2015年12月29日

餅つきの思い出

 今日は、どこの家でも行われている大掃除を、我が家でも頑張りました。
 家に中と納屋の大掃除は、数日前から行って綺麗に整頓されていますので、今日の掃除は、庭の掃除です。
 落ち葉がすっかり溜まっていましたし、雑草もかなり生えていました。
 皆さんはびっくりされるかもしれませんが、熊本市の塵袋(大)に6袋有りました。
 私と妻しか分かりませんが、すっかり綺麗な庭になりました。
 ここ数日、旧家ではどこの家でも餅つきが行われていますが、我が家でも昨日5キロの餅を搗きました。
 それも、餅つき機で搗いたのでとっても簡単にできました。
 私が幼い頃は、本家と私たち分家と一緒に餅つきをしていましたが、その頃の餅つきは家族総出で、一日がかりでした。
 本家は専業農家、我が家も兼業農家だったので、田圃でもち米も植えていました。
 私が、10歳ぐらいの時ですから、約50年前になりますが、当時、本家は90キロ、我が家もその半分の45キロほどの餅をついていました。
 その頃は、今ほどにお菓子などの食べ物が少なかったので、いつもおやつは餅でした。
 おやつが餅でも食べられるのは裕福な家でした。
 僕が大好きだったのは、餡子餅や黄粉持ちでした。
 今日は、昨日餅つきをして、ふと、昔の餅つきを思い出して、懐かしく思いブログに書きました。
 最近、餅を食べると言えば、雑煮ぐらいですが、雑煮も餅を納豆で食べるのが、とっても美味しいです。
 元日の雑煮が楽しみです。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック