2013年05月10日

川柳講座の講師になって

 昨年から始まった益城町男女参画共同センターの川柳講座「みんなで楽しく川柳講座」も無事に終わり、今年も引き続き4月から始まりました。
 昨年度は初年度という事で、熊本県川柳協会会長田口麦彦さんをメイン講師、私がサブ講師として、一年間無事に努め、講座生と一緒に卒業句集に作成まで漕ぎ着けました。
 今年は、田口麦彦さんが、本の出版で忙しいという事で私一人で講座を受け持つことになりました。
 田口麦彦さんとは、少し違った方法で2時間の講座を進めています。
 私の場合は、田口さんの場合はと違って、川柳の基本を毎回お話していることにしています。
 今回の講師を行う事で、いかに人に教える事が大変だという事も分かりましたし、時間が有れば川柳の本を引っ張り出して頑張っています。
 それでは、5月の課題「台所」の講座生の方の作品を紹介します。
 課題『台所」    講座生による互選
  刺身切る虹色のを帯ぶ桜鯛    タエ子
  落とすまで立ち続けるワ台所   英司
  包丁もないキッチンでカップ麺  萬風
  思い出の母の姿は台所      ひろ子
  代々のおいしい糠漬伝えます   広子
  流し台浅蜊ぶつぶつ不安そう   康子
  厨房で夫自立の修行中      千賀子
  大根をきざむ音にもリズムあり  信男
  キッチンと仲良くなって料理良し 和代
 みんなで楽しく2時間を過ごしています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック