2017年03月28日

新老人の会熊本県支部川柳教室3月句会

 今日は、朝早くから穏やかな一日でした。
 太陽に当たれば暖かく、日陰に入ると一寸寒いようでした。
 今日の午後は、毎月第四火曜日に鶴屋の東館のパレア九階の会議室で川柳教室が行われました。
 この教室は、今日も1名の加入があって、総勢14名になりましたが、嬉しい悲鳴です。
 一寸気がかりなことがあるのですが、当初立ち上げの頃からお世話をして頂いた森上さんが増しの骨折で入院されていますので心配です。
 今日の課題は「花」でしたが、花は身近に沢山ありますが、全員難しいということでした。
 教室のやり方は、毎回、2句出して貰って、1句は、皆で好きな句を選んでもらう互選ともう1句は、私が秀句5句を選んで、残りを佳作に選び、互選と萬風選の句をもとに皆で意見を出し合い勉強します。
今日の講座生の作品のいくつかを紹介します。
  老いの身も花の青春あったよな   和子
   歩豚の方が70歳以上なので、皆さんの共感を得たようです。
  被災地に四季が巡って桜咲く   裕子
  夜桜に笑顔で語るお月さま   玲子
  初恋は花で占う好き嫌い   純子
  春うらら出会いと別れ桜咲く   昭子
 講座生の皆さん、大変上手になられました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック