2013年04月25日

命のバトン

 今週は、日曜日に人吉で開催された国際ロータリー第2720地区の大会に出席を皮切りに、自治会の会議、ロータリーのメイキャップ、今日の熊本川柳協会の総会と慌ただしい毎日です。
 今日は救急医療情報キット「命のバトンのお話です。
 この命のバトンは、災害時や119番で、救急車を呼んだとき、秒レイヤ服用薬などの「医療情報」を入れておく容器の事です。
この命のバトンは、筒状の容器の中に、病歴、通院先、投薬情報を記入した医療情報用紙をはじめ、写真、保険証の写し、診察券の写しなどを入れて冷蔵庫の中に保管します。
 命のバトンは、次のような手順で使うことができます。
 具合が悪くなって、119番へ電話すると救急隊員が到着して、玄関ドア(玄関にシールを貼っておく。)で確認し、冷蔵庫のシールを見て冷蔵庫の中から情報の入ったキットを取出し、中身を確認して情報を取り入れ、適切な処置をしながら、病院へ搬送することができます。
 これまでに、この命のバトンで尊い命が助かっています。
 私たちの町内では、民生委員を通じて、65歳以上の方に配布されます。
 68歳の私にも先日、私の後任の民生委員が持ってきてくれました。
 先ずは、命のバトンバトンを使わないように、健康に留意したいと思います。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック