2017年10月17日

一票の重みを考える

 今朝も夜半からの雨が降り続き、畑には行けそうにありません。
 何時もより、じっくり朝刊を読んで朝の時間を費やしています。
 朝刊には、選挙絡みの記事が多くの紙面に顔を出しています。
 ここ数日、自分の一票の行方を考えながら、どの党に、誰に投票するかを、これまでの選挙と違って考えています。
 前回の市議会議員の選挙で、私達の地域代表が、最下位で同票数になり、くじ引きの結果負けてしまい、落選しました。
 その時、一票の重みはわかってはいましたが、この選挙で、一票の重み、そして負けた戦を実感しました。
 私は、根っから自民党を支持しているので、比例は自民党ですが、地方区では、保守系の二人のどちらにしようかと、迷っています。
 その一人は、前議員で、地域のために尽くして貰ったので、これまでに一貫して支持をしてきた人で、もう一人は、若い、将来性のある、しかも高校の後輩です。
 前議員は70歳半ばを越えておられ、若い方は、30代後半、そして、ともに東大の法学部、二人とも財務省のキャリア出身です。
 私の一票は、これまでの実績を重視するか、これから未来に羽ばたく後輩を支持するか、どちらにすべきか迷っています。
 出来ることなら、二人とも当選して貰いたいのですが、それは不可能なことです。
 どちらに、一票を党票するかは、期日前投票場で決めます。
 今回の熊本2区では、私のように、与党のどちらにするか悩んでいる人が多いのではないでしょうか。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 08:33| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: