2018年01月05日

わたしを語る「友こそ宝」元熊本市長三角保之

 今日は、九州山間地域の何処でも初冠雪が見られ、熊本の金峰山でも雪が見られたようです。
 例年より、十数日早い雪だったようです。
 今日の私は、川柳の作句や川柳教室の資料作りなど色々なことが山積しているのですが、どうも、スランプに陥ったのか、句作りの閃きが無く、川柳の仕事がはかどりませんでした。

 今日は、元旦から始まった熊日新聞の読者欄わたしを語る元熊本市長三角保之さんの「友こそ宝」の話です。
 熊日連載のわたしを語るは、熊日新聞の記事の中でも私が一番愛読している記事の一つです。
 これまでも、私に関係ののある人や好きな人の記事は、ノートにスクラップしています。
 これまでのスクラップノートも、数十冊になりました。
 今回の三角さんの記事も、ノートにスクラップしていいます。
 毎日のニュースは、テレビやスマホで見ることが出来るので、毎朝、朝刊で真っ先の読むのは、ニュース以外の記事が多いです。

 今回の私を語るの三角さんは、私が在職していた熊本市の市長さんです。
 私は在欲中に5名の市長さんに仕えましたが、三角市長は、中学校の先輩でもあるし、市長になられる前の熊本県議会議員の時は、私が住んでいる地域の代表者でもあったので、選挙では地域こぞって応援しました。
 気さくな、なじみの深い市長さんでした。

 私を語る「友こそ宝」の記事は、今日が4回目ですが、その内容がとっても身近でとっても楽しんで読んでいます。
 これまでの話しでは、城南中学校の本田先生、私達が高校に通った時の市電「川尻電車」など、懐かしい話で一杯です。
 これから、毎朝起きて、朝刊を広げるのが楽しみです。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:35| Comment(0) | 旅行の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: