2017年08月01日

川柳界の巨星の死を悼む

 今日の熊本市のお昼の温度は37、4度で日本で2番目ので、一番は熊本県玉名の岱明町でした。
 今日は、朝から泌尿器科病院に行った後の午前中2時間、午後の4時から1時間ほど、この暑い中ゴルフの練習を頑張りました。
 この暑い中にも汗をたっぷり出して練習をしても疲れることも無かったので、自分自身の健康に吃驚しました。
 昨日、毎月購読している「川柳番傘」が送ってきたので、夜寝る前に読んでいたら、川柳作家大木俊秀さん死を知りました。
大木さんは、地元新聞に読者文芸の川柳部門の選者を、森中恵美子さんと同じ時期に、一昨年でしたか、島田駱舟さんと交替されるまで、長く選者をされていました。
 熊本の川柳作家、川柳愛好者の中には、大木さんから選んでもらった方がたくさんおられることでしょう。
 私の記憶では、噴煙の大会でも選者をされ、大変お世話になりました。
 大木さんは、日本の川柳の普及・拡大に尽力されたので、本当に惜しい方が亡くなられたと、全国の川柳関係者は残念で仕方がないことでしょう。
 大木蒐集先生のお酒の句で、皆が愛した句を2句
  肝臓に会って一献捧げたい    俊秀
  盃に散る花びらも酒が好き
 大木先生安らかにお眠りください 合掌



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:19| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: