2019年07月15日

孫の百日のお祝い

 今日は、久しぶりに晴れ間が見えたので、朝早くから、畑で胡瓜、トマト、苦瓜の収穫、畑から帰宅して朝ごはんを食べた後は、雨ですっかり大きくなった庭の雑草に除草剤を散布しました。

 午後は、久し振りのゴルフの練習で、たっぷり汗を流しました。

 昨日の夕刻は、小雨の中、豆腐料理のお店「梅の花」で、3月25日に誕生した孫「悠晴」の百日のお祝いを、娘夫婦、私達夫婦で行いました。
 ここのお店で、孫のお食い初めの準備もして頂いたので、お祝いの乾杯の前に、お食い初めの儀式をしました。
お食い初めとは、赤ちゃんが、歯が生えるまでに成長したことを喜び、「一生食べ物に困らないように」という願いを込めて、赤ちゃんに食事のまねごとをさせる儀式だそうです。
 お食い初めの膳を食べさせる順序は、@ お赤飯 A お吸い物 B お赤飯 C おかず D お赤飯 E お吸い物 ですが、これを、先ず祖父の私、祖母の妻、父親の順で3回繰り返しました。
 次に、お食い初めの石(歯固め石)に触れて、その箸を、赤ちゃんの歯茎、あてて、「丈夫な歯が生えますよう」とお願いしました。

 お食い初めの膳の食べもののお品には、赤飯を初め、おかずのそれぞれに、縁起や成長の意味がありました。

 齢74にして、4歳と生まれたばかりの孫なので、可愛くてしようが有りませんが、なるべく長生きしなければと、再認識しました。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:43| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: