2017年11月28日

熊本県民文芸賞入賞者発表

 今朝の熊日新聞に第39回熊本県民文芸賞の審査結果が掲載されていました
 この文芸賞は、熊本県芸術文化祭の一環で、県民の文学的才能の育成と地域文化の振興が目的であります。
 今年は7部門に438名の参加があっています。
 
 昨年、今年と私は、文芸賞の川柳部門の審査に携わってきたので、発表を待っていました。
 入選された方々のほとんどは川柳仲間ですが、入賞者が新聞を眺めながら、自分の名前を見て、笑みを浮かべておれれる姿が、目に浮かびます。

 一席に入賞された吉岡静生さんは、私と一緒に熊本県内の川柳界の裾野を広げようと頑張っている方でもあり、九州の色々な大会でも活躍されています。
 また、二席に入賞された中田博さんは、夫婦で数年前に川柳を始められ、昨年は奥様が三席に入賞されました。今が一番川柳の面白い時の方の作品です。
 三席の道田由佳さんは、県内の川柳大会で、良く入選されるベテランです。

 川柳以外の部門の俳句や短歌の入賞者の中には、川柳で活躍されている方が数名いらっしゃいますが、文芸というのは、どこかで繋がっているのだと思いました。
 川柳と肥後狂句、川柳と俳句、川柳と短歌の同時入選が有りますが、特に川柳仲間の嶋本慶之介さんが「評論・ノンフックション」部門で入選されていたのには、驚きと尊敬を感じました。
 入選作品の内容は、川柳に対する考察だそうで、早く読ませて貰いたいものです。

 私も先ずは、川柳の力を伸ばし、俳句か詩に挑戦したいものです。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 10:16| Comment(1) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
私も川柳を勉強したいのですが、熊本市以北(山鹿市)で句会などありますでしょうか?

川柳は全くの門外漢でしたので、今は無季俳句のようなものを作っています。私の川柳は川柳と呼べるのかの評価が知りたいのです。

突然のコメントで大変失礼しました。
Posted by まろ at 2017年12月07日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: