2014年01月07日

映画「武士の献立」

 昨日は、映画「利休にたずねよ」を見るつもりで映画館に行ったら放映時間を間違え、映画は水に帰りました。
 今日は、新聞で調べて、「武士の献立」を見に,朝早く出かけ2時間楽しく見ることができました。
 この映画の主役は、舟木春役の上戸彩、舟木安信を演じる熊本出身の高良健吾、二人の両親役の西田敏行、余貴美子の面々です。
 主役の高良健吾は、NHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」の時より、成長して演技も上手くなっていました。
 話の内容は、加賀藩で起きたかが騒動の頃で、加賀藩の藩主の料理を行う「庖丁侍」の話です。
 私は、殿さまの料理は場内の女中たちがつくっていたと思っていたので、この映画を見て「庖丁侍」がいたことを知って吃驚しました。
 また、殿様が近隣の大名を集めて京料理を振る舞っていたこと、その京料理の豪華差にも驚かされました。
 なんと壱の膳から七の膳まであり、中身も色々の珍味も含まれていました。
 料理好きの私にとっては、とっても為になる内容の映画でした。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック