2012年09月29日

中尊寺と平泉の文化展

 今日は、近見神社の氏子が神社に五穀豊穣、家内安全などを祈願して、それぞれの組内の座元で酒を酌み交わし、世間話などして楽しみます。
 現在、近見町を10ほどに区割りした組内があります。
 昔、農家で忙しく、酒を酌み交わす機会も少なかったころは、これらの祭りが唯一の楽しみだったようですが、世の中が裕福になり、形だけのものになったようです。
 近見神社宮総代として、宮司とともに御祈願をお待ちしなければなりませんので、朝早くから大変です。
 今月の26にから鶴屋百貨店創業60周年記念事業として世界文化遺産「中尊寺と平泉の文化展」が、鶴屋百貨店で会されています。
 友人から招待券を貰っていたので、早速二日目の27日にロータリー例会終了後、世界文化遺産の中心となった中尊寺、金色堂をはじめとした絵巻物などの展示資料を堪能してきました。
 2時間ほどかけて、じっくり展示物を拝見しましたが、すべてが素晴らしい発見でした。
 学生時代に日本史の勉強で、奥州藤原の勉強をしましたが、この展示会を見て、改めて一度は平泉を訪れてみたいと思いました。
 平泉の仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群が世界遺産に登録された年、2011年にこの岩手県も未曾有の震災が起こったことが皆さんご存知の事でしょう。
 取り止めのない話になりましたが、「中尊寺と平泉の文化展」一見する価値が十分あります。
 見に行かれることをお勧めいたします。

    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック