2020年12月31日

今年もやっと最後の日になりました

 日本を始め、全世界でコロナウイルスに苛められ、我慢の一年でした。
 私が住んでいる南区でも老人施設でクラスターが発生して、70名の感染者が出て、大騒ぎになっています。

 兎に角、毎日、マスク着用、手洗い、三密を励行しています。
 早く、コロナ禍の終息を願うばかりです。

 今年は、昨年の4月から始めたバイオリンの虜になり、練習を頑張っていますが、奥の深さを感じるばかりです。

 バイオリンに時間を割きすぎて、何時ものように、十分出来なかった川柳ですが、川柳番傘、川柳葦群それぞれの1月号で、ちょっと嬉しい結果がありました。
 川柳番傘の第6回番傘賞の選考で片岡加代、森中恵美子両選者から選んで頂きました。
番傘賞には、届くことが出来ませんでしたが、努力の結果がやっと芽を出した感じです。
 また、番傘誌掲載句からの自薦応募による「年間秀句抄」にも選ばれました。
  赤ちゃんが生まれご機嫌そうな絵馬  古閑萬風
 この句は、1歳8ヶ月になる孫の誕生の時、嬉しくて詠んだ句です。

 今年の9月に、番傘川柳の同人に加えて頂き、これを機に、400文字の寄稿の依頼があったので、「好奇心旺盛な人生」と題して寄稿した文章が掲載されました。
 令和3年も、頑張れねばとの意気込みが湧いてきました。

 川柳葦群1月号では、課題吟「ときめく」 平井翔子選と「水」 船水葉選で入選に選んで貰いました。
 二つの課題吟に入選したのは久し振りです。
  課題「ときめく」  平井翔子選
   新刊の帯ときめきを抱いている   古閑萬風

  課題「水」    船水葉選
   方円の器に背く若い水   古閑萬風



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:18| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

努力、忍耐、継続を学んだバイオリン

 今日は、天気予報どうり、シベリアから寒気団が押し寄せ、寒い一日でした。
 午後は、ちらちらと小雪が舞って、庭の木々を白く染めました。

 隣の遊技場に駐車してる車の屋根も、すっかり白くなって、早く帰ろう用途、主を待っているような気がしました。

 今日も朝から、掃除の残っていた納屋や納屋の一部にある第2の書斎などもすっかり綺麗にしました。

 午後は、雪も降るので、バイオリンの練習に嵌まりました。
 昨年の4月に、無謀とも言うべきバイオリンを初めました。
 ゼロからのスタートと言うよりマイナスから始めたバイオリンで、まだまだ苦労の連続ですが、最近は、バイオリンがとっても好きになりました。
 不出来な子どもを母親が、一途に愛するように、バイオリンを愛し、練習なくしては、一日が終わりません。

 小さい頃から何かにつけて、技能はなくても、努力と忍耐で、克服してきました。
 更に、ゴルフと一緒で、繰り返し、継続することで体に覚えさせることも学びました。

 最近は、バイオリンだけでなく、ハーモニカやピアノにも興味を持って、先ずは、本を読みながら頑張っています。

 バイオリンを通じて、学んだ一番大きなものは、「何事も、力を抜く」と言うことです。
 バイオリンは、力強く引くのではなく、体の力を抜いて、弓が弦の上をへばり付いて滑るようにすれば、本来のいい音を出すことが出来ます。

 川柳も一緒で、常に固い頭でなく、力を抜いた海馬で考えて、詠む事が大事なことも理解できるようになりました。

 何事も「力を抜いて行うこと」を老いの頭にもたたき込んで、努力を続けます。


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:27| Comment(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

新年を祝う雑煮

 今朝は、朝早くから高圧洗浄機を使って、家の壁、戸板、犬走りなど、3年ぶりに掃除したので、すっかり綺麗になりました。

 午後、昼寝から起きた孫の悠晴と一緒に、家の近くの田圃まで散歩しました。
 田圃では、稲株の踏みながら、歩かせましたが、さすが、農家の孫なのか器用に歩いていました。

 今日の午後私も昼寝をしましたが、昼寝から起きて、NHK2チャンネルの「美の壺」の新年を祝う雑煮のビデオを見ました。

 正月元日には、日本中のどの家庭で必ず食べるのが雑煮です。
 しかし、若い夫婦の家庭では、雑煮を作らない事が多くなっているようですが、出来るなら日本伝統は引き継いで欲しいところですが、私だけでしょうか。
 雑煮は、神とともに頂くものだそうです。
 その雑煮は、地域の食べ物を生かして食べる習慣があるようですが、漁の盛んなところでは、その地域でよく取れる魚と使うそうです。

 野菜が豊富さ名地域では、その地域の名産の野菜をメインに雑煮が出来ています。

 それぞれの地域で、名産を使いますが、隣とは、作り方がすこしずつ違っているようです。

 熊本地方でも、県内でそれぞれの地域で、作り方、具材が違っています。

 私の家の雑煮は、醤油味で、具は、里芋、にんじん、大根を使いますが、特に彩り付けるために京菜が入ります。
 海の具材と言えば、スルメです。

 得に我が家では、出来上がった雑煮に、納豆を乗せて食べますが、これは、熊本でも私達の地域だけのようです。

 後3日でお正月ですが、今年も、娘夫婦、孫、私達夫婦の5人で美味しい雑煮を食べたいですが、納豆を乗せて食べるのは、私と孫だけかも知れません。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:15| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

自粛中に読書三昧

 今日も、昨日に引き続き暖かい一日だったので、今年最後の通院でのリハビリを終えた後、畑に行ってちょっとだけですが、農作業を頑張りました。
 主な仕事は、えんどうの支柱立て、高菜の移植、ニンニクの除草を行いました。

 畑で、小鳥の鳴き声を聞きながら、ちょっとひんやりした風を感じながら、独り黙々と作業するのも乙なものです。

 今日も10時頃、孫の悠晴がやって来ましたが、以前は月曜病で機嫌がよくありませんでしたが、12月に入って、月曜病など吹っ飛んだのか、今日も、上機嫌でした。

 世の中は、自粛中の方が多い中、私は、三密やマスク着用などを守りながら、畑や庭にでの仕事をしながら、外に努めて出ています。

 しかし、好きなところにどこでも行けるわけではないので、家の中で時の間が多くなっています。
 家の中で、一番多くなるのは読書ですが、最近は、5時間を越えるほど、どっぷり色々な本を読みふけっています。

 積ん読の本を探しては読み、毎月の川柳の関係の定期購読の本も以前よりじっくり読んでいます。

 新しく買って読む本もかなり多くなり、しばしば、書店に通っています。

 読書の時間が多いので、目には気を遣って、目薬をさしたり、長時間続けての読書は控えたりしています。


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:26| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

神社境内の狛犬とは

 今年も残すところ僅か4日になりました。
 今朝は、朝食を食べた後、久し振り畑に行って、日頃使っていた農具を片付けを行いました。
 正月用の野菜、キャベツ、葱、白菜、ブロッコリー、青梗菜、京菜などの収穫しました。

 その後は、まだ残っていた庭の掃除をブローアーを使って、妻と一緒に行いました。
 まだ、窓やサッシの掃除が残っていますので、明日天気がよければ、高圧洗浄機で一気にやりたいと思っています。

 今日の朝刊に、県内の色々な狛犬の話の記事がありました。 
 神社の境内や参道には、阿像と吽像の一対の狛犬が魔除けとしてにらみを利かせています。
 狛犬は、空想上守護霊獣で、犬ではないそうで、元々獅子犬といわれ、モデルはライオンです。

 県内の狛犬は、福岡や佐賀に比べると、江戸時代のものが少なく、明治期以降に出来たものが多いそうです。
 また、狛犬の形も様々で、熊本城内にある稲荷神社では、「狛キツネ」もあって、稲荷神と人間との間を取り持つ役目を担っていて、宝珠と巻き物をくわえているようです。

 熊本市西区にある本妙寺の狛犬は、他所の狛犬とは違って、不思議な顔の阿像とまるで宇宙人のような吽像で一対を成しているようです。

 私が住んでい町で、数年前に宮総代を3年闢wめた近見神社にも一対の狛犬ががあります。

 この狛犬は、私の遠縁に当る器用な方だ漆喰を固めて作られたものがありますが、昭和の初期に作られたもので、色は白です。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 17:07| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

年賀状今昔

 毎年、12月の初め頃から、年賀状を書かねばと思いながらも、毎年20日過ぎになってしまい、今年も今日やっと、8割ほど、書くことが出来ました。 
 年賀状を書くと言うより、パソコンを使って作るというのが正しいかも知れません。

 在職中は、150枚ほど出していましたが、今年は50枚の年賀状しかかっていません。
 今日は、昨年頂いた方を中心に35枚ほど、半日かけて作り、ポストに投函しました。

 毎年、年賀状がすこしずつ少なくなっていきますが、原因のひとつには、これまで親交の有った上司やや同僚が鬼籍になられた事です。
 また、後期高齢者になった方から、年賀状を出さないことにした旨の断りが、ここ数年多くなりました。

 今年は、在職中に、汗をともにした同僚などに加え、高校、大学時代の友人や川柳仲間が多くなりました。

 毎年、思いがけない方からの年賀状が、10数通有りますが、必ず、寒中見舞いで返事をしています。

 これからも、年賀状は減っていくのではないでしょうか。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:09| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

今年二人が頑張ったこと

 今日は、久し振りに小雨が降って、庭や畑の土は、雨をゴクリと飲んでいることでしょう。

 昨日は、ここ数日間、寝室の暖房器が不具合を起こし、寒い朝は、難儀をしていましたが、修理が出来て安心しました。

 今年1年間、妻と2人で頑張ったのは、月曜日から金曜日まで、孫が来る爺婆保育園でのお世話です。
 孫の悠晴は、昨年の3月25日に誕生して、明日で1年8ヶ月になりますが、病気も怪我もしない日々が続いています。

 最近は、外に出たいから靴を履かせろとか外出するとき帽子を被せろと、まだ喋れないので指で指図します。
 私が帽子を被るのを忘れていると、私の頭を指して、帽子を被るよう指図までします。

 また、孫と一緒に風呂に入ったり、玩具を買いに行くのは、私の心の癒やしにもなっています。

 今年は、コロナウイルスの影響で自粛生活が続いていますが、一つだけ、頑張って続けている事があります。
 毎日ではないですが、3日に2回ほど、日記風にたわわの無いことを綴っているブログ「川柳万の風」です。

 10数年前から初めて、今日で3400回ほどの更新になりました。
 毎回、300数名の方に読んで貰っているので、それが励みになり続けています。

 妻も頑張って続けていることがありますが、毎日の朝の散歩です。
 妻の朝の散歩も10年以上は続いていますが、感心なことは、雨の日も風の日も、30分から1時間弱歩いています。

 最近の散歩は、畑を寄り道してして、野菜を収穫して手に提げながら帰ってきますが、今日は大根1本でした。

 これらは、お互いの呆け防止と健康維持の為に続けます。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 09:12| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

川柳人が楽しむエモい漱石俳句

 今年も残すところ10日を切ってしまいました。
 畑は、先日、半日ほどかけて仕事納めは行いましたが、今日は、庭の掃除に精を出しました。
 近い内に雨戸やサッシの掃除が残っています。

 昨日の熊日新聞の書評欄を読んでいたら、私の幼い頃と重なる遊び、日々の生活を書かれた「外遊びの日々」が目に止まりました。

 すぐにでも読みたくて、紀伊國屋書店、蔦屋書店など回って探しましたが、ありませんでした。
 そこで版元の熊日出版で調べて貰ったら、書店では、販売されていないということでした。

 熊日出版局の担当者に、著者の田島三閧フ電話番号を教えて貰い、やっと分けて貰うことが出来ることになりました。
  早く本が届いて、50年前の頃の色々なことを思い浮かべながら読むことを考えると、待ち遠しいです。

 田島さんの本を探しにいって、以前からか買おうと思っていた川柳仲間いわさき楊子さんが上梓された「川柳人が楽しむエモい漱石俳句」を買ってきて、読んでいます。
 いわさき楊子さんの何事にも前向きに挑戦される事はよく分かっていましたが、この本を読んでいると努力の跡がよく解ります。
 川柳だけをやっている私ですが、これからは生来の好奇心を生かし、何事にも挑戦したい気持ちが沸き起こりました。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:46| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

パチンコ今昔

 我が家に隣接して、1週間前にグランドオープンしたパチンコ店「シルバーバック」は、今日は日曜日と言うこともあって、駐車場は、一日中満車の状態です。
 どこのパチンコ店も生き残りをかけて、必死の客集めのようです。

 先日、経験のためにパチンコをしましたが、文明の利器「IT」を使ってのパチンコ台は、見事に変身しています。

 若い頃、ちょっとですがパチンコに嵌まったこともありますが、今のパチンコにはついて行けないと実感しました。

 私がパチンコを知ったのは、中学の3年生の頃でした。
 正月に、村の青年団の人に連れられて、現在の熊本駅の近くにあった南映ゲームセンターでした。
 唯見ているだけでしたが、初めてパチンコを見て、面白い遊びだと吃驚しました。

 初めてパチンコをしたのは、大学入試に失敗して、予備校に通っていた頃、授業の空いた時間に、近くのパチンコ店で、友だちとした時です。
 あまり良い浪人生ではなかったようです。

 東京での学生時代は、学校と麻雀に明け暮れていたので、ほとんどパチンコをした記憶はありません。
 市役所に入庁した頃は、昼休みに、よくパチンコしました。

 パチンコをやめてから、20年以上になりますが、最近は若者が多いようです。

 人生を狂わすようなことにならない程度で遊んで欲しいものです。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:57| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

近くのスーパーでまぐろの解体ショウ

 昨日の午後は、ここ数日寒かったけれど、とっても暖かだったので、今年最後の農作業を頑張りました。
 秋野菜を終えた所の土起こしを、丹念にしたので、ふわふわの土になりました。

 また、すっかり成長した葱、白菜、大根、レタス、京菜などたっぷり収穫もしました。
 夕餉では、レタスも柔らかく、美味しく頂きました。
 今晩は、美味しい肉と昨日収穫した葱、白菜を使ってのすき焼きのようです。

 今朝の朝刊のチラシに、近くのスーパーでのまぐろの解体ショウの知らせがありました。
 まぐろの解体ショウは、11時からですが、整理券が、9時の開店と同時に配布されるので、並んで4番目の整理券をゲットしました。

 まぐろは、本まぐろではなく,カジキまぐろですが、赤身が新鮮でとっても美味しいです。
 たくさん買ってきたので、ここ2、3日のビールの摘まみはまぐろ三昧です。

 今日の晩酌は、すき焼きとまぐろの刺身で、とっても豪華です。

 今日と明日は、孫がやって来ないので、川柳の本を中心に読書、読書が飽いたらバイオリンの練習です。

 先日購入した「添削から学ぶ 川柳上達法」の本も、半分ほど読み終えましたが、とっても解りやすく、勉強になっています。

 これからの二つの教室では、上手に添削が出来る感じがしています。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 16:16| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

知らなかった「硬貨預入手数料」

 私は、10年前からタイの山岳少数民族赤族の子どもの里親として支援を続けています。
 毎年、2月の下旬か3月の上旬にかけて、タイのチェンライに行って、支援金の贈呈を行っています。

 今年は、コロナウイルスの影響でタイに渡航できませんでした。
 支援金の贈呈も出来ないままに、今年が過ぎてしまいましたが、やっと、タイに行く人がいて、支援金5万円お願いしました。

 5万円のお金でひとりの里子が1年間暮らせますので、頑張って続けています。

 支援金のお金は、財布から出すのは簡単ですが、私は、毎日のお買い物の小銭を壺に貯めて、里子にやっています。

 おつりの硬貨を、貯めていると、結構貯まり多いときには、1年で10万円近くになります。
 この硬貨を何時も、郵便局かJAバンクに預金して、このお金が支援金になります。

 今日の朝刊の記事によると、硬貨を持って預金に行けば、硬貨預入手数料が必要だそうです。

 預金利子も最低の上に、預ける硬貨の手数料を取る大手の銀行は、世の中を舐めているのでは無いでしょうか。

 私は、預金をしていますが、貸し付けを利用したことはありません。

 私は、硬貨の預入は、郵便局かJAバンクで利用しているので影響はありませんが、憤慨しています。

 銀行は、国民が利用してこそ成り立っているので、国民目線で運営して欲しいものです。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 20:53| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

三上博史著「添削から学ぶ川柳上達法」

 コロナの患者が爆発的に増えています。
 今日の東京では、感染者が800名を超え、特に高齢者の患者が増えています。

 熊本でも、ここ1週間で、増え方が異常のようです。
 兎に角、国民、県民、市民のそれぞれが、マスク着用、三密を避ける行動をとる必要が大事です。

 今年も残すところ、2週間になりましたので、今朝は、早くから行きつけの理髪店に行って、髪を切ってきました。
 正月まで、もうすぐなのに、中々、正月を迎えるという気分になれません。

 今日は、また、一冊の川柳の参考書を買ってきました。
 私は、現在、二つの川柳教室で講師をしていますが、教室では、即興で生徒さんの詠まれた句を、解説、添削しますが、どんなに経験を重ねても大変です。
 川柳マガジンを読んでいたら、三上博史さんの「添削から川柳上達法」が紹介されていたので、早速書店行ったら在庫がありました。

 午後は、孫の悠晴と遊びながら、20ページほど読みましたが、勉強になりそうです。
 自粛中なので、ここ数日で読み終える予定です。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:37| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

バイオリンでうたう日本のこころ

 今年の1年間、毎月、知り合いの歯科医院に通院して、治療や歯のエステををしてきましたが、その甲斐あって、三食、晩酌を頂くことが出来ました。
 今日は、2本の歯が、少し欠けたところを修正治療して貰いました。

 昨日もちょっとだけお話した我が家の隣のパチンコ店「シルバーバック」は、グランドオープン期間は過ぎましたが、今日も大入りで、繁盛のようです。
 駐車場の整理員さんが、寒い中に、頑張っていました。

 昨日、注文をしていたバイオリニスト澤和樹さんのアルバム「バイオリンでうたう日本のこころ」が届いたので、さっそく孫と一緒に聴きました。
 アルバムの内容は、幼い頃よく聞いた「夕焼け小焼け」「七つの子」を始め「花」「荒城の月」など23曲からなっています。
 これら名曲は、澤和樹さん、娘のバイオリニスト澤亜樹さん、奥様のピアニスト蓼沼恵美子さんの家族で収録されています。

 約1時間ほど聴きましたが、「素朴で、人への思いやりがにじみ出ている」曲ばかりでした。

 孫も歌の内容は、分からないものの、体を横に振って、聴き入っていました。

 このアルバムには、私の練習曲「ふるさと」も入っているので、聴きながら練習を励むつもりです。
 また、「村の鍛冶屋」や「荒城の月」にも挑戦します。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:03| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

令和2年今年の漢字は「密」

 今日も隣の遊技場パチンコ「シルバーバック」は、朝の出足は、昨日までの2日間に比べるとに少なかったのですが、午後になると、駐車場は満杯の状態です。
 昨日、物珍しく、20年ぶりにパチンコに挑戦し、2時間遊んで、ちょっと負けて帰りましたが、今のパチンコの状況がよく分かり、勉強になりました。
 時々は、覗いて、挑戦してがっぽり儲けたいと思っています。

 今朝は、朝早くから、ここ数ヶ月恒例になった、月曜日のリハビリに行って、体を解して貰いました。
 ある人に言わせると、「老痛」だから、気長に付き合わなければいけませんよと言う事ですが、気長に治療します。

 来年1年は、ゴルフのプレイは出来そうにないので、2つのゴルフ場の会員権の休止願いを申請しました。
 再来年は、腰や膝の痛みを無くして、プレイをしたいものです。

 今日は、リハビリの後は、孫の悠晴と遊んだり、バイオリンの練習に励みました。

 夕刻、ビールで晩酌をしながら、テレビを見ていたら、令和2年の日本漢字能力検定主催の漢字の発表があっていました。

 今年の漢字の予想は、1位が「禍」、2位が「密」、3位が「病」でしたが、結果は「密」でした。

 今年の漢字は、1995年(平成7年)から開始され、毎年12月12日でしたが、今年は理由は分かりませんが、12月14日でした。

 来年こそは、コロナも鎮静化して、前向きな漢字が選ばれればと期待します。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:29| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

パチンコに癒やされた楽しい1日

 今日は、20年振りに、我が家に隣接して出来たパチンコ店「シルバーバック」でパチンコを楽しみました。

 今日は、開店2日目、日曜日と言うことで、朝早くから賑わうのかと思っていましたが、出足は悪かったのですが、お昼頃になると、駐車場は満杯でした。

 不安と期待を持ちながら、先日の入場整理券を持って、事前指定されていた場所で待って、真新しいパチンコ店に入って、私のパチンコ台を獲得して、ホッとしました。

 驚いたことには、20年前のパチンコ台とは、すっかり様変わりしていました。
 まず5,000円で玉を買って、玉を弾きはじめましたが、リーチが掛かっても、中々成功できませんでした。

 更に、5,000円を追加しましたが、まだまだ、一向に、運が向いてきません。

 一応、10,000円使って駄目だったら、やめて帰るつもりでしたが、更に3,000円続けて、やっと2度続けて「大当たり」が出て、首が繋がりました。

 そのあと続けましたが、一向に、芳しくないので、1,500個を貯玉して、返り、これからに備えることにしました

 最終的には、6,000円ほどマイナスでしたが、今時のパチンコ事情が理解できました・

 本当に、楽しい、指の運動パチンコを楽しむことが出来ました。




応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




posted by osamu at 17:10| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

熊本市電緑のじゅうたん

 今日から、お隣のパチンコ店「シルバーバック」がオープンして、今日から3日間は、グランドオープンということで、駐車場は満杯で、大賑わいのようです。
 12時に始まり、誰ひとり、負けて帰る人がいないので、大奮発をしているのかも知れません。
 私も明日の入場整理兼を持っているので、負けない程度で遊び、ちょっと、パチンコ店の内情を知りたいところです。

 今日のお昼は、ダイエットのために、ご飯は食べず、畑の野菜をふんだんに使って、豚肉のしゃぶしゃぶを食べました。
 無農薬の白菜、レタス、キャベツ、白葱、それにちょっと高価な豚肉、とっても美味しかったです。

 昨日、市役所から、熊本市電の緑じゅうたんサポーター便りが届きました。
 私がこのサポーターになったきっかけは、熊本市役所に同期出入った職員が、初めての試みで苦労したので、協力して始まりました。

 最初の頃は、熊本市街の中心部だけでしたが、数年前から、熊本駅前の路線でも行われています。

 夏の暑いときに、市電の緑のじゅうたんを見ると、暑さも忘れます。

 この事業の大半が、企業や個人の寄付で行われているので、寄付集めが大変のようです。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 14:33| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

お正月に欠かせないお屠蘇

 今日の朝刊を広げたら、昨日から始まった今日から使おう「英語で熊本弁」がありましたが、今日の熊本弁は「差しより」でした。
 熊本弁「差しより」は、英語では「first of all」のようです。

 兎に角、熊本弁の英訳では、英語の勉強になります。

 今日の午後は、益城川柳教室でしたが、全員揃い、皆さんの課題「未来」の句を、和気藹々の中で楽しみました。
 先月から参加された方も、初めての割には川柳を上手に詠まれています。

 今年も残すところ二十日となりました。
 お正月に欠かせないのは、新しい年のはじまりに、家族揃っての健康を願って、頂くお屠蘇です。

 私達が毎年頂くのは、生まれてこの方、図異様酒造の「東肥赤酒」です。

 毎年、お正月は、親戚一同が集まって、お節料理を肴にお酒を嗜みますが、今年の正月は、コロナの影響で、酒宴は出来そうにありません。

 瑞鷹酒造のチラシでは、本伝 赤酒の由来などが記されているので、興味を持って読んでいます。

 また、赤酒を使っての料理「さかなの煮付け、あら炊き」「肉じゃが」「年越し蕎麦のつゆ」などがあるので、一度妻と一緒に挑戦して見ます。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:37| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

今日から使おう「英語で熊本弁」

 今日の午後は、2週間振りのバイオリンの個人レッスンでした。
 ここ数日、何や彼やと忙しく、これまでのように練習が出来ませんでした。
 しかし、宿題は、懸命に練習したいたので、ちょっとだけですが、上手く弾けたので、先生の褒めの言葉を貰いました。

 このように、少しだけでも上手く弾けるようになると、練習の辛さも楽しみに変わります。

 今日も朝早く起きて、熊日新聞の朝刊に目を通しましたら、何時もスクラップしている読者ひろばの「わたしを語る」の他に、二つの面白い記事があったのでスクラップしました。
 一つは、今日から始まった今日から使おう「英語で熊本弁」の記事です。
 今日の熊本弁は、一番人気の「あとぜき」を英語訳したものでした。
 若い頃から英会話の勉強をしていたので、とっても興味が湧いて、これも新しくスクラップ帳を作りました。
 これからの熊本弁の英語訳が楽しみです。

 もう一つの記事は、親子のきずなが深まる「おむつなし育児」の本の紹介です。

 毎日、孫の悠晴と一緒にいると、子育てでは無く、孫育てをしている気持ちになり、孫の教育に感心が湧いてきます。
 私がトイレに行くと、後について来て、私の立ち小便に興味深く眺めています。
 そこで、この際、小便を教えて、早くおむつを無くしてやりたいと、思った次第です。

 早速、バイオリン教室の帰りに「おむつなし育児」の本を買ってきたので、床について目を通すつもりです。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:32| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

野菜「春菊」に基準値160倍の農薬

 今朝は、娘に用事があって、孫を連れて来れないので、大江のマンションまで、夫婦で連れに行って、その足で、甲佐の義母の家と美里町の義姉の家まで行きました。
 孫も久し振りに義母と義姉に会って、愛嬌を振り回していました。
 お二人から、お小遣いを貰って、丁寧にありがとうの頭を下げていました。

 新聞とテレビで、福岡の農家から生産された「春菊」から、基準値の180倍の農薬が検出された報道がされていました。
 福岡市によると、この春菊に有機リン系の殺虫剤イソキサチオンで、基準0・05ppmに対し、9ppmが検出されたようで、体重60キロの人が、この春菊を20グラム食べると、嘔吐や失禁などの症状が出る恐れがあり、酷いときはけいれんを起こすそうです。

 また、吃驚したのは、信頼のあるJAくるめから集荷されたものだからです。

 私も、15年前に熊本市役所を退職した頃から、春夏秋冬、先祖から引き継いだ500坪の畑で、野菜作りを励んで、何時も畑には、20種類以上の野菜で成長しています。
 収穫した野菜は、近所や友人にお裾分けをして、大変喜ばれています。

 今は、大根、白菜、カリフラワー、ブロッコリー、人文字、葱、ニラ、レタス、チンゲン菜、小松菜、高菜などが成長し、食べ頃になっています。
 私が植えているのは、無農薬なので、てんとう虫、バッタなどに食べられて、器量が悪いですが、健康に被害はありません。

 春野菜には、蝶々が仕事のようにして、卵を産み付けるので、青虫を一匹づつ取り除くのが大変です。

 健康のために食べた野菜から、健康被害のある農薬が検出されては、何を信じて良いか解りません。
 農家の皆さんは、購入者の健康を考えて、野菜を育てて欲しいものです。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:09| Comment(0) | 楽農家おさむちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

一番好きな熊本弁は「あとぜき」

 私の家のトイレの入り口に、約一年前から、和紙に「あとぜき」と墨で書いたものが、貼ってあります。
 二人とも高齢になり、夜中にトイレに起きて、用事を済ませたあとトイレの閉め忘れが多くなったので、話し合って貼ることにしました。

 「あとぜき」が貼ってありますが、やはり閉め忘れは、なおりません。

 先日の熊日新聞によると、熊日SNS編集局が実施した「熊本弁検定」のアンケートで、「一番好きな熊本弁は何か」と尋ねたところ、「ドア・ふすま・障子など、開けたあとに閉めること」の意味の「あとぜき」が1位だったようです。
 2位には、格好がよいという意味の「むしゃんよか」が、3位には、可愛いという意味の「むぞらしか」だったそうです。
 この他に「まうごつ」「がまだす」「やおいかん」などが、トップテンには入っていました。
 「がまだす」は、よく働くという意味で、小さい頃、大人から、がまださんと小遣いはやらんぞと言われました。

 私は、大学生の時、4年間東京で生活していたので、その当時は標準語で話していましたが、熊本に帰ってからは、毎日の生活は熊本弁丸出しです。
 在職中に、東京の友人から電話が掛かって来ると、私が標準語でスムーズに話すので、同僚が吃驚していた記憶があります。

 学生時代に困った言葉に「なおす」が、ありました。
 熊本弁では「なおす」には、収納する・仕舞うという意味がありますが、標準語にはこの意味は無いようです。

 あるとき、算盤と直してくれと言ったら、東京の友人に、この算盤を壊れていないのにどこを修理するんだと言われたことがありました。

 熊本弁と長崎弁には、似通ったところがあるので、電車の中で熊本弁で話していたら、長崎の人から、長崎の方ですかと間違えられたことは何度もありました。
   


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:50| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする