2015年11月06日

秋の夕暮れコンサート

 今日は、月に一度通院してる泌尿器科医院で、何時もどうりの診察をして貰い、インフルエンザの予防注射をしました。
 夕刻からは、ロータリー仲間と一緒に、熊本大学工学部 研究資料館で行われた「秋の夕暮れコンサート」に行ってきました。
コンサートが行われた熊本大学工学部研究資料館は、明治30年に第五高等学校の工学部が設立され、明治41年に機械実験工場として竣工され、その後昭和45年に新工場が竣工してので旧工場は研究資料館として開館されました。 
 そして平成6年には、工学部研究資料館の建物及び11基の工作機械が国の重要文化財に指定されました。
 その需要文化財の油の匂いのする研究資料館でコンサートは行われました。
 コンサートのぴログラムは
  1 ヴァイオリンとピアノの二重奏
    フランク作曲 ヴァイオリン・ソナタ
  2 ヴィオラ独奏
    サン・サーンス作曲 組曲「動物の謝肉祭」
    フォーレ作曲 エレジー
  3 ヴァイオリン独奏
    ドヴォルザーク作曲 ユーモレスク
    ノヴァチェック作曲 無窮動
  4 ピアノ三重奏
    メンデルスゾーン作曲 ピアノ三重奏から
 演奏者は、ヴァイオリン及びヴィオラ独奏が吉永誠吾熊本大学名誉教授、ピアノが島優子様、チェロが脇田真仁様でした。
 約1時間の演奏でしたが、秋の夜長をクラシック音楽を堪能できました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック