2016年05月07日

アサギマダラが上天草に飛来

 最近は、夜中に地震の余震が続くので、以前のように早起きが出来なくなりました。
 今朝は、どうにか早起きが出来たので、熊日新聞と読売新聞の朝刊をゆっくり、じっくり読むことが出来ました。
 熊日新聞に、気になる3つの記事が目に止まりました。
 その一つは、熊本市が、今回の熊本地震の被災者支援と復興事業に当たる「復興部」が政局内に設置されたという記事です。
 高校の後輩の井上隆君が復興部長に就いて、これからの復興の総指揮当たりますが、頑張って欲しいものです。
 もう一つのニュースは、私が住んでいる近見町の一部に、今度の震災で液状化現象が起り住宅や電柱が傾いたり、沈んだりしています。
 私の家から1キロも離れていないのに、酷い状態です。
 この一帯を調査した福岡大学の教授によればこの地帯は、白川の旧河川道ではないかと言うことでした。
 三つ目は、西南ロータリーで3月12日に、川尻の町興しのフジバカマの苗や資材緑化を助成をしたことに関連する話です。
 川尻の街中や加勢川の護岸に植えたフジバカマを、1千キロを超す「渡り」するアサギマダラという蝶が、
密を吸いに立ち寄るのですが、その蝶が川尻町ではまだ確認されていませんが、上天草で確認されたそうです。
 近い内に、川尻の街中や加勢川の河川敷にアサギマダラが立ち寄るのを楽しみにしています。
 また、私の庭にもフジバカマを8株ほど植えているので私の家にも蝶が立ち寄ってくれればと期待しています。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック