2019年03月16日

熊本駅在来線新駅舎が完成

 今日は、一日中暖かく、農作業に良い天気でしたが、いろいろ事務作業があったので、パソコンに向かって、キーボードをひたすら叩いていました。
 午後4時過ぎからは、ゴルフの女子プロのトーナメント、その後は大相撲初場所7日目を観戦しながら、ブログを書いています。

 最近、土曜日の夕刊の来るのを、楽しみながら待っています。
 何故かというと、土曜日の夕刊には、作家五木寛之のエッセイ「新・地図のない旅」が連載されているからです。
 今日のエッセイのタイトルは「健康は命より大事か」で 80歳を超えて、体力がとみに衰え、最近は膝まで痛くなり、歩くことが苦痛だとか、夜中のトイレ起きが多くなったなどの話が、面白く書かれていました。
 来週のエッセイが楽しみです。

 今日の夕刊の一面に、熊本駅在来線新駅舎が完成して、駅前広場で蒲島熊本知事らがくす玉を割って完成をお祝いされた記事がありました。
 新駅舎は、建築家の安藤忠雄氏が熊本城の石垣「武者返し」をイメージした、グレーの外壁で出来ています。
 この特徴ある駅舎は、県民に愛されるのでは、ないかと思います。

 記念式典の写真には、歴代の駅長さんが並んで写されていました。
 私の知人である二人が、生きておられるならばと、この写真に顔があるのではと思い、懐かしい気持ちになりました。
 その二人は、川柳仲間の冨安清風子さんと近所に住まわれ、よくお世話になった寺本翠さんです。
 お二人には、弟のように可愛がって貰い、感謝しています。
 お二人も新駅舎の完成を喜ばれている事でしょう。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:50| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: