2016年05月21日

熊本震災市役所職員も懸命です

 今日も時折激しい余震が続きますので、いつまで余震に怯えなければならないかと思うと不安だらけです。
 今日は、毎月通院している二つの病院に行って、1カ月分の薬を貰ってきました。
 地震があったけれど、何時もどうり薬を貰えることに感謝しています。
 昨日、私が住んでいる町内を含めて4つの町内からなる日吉東校区自治協議会の総会が開催されました。
 総会は、校区内の自治会の会長、各種団体の長、小中学校の校長、それに震災の処理で忙しい熊本市南区の職員も出席して行われました。
 総会は、何時もどうりに何事も無く無事に終わりましたが、話は今回の地震の事で盛り上がりました。
 特に印象に残ったのは、市役所の職員が日常の仕事もしながら、被災者のために不眠不休で頑張っていることが分かりました。
 避難所の対応や罹災証明書の発行事務なので、多くの苦情が寄せられ、職員は困っているようです。
 特に政令指定都市の職員を始め、日本全国の自治体の職員の応援があっている中で、わがままな市民がいることに困っているようです。
 今回の地震では、市民の大半が被災者なので、お互いに助け合い、支え合う事が一番大事だと思います。
 これからの復旧復興が大変ですので、皆さん頑張りましょう。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック