2014年01月30日

2月から新聞2紙購読

 パソコンのインターネットやスマホの普及で、何時でも瞬時に情報が入手できるようになったので、新聞の購読者は減少しているそうです。
 私は、インターネットもスマホもタブレットの愛用していますが、新聞と手を着ることはできません。
 退職した10年前は、地元の熊日新聞、読売新聞、日本経済新聞の3紙を1年間高度記しましたが、3紙を読むのも大変でしたが、記事の内容もかなり重なっています。
 そこで、3年前までは、地元新聞と読売新聞を購読しましたが、インターネットに嵌っていたので、1紙絞り、地元新聞だけを購読していましたが、地元新聞では、かなり熊本の記事が多く、反面全国の記事や外国の記事が少なく物足りませんでした。
 ところが、昨年、読売新聞の拡張員が来て、しつこく勧誘されて、勧誘に負けて2月から1年間購読することになりました。
 2月1日から配達されるのかと思っていましたら、3日ほど前からサービスで配達されています。
 やはり、地元新聞にはない、大人っぽい所が感じられます。
 スポーツ、文化文芸も彫りの深さが伺えます。
 特に、古谷龍太郎さんが選をされる「よみうり時事川柳」は大変気に入っています。
 これからは、毎朝の楽しみが増えました。
 ここで、私が川柳大会で天賞をもらった一句を紹介します。
 課題「新聞」    西村比呂志選
 休刊日朝が動かぬ午前五時   古閑萬風


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック