先頭に立って取り組まれる意欲は、旧自治省の官僚出身から伺えます。

 飯泉知事は 徳島県知事として5月から5期目に入られたそうです。
 来年選挙が行われる 熊本県知事は、4選について、多選は色々弊害が生じるという意見もありますが、知事として、県民が納得する政治をするならば、私は、多選は問題ないと思います。


  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:26| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: