2016年08月17日

「スポーツ川柳」の出版

 世界中の人々が寝不足に陥っているリオオリンピックも中盤を過ぎて、日本勢もメダルラッシュが続いています。
 早寝早起きの私は、夜中のテレビはほとんど見ることはなく、スマホや新聞の報道で結果を楽しんでいます。
 先日、飯塚書店から川柳句集では珍しい「スポーツ川柳」が出版されました。
 掲載されている川柳は、スポーツの川柳で、あらゆるスポーツの意外な面をとらえ五七五でまとめられています。中には破調句的なものありますが、ちまたで賑わうサラ川、シルバー川柳とは一味違った作品が一杯です。
 この句集の募集は、ホームページを使い、若いネット世代からも投句があったようです。
 入選作品の選考委員は、番傘川柳本社主幹田中新一、「川柳塔」編集長木本朱夏、川柳作家・コラムニスト田口麦彦、(株)飯塚書店代表飯塚行雄の4氏で行われたいます。また句集の半数程度を占めるイラストは平松慶氏によるものです。
 句も素晴らしいですが、イラストが更に盛り上げています。
 句集の中から、二、三句紹介します。
  マラソンのソあたりから話される 熊本市 いわさき楊子
  鳥にはなれなかったね棒高跳び  熊本市 阪本ちえこ
  蛙から見れば未熟な平泳ぎ  鳴門市 大釜洋志
 今日は、熊本市内の蔦屋三年坂店で、田口麦彦氏による販売会も行われます。
 この句集は、リオオリンピック開催中での出版なので、沢山の方に買って頂き、川柳を楽しんでもらいたいものです。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
販売会ではいろいろお世話になりました。わかりやすいものはわかりやすく伝えることに気をつけました。それと、川柳の内容だけではなく、本という作品自体を作り上げた装幀やイラストにも注目しました。写真も撮っていただいて助かりました。
Posted by yo-ko at 2016年08月19日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441128469

この記事へのトラックバック