2013年06月13日

「崇史」という名前

 雨がなかなか降りません。畑に植えた野菜、種を蒔いてやっと芽が出た野菜が雨が降らないので悲鳴を上げています。
 ここ数日は、ポンプを使って近くの川から水を引き、野菜の水遣りを数時間かけて頑張っています。
 先日鶴屋デパートのサチライトスタジオで行われた「父の日」川柳コンテストの表彰式に出席して、入選作品の「寸評」をおこなったことは、先日のブログでお話しました。
 この私が寸評している光景を、鶴屋デパートに買い物に行って、サチライトスタジオの見えるエスカレーターから見た方から、何本も電話がありました。
 サチライトスタジオの前には、50名位しかおられませんでしたが、エスカレータ-で昇ったり、下ったりされていた方がたくさんおられたのですね。
 電話があった一人は、在職中に2年間ほど一緒に仕事をした方で、私が元気に、趣味の世界で活躍していることを喜んで呉れました。
 親戚の伯母は、友達と鶴屋に買い物に行って、偶然私の姿を見て、友達に、あの人は私の姪の旦那さんと、自慢げに話したそうです。
 今日のタイトルは、「崇史」という名前のことですが、崇史は、私の息子の名前です。
 「崇史」は「たかし」と読みますが、世の中の男の名前に「崇史」という名の方はたくさんいますが、この「崇史」は、あまり見かけません。
 私が「崇史」を「崇史」と呼ぶ方は、2名ほど探しました。
 その一人は、サッカー選手だった「福西崇史」さんです。
 もう一人は、映画監督の「三池崇史」さんです。
 息子の「崇史」という名前は、友達に手伝って貰って付けました。
 「古閑崇史」総画で31画だと思いましが、この31画が素晴らしいという事で、「崇史」と命名しました。
 現在は、嫁さんと東京で頑張っているので安心しています。
 今日は、取りとめのない話ですみません。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック