2014年01月03日

健康食品「雲州人参」

 早いもので、今年も3が日が経ちました。
今年の正月こそは、健康を考えてなるべくお酒は飲まないようにと考えていましたが、ここ3日、昼も夜も飲んでは食べては飲んでまいにちです。
 毎日胃薬を飲んでいます。
 明日も姪の家族が来るので、少しは飲むことになると思っています。
 今日は、朝鮮人参で江戸時代から松江藩で栽培されている「雲州人参」の話です。
 私は先月から、この「雲州人参」を愛飲することになりました。
 きっかけは、息子が社長をしている須賀商店で、プロパンガス、お酒、水などに加えて販売することになったので、お父さんも飲んでみたらという事で飲み始めました。
 これまでも、韓国のお土産などで貰って、健康に大変良いと思っていました。
 特に、ちょっと疲れ気味になった時は、疲れが取れて楽になります。
 朝鮮人参は、名前からして韓国でばかり栽培されていると思っていましたが、江戸時代から幕府が奨励して人参畑を開いて栽培していたそうです。
 そのころから松江藩では、改良に改良を重ねて、現在の素晴らしい日本版朝鮮人参「雲州人参」が才ばれているそうです。
 飲み方も、煮詰めたり、お湯に溶かしたり、三つを入れて飲んだりと色々あります。
 私は、一番簡単な熱いお湯の溶かして飲んでいます。
 飲み過ぎても、翌日はすっきりしています。
 色々な健康食品よりも、この「雲州人参」が良いようです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


 
posted by osamu at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック