2018年06月26日

新老人の会川柳教室6月句会

 今日は、一日中、晴れて太陽が顔を出したかと思えば、激しい雨が窓を叩くといった不安定な天気でした。

 午後からは、毎月第4火曜日に行われる新老人の会の6月の川柳教室が、市内のパレアの10階の会議室で行われました。
 今日は、新しい生徒さんも一名ありました。
 また、今日は、これまでで始めてですが、新老人の会の広報部の方二人がお出でになり、川柳教室の取材をされました。

 取材された教室の内容は、7月の広報誌に掲載されるそうです。
 講座の様子や皆で揃った写真も、数枚撮られました。

 今日の川柳の課題は「雨」でしたが、それぞれの体験、経験を上手に詠まれ、佳吟が沢山ありました。

 今日は、私が8歳の時に白川が氾濫して、熊本市内に大水害が起こった日です。
 私はまだ小学2年生だったし、私の家には大きな被害は無かったので、被害の記憶はあまりありません。

 しかし、両親が親戚の復旧・復興のお手伝いに行って、汚れた作業服で帰ってきていた様子は今もよく覚えています。
 まだ、梅雨が続いていますが、これまでの雨で地滑りなど起こりやすくなっているので、大きな災害が起こらない事を祈るのみです。



    AC応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:00| Comment(0) | 川柳句会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: