2016年02月28日

タイの山岳民族の踊り

 昨日は、毎月行われる川柳「火山灰」の2月句会が、国際交流会館で行われましたが、参加者がちょっと少なく淋しかったです。
 私もロータリーの会議が急遽入り、中座したので申し訳なく思いました。
 中座する直前の課題「数」杉村かずみち選の披講で「天位」を頂きました。

 その点の句は「奇数大好き私はちょっと頑固です   萬風」でした。

 タイ旅行の話も4回目になりますが、今日の話は、私たちがタイの子供達を訪問した時いつも披露してくれる山岳民族の踊りです。
 踊りの時の身に付けるのは、母親が心を込めて作って呉れる民族衣装です。
 一寸見た限りでは、全く同じように見えますが、衣装の柄が何処か少し違っています。
 この民族衣装は、日本でいえば成人式で娘さんが来ている晴れ着のようなものです。
 今年も、十数人の子供達が母親に作って貰った山岳民族独特の衣装を身に付けて、一生懸命踊りを披露してくれました。
 この民族衣装を身に付けた踊りを、熊本西南ロータリークラブの創立40周年記念の式典で披露してくれるそうです。
 この踊りを披露してくれる子供たち4名が、生まれて初めての外国旅行で熊本にやって来て、私の家でも一泊ほどのホームステイを予定したいます。
 熊本に1週間ほど滞在するので、熊本城や水前寺、阿蘇までも足を伸ばし草千里や火山博物館を見学してもらいます。
 子どもたちがホームステイした時に、少しぐらいタイ語が話せたらと、旗鼓後はタイ語の特訓中です。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック