2017年01月17日

学ぶ「俳句 初歩の初歩」

 今朝も昨日の朝と同じく氷点下に冷え込み、井戸水の蛇口は氷ってしまっていました。
 午前中は、寒いせいもあって、書斎にこもり、川柳関係の資料を整理したり、昨年の所得税申告の資料を整理しました。
 昼食後、パソコンに向かって、昨日さぼってしまったブログを書いています。
 今日は、川柳を作るには、俳句の事もある程度学んでおかなければと、以前から考えていました俳句の本の話です。。
 書棚を整理していたら、川柳仲間宮本美致代さんから頂いた書籍の一冊に、岩松草泊著のイラストで学ぶ俳句の作り方入門「俳句 初歩の初歩」ありました。
 また、この本で俳句の勉強しようと思った一つの理由に、著者の岩松草泊氏は、熊本市出身で、私の母校熊本高校の大先輩であることです。
 この俳句の初歩の本は、まさに俳句が何も解らない人にとっても、大変分かりやすい教科書のような本です。
 私は、この本を読んでいく内に分かったのは、川柳と俳句は兄弟のようなものだと言われるように、二つの間には幾つかの相違はあるけれど、多くの点で似ているとこことが理解できました。
 この本では、「俳句とは何か」「俳句の約束」「俳句の作り方」がこれ迄より分かり、川柳についても深みを増したような気がします。

    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446008894

この記事へのトラックバック