2016年11月08日

熊本県民文芸賞作品の審査

 今日は、午後に川柳関係のふたつの行事がありました。
 午後1時半からは、2年後に熊本で開催予定の全日本川柳協会熊本大会実行委員会です。
 その後は、熊本県民文芸賞作品の審査です。
 全日本川柳協会川柳大会は、会場に決めていた熊本市民会館が、改修するか新しい施設の変わるのかという状況の中に、腹案として熊本県立劇場も予約していますが、未だ会場が決定していないのが不安材料です。
 兎に角いったん引き受けた大会なので、震災の復興に遇ったことに相応しい大会にしようということで意見が一致しました。
 3時半ごろから、市内のホテルで審査員3名で熊本県文芸作品の入賞の3句、入選10句を選びました。
 応募者100名を超える中から、13名を選ぶということで大変でした。
 私は、入選句は、5句が一つのテーマのもとに、如何にまとまっているかを基準選びました。
 近い内に、入賞者の発表はあるかと思いますが、入賞者の皆さんおめでとうございます。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443682887

この記事へのトラックバック