2016年12月22日

自分で豆から炒れたコーヒー

 今朝は、夜半から降っていた小雨が、少し大粒になり、一日中雨のようです。
 昨日は、熊本市人権啓発市民協議会から2016人権啓発受賞作品集が送られてきました。
 私は、数年前から人権啓発作品の川柳部門の審査をしているので送って貰うので、この作品集の川柳の作品だけでなく子どもたちの絵画、詩、メッセージ、絵手紙などの作品も鑑賞させて貰っています。
 今日は、川柳部門の作品2句と子供の詩を紹介します。
  川柳
   最優秀賞  点が線、線がわになるボランティア   北島明子
   優秀賞   ラッピングひとつで変わる人の価値   上田美知子
  詩の部 小学校1年生
   最優秀賞  川口小学校 一年 ふじもりみことさん
    「だれか、のりかして。」 
    といったら
    りんかちゃん、まさゆきさん、
    めぐみちゃが
    いっしょに
    「はい。」
    とかしてくれた
    三人のきもちがうれしくて
    三つとも 
    ちょっとずつつかったよ
    ともだちっていいな
   如何でしたか、小学一年生の上手な詩は。
  11月の初めに、コーヒーメーカーを購入して、、自分で豆を挽き、コーヒーを楽しみながら飲んでいます。
  コーヒーは、嫌いではないが、あまり飲んでいませんでした。
  ビール好きの私は、少し飲み過ぎ、γGTOの値が高くなったので、コーヒーを飲んで、ビールを控えめにと思ったのですが、好きなビールは余り減りません。
 しかし、コーヒーは、体に良いそうなので続けて飲みたいと思っています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック