2017年04月16日

吉野ヶ里川柳大会

 今日は、素晴らしい天気に恵まれる中に、バスで高速道路を走って佐賀県吉野ヶ里町で開催された「第39回吉野ヶ里川柳大会に出かけました。
 熊本からの参加者は、総勢24名、大会の参加者は203名という大規模な大会で、初めて参加した私は、参加者の多さに吃驚しました。
 更に吃驚したのは、吉野ケ里の真島清弘さん一家を中心に、多くの佐賀県の川柳愛好者の心温かい手作りのおもてなしによる大会に感動しました。
 大会の課題は、「優しい」「「種」「あらあら」「溢れる」「雑詠」の五題で、選者は九州各地の方が当日選ばれます。
 作品の入選作品は、それぞれの課題ごとに、2句なので、投句406句に、入選48句で入選の確率はおおよそ12パーセントです。
 大変激戦でしたが、私は、課題「種」と「溢れる」でそれぞれ1句ずつ入選できました。
  私の入選句です。
  課題「種」
   ふかふかのふとんに蒔いた夢の種   萬風
  課題「溢れる」
   羊水に溢れる未来への希望  萬風
  熊本から参加した仲間もほとんどの方が入選作品に恵まれ、安堵しました。
 また、会長として来年の全日本川柳熊本大会への参加の宣伝もでき、また川柳句集「熊本地震の記憶」も40冊ほど売れました。
 楽しい一日でした。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449072960

この記事へのトラックバック