2017年04月08日

青年劇場公演「島」を観劇

 今日は、午後過ぎまで激しい雨、しとしと雨を繰り返して夕刻にやっと曇りになりました。
 満開に近い桜が散るのではと心配でしたが、大した影響はなく、明日は天気が良いので熊本城の御幸坂。健軍自衛隊前などあっちこっとで花見で賑わいそうです。
 昨日から女子プロゴルフのツアーが行われ、日頃フレンドゴルフ場で練習している女子プロ3名が出場しているので目が離せません。
 3名とも素晴らしい戦績を残してもらいたいものです。
 今日は、青年劇場公演の「島」を、熊本県立劇場で観劇しました。
 この「島」は、1951年頃の瀬戸内海の小島を舞台にした話です。
 広島の原爆を被爆し、九死に一生を得た栗原学が、島に帰り教師をしますが、この教師を中心に、この頃の時代背景を中心に舞台は、展開されます。
 進駐軍の関係の仕事をする人、被爆の苦しみ、貧しい島民、都会に憧れる青年たちを、スタッフが懸命に演じる姿に感動しました。
 1幕、2幕2時間半の観劇でしたが、アッと言う間に終わった感じでした。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック