2018年12月28日

味噌料理本「みそさえあれば」

 今日は、寒波で日本列島が冷蔵庫の中に入っているような寒い一日です。
 寒いので、外出したのはやっと出来上がった年賀状を近くの郵便局まで投函しに行ったぐらいです。

 一日中、部屋の中でテレビを見たり、パソコンを叩いたりと、時には居眠りをしていましたが、暖房は24度ぐらいしなければ、寒い様な状態でした。
 午後4時頃、外を覗いたら、少しですが雪が舞っていました。
 外は、見るからに寒そうでした。

 先日、理髪に行った際、理髪店の近くの本屋さん寄って、スクワットの本を探していたら、隣の書棚の珍しい味噌の料理本「味噌さえあれば」が目に止まり、早速買って帰りました。
 この本には、手早くてシンプル、毎日おいしく食べれる「みそ汁、味噌おかず」の75日なのレシピが載っています。
 味噌汁は、色々な種類を使った味噌汁、みそ・焼きおにぎりなどのおかず味噌も14種類のレシピがあります。

 また、長野県の塩屋醸造など3つの味噌蔵探訪もあり、味噌を作られるところの様子が分かります。
 この他にも、味噌に関しての記事がいっぱいありますが、読めば読むほど味噌についての造詣が深くなりそうです。

 今年1年、ごはんが美味しくないことのない私ですが、この本のみそ汁のレシピで勉強すれば、さらに、毎朝の美味しいご飯とみそ汁が食べられそうです。

 今日の朝刊に「長ネギのきんぴら」のレシピが有りましたが、畑に立派な長ネギが出来ているので、この料理に挑戦したいと思っています。



    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:18| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: