2011年09月25日

忍び寄る体力の低下

 昨日の川柳「火山灰」の例会の作品作り、それに毎月行っている川柳ふんえん誌の初心者の添削などのため、ここ数日川柳のために頭が占領されていました。
 最近は、本を読んだり、考えたりすることが少し億劫になり始めました。
 しかし、惚け防止のためにと、努めて色々勉強しています。

 今日は、朝早くから庭の草取りを終え、ゴルフの練習場に向かいました。
 そこで思いっきり3時間ほど練習を励みました。

 日曜日なので、日曜日しか練習に来れない市役所の職員の数人とも逢うことができ、来年4月の政令指定都市に向けての話など聞くことができました。

 午後は、男子のナショナルオープンゴルフ、女子のミヤギテレビ杯ダンロッオープンゴルフをテレビ観戦、その後は15日つづいた大相撲千秋楽観戦とテレビ漬けの半日でした。

 大相撲は、優勝が千秋楽まで持ちこまれましたが、白鵬の優勝で幕を閉じました。
 何はともあれ、大関、横綱に日本人力士不在の今場所でしたが、琴奨菊関の大関昇進が決まり、九州人として嬉しい限りです。

 今日は、少しだけ私の体力の低下に伴う病気の話です。
 数年前からの花粉症が一年中おこり、毎日薬で抑えているのが実情です。
 前立腺の方も、これまた数年前から、前立腺肥大の薬を服用しています。

 
 それに加え、半年前から、朝方に軽い腹痛があり、それ以外の時間はどうも無いので、病院の診察も受けていませんでしたが、明日、大事をとって胃と大腸の透視の予定です。
 大したことがなければと祈っています。

 私も来年の1月で満67歳です。
 表向きはすこぶる元気ですが、体自身は、体力の低下が進んでいるようです。
 いつも考えていますが、あまり長生きはしなくていいが、生きている間は元気でいたいものです。
 皆さん、どなたも思われているでしょうが。

   体力の低下に挑み鍬を振る   萬風


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック